2017年11月25日 (土)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第1回(相模大野-藤野 35km)

 「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」の第1回目。「結願御礼」て何? という方は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(10) 旅はまだまだ続く……らしい」「坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(11) 再スタートじゃ!」を読んでね。

 相模大野駅前を夜明け前の5時50分にスタートしました。今回の旅ではまず甲州街道を西へ向かう予定。甲州街道へ出るには、国道16号線で八王子に向かうのが最短ですが、それだと結果的に距離が増えるので、相模原市を斜めに突っ切って相模湖から甲州街道へ入ることにしました。まずは津久井湖を目指します。
 地元だからと油断したからか、薄暗くて方向感覚が鈍ったのか、出だしで道を間違えてウロウロしてしまいました……前途多難?

 でもその後は順調で、約4時間で城山ダムに到着。津久井湖を堰き止めてるダムですね……正確には相模川を城山ダムで堰き止めてできたのが、津久井湖なのですが、まぁこの際どうでもイイか(^^ゞ
 津久井湖、相模川の右岸側を進んで相模湖を目指します。川の右岸とは下流に向かって右側なので、上流に向かっている今は川の左側を歩いていることに……また細かい話になった(^^ゞ
 相模川の右岸側といっても道は川から大きく離れているので、川を目にすることはほとんどできません。緩やかな上り坂が繰り返し、運動不足の身にはこたえます。

D2017112501 朝は寒くて手袋、ネックウォーマーにウォッチキャップの完全武装だったけど、久々の好天で気温が上がりすべて必要なくなりました。代わりに日除けが必要になり、ツバ付きの帽子にチェンジ。
 道志川に掛かる橋を渡るといよいよ相模湖エリア。道沿いに小さな沢が現れ、日差しは相変わらず強いものの風は冷たく感じます。
 しばらく進むと、左手に相模湖が見えてきます。特に狙ってたわけではないけれど、ちょうど紅葉の最盛期。湖面に赤が映えますが、当然ながらマイカー族(完全に死語?)も大勢繰り出していて、紅葉に気を取られすぎると危険が危ない(>_<)

 相模湖駅前から予定通り甲州街道へ。今日のゴールは5km先の藤野か、更に5km頑張って上野原まで行くか?上野原名物の酒まんじゅうは好物なんだけど……上野原駅は甲州街道からちょっと離れた場所になるので、次回のことを考えて藤野をゴールにしました。相変わらず足の調子がイマイチだしね(ToT)
 13時40分、藤野到着。駅前に食料品店があったので、もしかしてここにも酒まんじゅうがあるかも……と思ったら、配達中で閉まってました、田舎だ~m(__)m
 ってことで酒まんじゅうはあきらめて帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(11) 再スタートじゃ!

 今年2月18日に千葉県館山の那古寺で結願し、9月7日に自宅のある相模大野に帰って一段落した坂東三十三観音巡礼歩き旅。続いて「結願御礼の旅」として長野の善光寺へ旅立ちます、と宣言したものの軽い燃え尽き状態で、なかなか出発できません(^^;)
 もたもたしていると年を越えそうなので11月25日(土)に「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」として再スタートする、と改めて宣言!……まっ、寒いので、天気次第、体調次第ですけど(^^ゞ

 長野へは甲州街道で韮崎まで行き、そこから野辺山を越えて北上の予定。なぜ野辺山越え?長野なら中山道経由の方が近いのに……
 古い話ですが就職したての頃(23歳頃ね)、職場の先輩に誘われて参加した「佐久市強歩大会」、韮崎から野辺山を越えて佐久市までの78kmを歩く大会(今でも開催されています)。この大会への参加が「歩き人」としての私の基礎になってます。30年ぶりに同じ道を歩いてみたい……が、甲州街道経由にした理由です。

 でもね~、中山道にも未練が残ります。「坂東三十三観音巡礼歩き旅」で高崎まで歩いていますが、高崎から西に進めば富岡製糸場とか碓氷峠とか……魅力的な場所が多いのです。
 ならば、ホントは善光寺と北向観音をお参りして、この旅を締めくくろうと思ってたけど、帰りも歩くか? 中山道経由で(^^ゞ
 ということで、まだまだ先の長い話になりそうです。お暇な方は、気長にお付き合いください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(10) 旅はまだまだ続く……らしい

 「今年こそ結願して、相模大野に戻る」を目標にしていた、坂東三十三観音巡礼歩き旅。2月18日に千葉県館山の補陀洛山 那古寺で無事結願、その後もテクテクと歩き続け、9月7日大安吉日、自宅のある神奈川県相模大野まで帰ってまいりました 。

 2014年1月2日に相模大野を旅立って2年9ヶ月と5日間……この期間毎日歩いてたわけではなく(当たり前じゃ)、歩いたのはその中のたった48日。総距離は1,678kmだったので、1日平均35km。ただ実際に1日に歩いた距離は様々で最長は2014年5月2日の80km、最短は2015年9月19日の5km(筑波山越え)でした。
 年別だと2014年は20日で735km、2015年は13日で424km、2016年は9日で326km、2017年は6日で193kmとなってます。だんだんと日数が減っているのは……自身の病気や家族の病気など、イロイロと事情があってのことです。

D2017091701 長い旅を終えて完全燃え尽き状態、真っ白になってしまいたい気分だけど、まだまだ。実は知り合いから「坂東三十三観音巡ってるんだ、大変だね長野まで行くんでしょ」と言われて「????」。なんせ坂東三十三観音の札所は長野県には無いのです。ところが専用の御朱印帳の最後をみたら「結願御礼の寺 定額山 善光寺」「善光寺対の寺 北向観世音 別所温泉」の頁が……これか!!

 ということで間もなく「結願御礼の旅」が始まります。今はどの道を歩くのが効率良いか、地図の上でシミュレーションしながらニヤニヤしているところです。旅は計画段階も楽しいのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第48回(三軒茶屋-相模大野 30km)

 ちょっと遅めの夏休みを利用して坂東三十三観音巡礼歩き旅の第48回目。

 今日のスタートは三軒茶屋なので今までとは逆方向の初電で相模大野を出発。近くだし距離も短いので早く出る必要はないんだけど、通勤ラッシュに巻き込まれたくないのと、午後遅くなると雨が心配のなので……
 こんなに早いのに田園都市線は、そこそこの混み具合。早朝出勤の方々ご苦労様です(^^)

D2017090701 6時少し前に三軒茶屋をスタートし国道246号を下ります。空はどんよりで気温は低いけど、風がなく湿度も高くて蒸し暑い。秋モードで長袖のフィールドジャケットを着てきたことを少し後悔。
 1時間ちょっとで多摩川を越えて神奈川県へ。3年前に離れて以来、埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、東京と巡って、やっと戻ってきました。

 歩き出して4時間。雲はますます厚くなり、そろそろ降り出しそう。天気予報では夕方くらいだったので、ちょっと早い。ザックにカバーを掛けて雨支度。ついでに蒸し暑さが我慢できないのでシャツジャケットを脱いでタンクトップ姿に……登山じゃないので、腕丸出しでも大丈夫でしょう(^^)

 間もなくポツポツと降り出しました。3回連続で傘のお世話になることに……幸いにも30分ほどで止みました。
 南町田で国道246号と分かれて16号へ、いよいよ終盤の終盤。
 12時過ぎに無事に相模大野駅に着いて、長い旅が終わりました。

 2014年1月2日に旅立って3年と9ヶ月、実際に歩いたのは48日間。総距離1,678kmでした。
 これにてこのカテゴリー「坂東三十三観音」は最終回……じゃなくて、まだ少しだけ続きます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第47回(船橋-三軒茶屋 36km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅の第47回目。

 もの凄い雨音で目が覚めた、時計を見ると1時過ぎ。歩き旅の日は早起きだけど、それにしても早過ぎ。3時までもう一眠りと思ったけど、雨が気になって熟睡できませんでした。
 雨雲レーダーを確認するとかなり局地的に降っている様子。今日歩く予定の地域にはまだ雨雲は無いので一安心です。
 自宅周辺も小降りになったので、いつもの相模大野始発の準急で出発。
 すっかりおなじみの電車なのに雰囲気が違うと思ったら……今日は平日なのね、忘れてました。レジャーモードと通勤モードが半々の状態です。新宿で総武線に乗り換え、スタート地点の船橋へ。

D2017081401 空には厚い雲が垂れ込めて今にも降り出しそう。ザックに雨カバーをかけて6時35分に歩き出し。スタート地点が近くなり、涼しい内に歩き出せます。って、結局最後まで涼しかったけど(^_^;
 千葉街道を西へ。下総中山辺りを通過する際、道路際に二つの溜池が目に付きました。「二子浦の池」「二子藤の池」の看板。この辺りは葛飾湧水群と呼ばれ、かつては湧水を利用するために多くの溜池が作られたそうです。現在は埋め立てられほとんど残っていません。

 市川から江戸川を渡って東京へ。この旅では2014年9月、相模大野から新座へ向かう途中に通過した以来の東京です、懐かしや(^_^;
 懐かしさのせいでは無いと思うけど、今までなんとか持ちこたえていた空がとうとう泣き出しました。
 レインウェアを着ると蒸し暑いし、風が強いわけでもないので傘を使うことにしました。街歩きの場合はレインウェアより傘の方が、見た目も普通で良いのです。ロングタイツにショートパンツが普通かは、置いといて(^^ゞ

D2017081402 千葉街道から蔵前橋通りへ……江戸川に続いて新中川、中川、荒川、旧中川と渡り、亀戸へ到着。道を変えたのは亀戸天神にお参りしたかったからです。
 お盆休み期間中とはいえ平日だし、天気悪いし、有名な藤の花の季節は終わっているし、で参拝客はまばらです。
 雨はますます強くなりスカイツリーも雲の中、今日登った人は景色悪くて残念でした(^_^;

 山手線を越えて都心部(?)へ、ちょうど昼食時。休んでいる飲食店が多く昼食難民になったサラリーマンが多く見られました。お盆なのにお仕事お疲れ様です。
 皇居ではジョギングを楽しむ人も多く、雨の中物好き……ん? 雨の中、船橋から歩いてきた奴に言われたくないか(^_^;
 三宅坂から国道246号線。青山、表参道周辺は観光客が多くて歩き難いです。渋谷を過ぎて三軒茶屋でゴールとしました。14時55分、予想より1時間以上遅い到着でした。傘のせい? 人混みのせい? 夏バテか(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第46回(八幡宿-船橋 26km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅の第46回目。

 前回悪化させてしまった右足の古傷はぜんぜん治らないし、それがなくても最近なんか疲労感が強いし、そもそもこの暑さだし……イロイロといい訳をしながら、今回は短めの行程を設定しました。
 なので朝も遅め、6時26分相模大野発のロマンスカー、さがみ58号で出発。普通に急行で行っても到着時刻は変わらないけど、車内でゆっくり朝食を摂りたいという理由です。

 8時45分に八幡宿をスタート。いや、スタートの前に先ずは駅前の飯香岡八幡宮にお詣り。出発を遅めに設定したもう一つの理由は、ここで御朱印を頂きたいから。神社・仏閣は朝が早いものですが、それでも余り早朝だと気が引けます。
 無事に御朱印を頂き、今度こそスタート。次の目的地は谷津干潟……一度行ってみたかったので、この機会に訪ねることにしました。

 迷走台風5号の影響か? 雲が多く日射しは弱いものの、梅雨明け前の前回よりも湿度が高い蒸し蒸し陽気。体温が上手く調整できず、午前中からアイスキャンディーのお世話になる始末。やっぱり体調が万全じゃ無い??
 途中、予定外だけど稲毛浅間神社にも寄り道して御朱印を頂く。受付窓口にはミストシャワーが設置されていて、涼しい御利益もい頂けました(^^)

D2017072901正午を過ぎた頃から空には黒い雲が増え始め、今にも雨が降り出しそう。ザックに雨カバーをかけて準備を終えた途端、冷めたい強風と共に大粒の雨が降り出しました。
 ウェザーニュースの雨雲レーダーを確認すると今の雨雲は先遣隊で、本隊の真っ赤な雨雲(レーダー画像上、降水量が多い時の色です)が西側にあって、こちらに向かってきそうな様子。

 谷津干潟は(あっさり)あきらめて船橋に直行することにしました。少々の雨は大丈夫だけど、干潟の様な開けた場所で雷に遭うのは御免被りたいです。
 先遣隊の雲は直ぐに通り過ぎ、小雨が降る中無事にJR船橋駅に到着しました。本隊の雨雲に遭ったのは総武線が江戸川を渡った辺りです。駅で乗ってきた、ずぶ濡れの人達を見て撤退は間違ってなかったと、最近ちょっとヘタレモードだなぁと感じている自分を納得させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

今日のキーワード……“ホテイ草”

D2017070701 我が家のベランダ池には、毎年夏になると“ホテイ草”を浮かべてます。見た目も涼しげだし、水の浄化にも一役買うらしいです。
 ベランダ池を作る前の睡蓮鉢時代から、10年以上も“ホテイ草”を浮かべていますが、花を観たことは一度もありません。
 水に浮いた状態では花は咲きにくいという話も聞いたことがあります。あっ、“ホテイ草”といえば水に浮いている姿が一般的ですが、水が少ない場合は水底の土に根を張ることもあるのです。その時は浮き袋も無くなります。
 閑話休題。昨夜、ふと気づくと“ホテイ草”に蕾が付いているではありませんか、こりゃ珍しい。そして今日、無事に開花しました。初めて見た、薄紫色のキレイな花です。

 次ぎに見ることができるのはいつのことか? 生きている内にまた見れるかな? ん、死んだら見れるのは蓮の花か(^◇^;)
 ということで、今日のキーワードは“ホテイ草”です。来年も咲いておくれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第45回(木更津-八幡宿 37km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅の第45回目。

 今日は木更津がスタートなので、新宿駅からアクアライン経由の高速バスを使うことにしました。6時10分発に乗れば、電車で行くよりも早く着くことができます。1年前に乗ったときも、空いてるし快適だったので……
 ところがバスタ新宿4階のバス乗り場へ行くと、発車15分前だというのに20人くらいの行列が……潮干狩りや釣りという雰囲気ではないオジさんが多い(自分もオジさんなのは言うまでもない)。

 更に発車して間もなく「アクアラインが事故渋滞のため東関東道-京葉道へ迂回する」旨のアナウンス。こりゃ時間がかかりそう。今更ジタバタしても仕方ないので、朝食の後は一眠り。乗り物の中で寝るのって、揺れが心地よいので好き。自宅もベッドを止めて「ゆりかご」に替えたら気持ちよく寝られるかも……大人仕様のがあればだけど(^_^;

 ウトウトしながら周囲の会話を聞くとも無しに聞いていると……

「××は可愛いよね、今回も楽しみ……」「〇〇のミニスカートが……」「△△は上手いけどスタイルが……」

ん??こんな朝からキャバクラツアー? の訳ないか。そのうち一人のオジさんが取り出したチケットでようやく理由が判明。木更津周辺で女子ゴルフの大会があり、その観戦に行く人達らしい。ぜんぜん興味ないから気づかなかった。
 念のための補足ですが、興味が無いのはゴルフ観戦の方でミニスカートには大いに……三十三観音巡礼を結願しても、煩悩はなくならないのです(^_^;
 東関東道もかなりの渋滞で結局、木更津へは1時間遅れで到着し8時30分にスタートしました。

D2017062402 今回、木更津スタートということで行ってみたい場所がありまして……江川海岸、「海の中に電柱が立っている」珍景(?)で有名なところです。木更津駅からは1時間ちょっとの道程で、自衛隊の木更津駐屯地に隣接しています。潮干狩り場にもなっているため案内看板も完備されており道は分かりやすいです。
 到着するとちょうど潮干狩りの真っ最中……ってことで完全に潮が引いていて、電柱は海の中ではなく、泥濘に立っていました(^_^; 潮が満ちるのを待つわけにも行かず、珍景はあきらめて、先に進みます。

 今日は天気は曇りと思って、蒸し暑さ対策を優先して半袖のシャツを選んだのが完全に裏目。雲はほとんど無く、夏至を過ぎたばかりの強烈な日射しが、むき出しの腕に容赦なく照りつけます。頭までボーっとしてきたのか(いつもか?)、曲がるべき場所を通り過ぎて引き返すという初歩的なミス。しかも2回連続(..;)で、ちょっと気持ちが萎える。
 袖ヶ浦の先で国道16号線に出て、もう道を間違う心配はなくなりました。がしかし……この辺りは京葉工業地帯のど真ん中で、退屈極まりない景色が続きます。夜だったら工場の夜景を楽しめたかもしれないけど……

 午後に入り日射しはますます強く日陰も無いので、紫外線と高温に体力を奪われ続ける、ほとんど修行状態の15km、3時間。
 五井辺りで工場街から市街地に出た頃には疲れ果て……これ以上前に進む元気が湧いてきません。さらに数日前から痛み出していた右足底の古傷も痛みを増し(歩けば治ると思ったんだけどな~)、そろそろ「限界」と訴えています(>o<)
 無理は禁物なので千葉駅まで歩く予定を変更し、約10km手前の八幡宿を今日のゴールとしました。う~ん、なんか最近、自分に甘くなってないか(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

今日のキーワード……“五月晴れ”

 先週半ばに梅雨入りして以来、ほとんど雨は降らず“五月晴れ”が続いています。雨は何処に行ったのだ?
 ところで、6月なのに“五月晴れ”は変じゃないか! と思ったあなた。間違っているのは貴方です……って大げさに言うほどでもないですが(^_^; “五月晴れ”の「五月」は旧暦の5月の事なので、“五月晴れ”とは梅雨時の晴れ間のことを指すのです、正確には……
 もっとも近頃はニュースでも「今年のGWは“五月晴れ”に恵まれ……」みたいな表現を聞くようになりました。言葉の意味も時代と共に変化していくのです。

 “五月晴れ”が梅雨の晴れ間なら「五月雨」も梅雨時の、シトシトと断続的に降る雨の事です。本来は……
 してみると「五月蝿い」も梅雨時の蝿の事なんでしょうね、多分。イメージ的にもその方がピッタリくるような気がします。
 などと五月蝿い事は言わずに、今日のキーワードは“五月晴れ”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

今日のキーワード……“日陰”

 ブログの更新をサボっている内に(そのせいでは無いと思うが)めっきり暑くなりました。信号待ちの時、つい最近までは日向に立っていたのに、ふと気が付くと今日は“日陰”に立っている。
 5月の日射しは真夏のと同じ強さ……あ、湿度が低いから真夏よりも強い? ジリジリきますね。
 にも関わらず、冬物のジャケットなどを着ている(衣替えが済んでない)ので、つい“日陰”に避難したくなってしまいます。
 ということで今日のキーワードは“日陰”です。これで夜は涼しいから、風邪ひくんだよね(>o<)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第44回(浜金谷-木更津 37km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅の第44回目。

 前回無事に結願し、後は自宅のある相模大野まで戻ってくるだけとなった巡礼歩き旅。残りの距離も短くなってるけど、行ける機会も少なくなっているのでなかなか終わりません。どうせ時間がかかるならばということで、今回からは今まで控えてきた寄り道を積極的にしていくことにしました。

 いつもの通り相模大野発4時53分発準急で出発。今日も乗り換え時間が短いので、コンビニおにぎりの朝食。
 浜金谷に定刻の8時19分着。天気は曇り、綿混のシャツジャケット1枚では、ちっと薄着過ぎたか?かなり肌寒いので、歌の文句じゃ無いけど手拭いでマフラー(^_^; トイレを済ませて8時25分にスタート。

 スタートして間もなくラジオが電池切れ。日頃からのラジオ好き、もちろんこの歩き旅でも長い道程の友はラジオ。ところが北関東、外房は電波状態がイマイチで、最近はRadikoのお世話になることが多くなりスマフォ用の予備バッテリーは完璧なんだけど、ラジオ用の予備電池を入れ忘れた(..;)。仕方なくヘッドランプの電池を転用……今日はヘッドランプのお世話にはならないべ(^^)

D2017042201 今日最初の寄り道は東京湾観音。6年前、関東三十六不動を巡っている時(あの時は一部を除き列車利用)のこと。特急列車で佐貫まで行き、一駅手前の大貫(関東三十六不動 三十二番札所最上寺の最寄り駅)へ戻るための列車を待ちきれず、歩いて向かう途中に見かけた「東京湾観音」の看板。映画「千里眼」の舞台だったので、行ってみたかったけど、時間の関係で断念。まさか6年後に同じ道を歩くことになるとは夢にも思わなかった。

D2017042202 東京湾観音は1961年に完成した地上56mの白衣観音像。胎内は314段の螺旋階段で20階まで登ることができ、各階には七福神を始めとする胎内仏が祀られています。13階、19階には展望台があり東京湾、富士山、スカイツリーなどを望むことができ……るはず、晴れていれば、今日は曇りで景色はイマイチ(>o<)
 胎内仏にお詣りし、展望台からの景色を楽しみつつゆっくり巡って40分弱です。

 次の寄り道は6年前に巡った関東三十六不動の三十二番札所最上寺。東京湾観音からは1時間弱で到着。本堂と裏山の中腹にある観音堂にお詣りした後、御朱印を頂くために再び本堂へ。
 先客で松戸にお住まいの年配男性(私も十分年配ですが、私よりもう少し年配(^_^;)は、今日で関東三十六不動結願。今年1月から巡り始めたとのことで、列車・車利用とはいえかなりのハイペースです。

 14時過ぎ、最上寺を後に木更津へ向けて出発。出来れば17時10分発の新宿行き高速バスに乗りたい。昼間は30分に1本ある新宿行高速バスは、17時を過ぎると1時間1本減ってしまいます。
 時間的にギリギリなので、疲れた脚に気合いを入れてちょっとだけペースアップ。夕方から雨予報で、そろそろ泣き出しそうな空に向かって約3時間の道程です。

 バス発車の15分前に、木更津バスターミナルに到着。これならビールとつまみを調達する余裕が……ビール飲みながらノンビリ帰れる(^^)
 が、アクアライン(に乗る前から)と中央環状線の渋滞でホントにノンビリ(^_^; 帰りました(新宿到着は35分遅れ)。ビールが足りないよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第43回(館山-浜金谷 27km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅の第43回目。今回は、

・第三十三番札所 補陀洛山 那古寺

を巡り、無事に結願となりました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その26」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 昨日関東地方は春一番が吹きました。春一番の翌日は北風に変わることが多いので、ちょっと厚着で出発。列車は毎度おなじみ相模大野発4時53分発準急です。今日は乗り換え時間が短く駅弁を買うのは無理そうなので、コンビニのおにぎりで朝食。
 千葉から内房線。駅弁を買うどころかトイレに行く暇も無く乗り換え。内房線の列車にはトイレが付いてますが、混んでて行けない(>o<)。姉ヶ崎辺りですき始めて、やっとトイレ……間に合って良かった(^^ゞ
 定刻の8時46分に館山到着。今日の目的地、那古寺は館山駅から4㎞弱、あっというまに到着しました。

■第三十三番札所 補陀洛山 那古寺
 標高82mの那古山中腹に建つ那古寺。建立時、山頂にあった観音堂は元禄16年(1703年)の大地震で倒壊。江戸幕府により現在の場所に再建されました。
 観音様の住む浄土を意味する「補陀洛」の風光に似ていることから、山号が「補陀洛山」となったそうです。境内からは東京湾が一望でき、夕暮れ時はさぞ美しいでしょう……残念ながらまだ午前中です。
 御本尊は千手観世音菩薩です。

 お詣りを済ませ納経所へ。今までの三十二ヶ所分の御朱印を全て確認した上で「結願印」の入った御朱印を頂くことができます。坂東三十三観音専用の御朱印帳は紐綴じのため、必要な頁だけを持参して御朱印をもらっている方をたまに見かけますが、那古寺にお詣りするときは全て持参しないといけません。くれぐれもご注意を……

 ご住職から「観音様の縁日(毎月18日)を選んで結願したのですか?」と聞かれました。まったく意識してなかったと答えたところ……
 縁日に結願できるように前々から計画して頑張って巡っている方もいるし、意識しなくてもあなたの様に運良く縁日に結願できる方もいる。観音様からのお導きかもしれませんが、それを感じ取り直ぐに行動に移せないと運はつかめません。
 そういう人のことを「適当な人」といいます。反対に頑張るの“頑”の字は頑固を意味します。人生は適当な方が良いのです、とのお言葉。

 適当……その時々の状況を感じ取って、必要なら自分の考えや行動を変えることを厭うな、と理解しました。あってるかな???

 全ての札所を歩いて巡ったことを伝えると……一年に10人くらい、歩いて結願する方がいて、その内の数名は通し打ち(一気に巡ること)で、退職後や転職時に巡る方が多いそうです。

D2017021801 那古寺を後に、金谷方面に向かいます。しばらくすると崖の中腹に建つ真っ赤な御堂が目に入りました、案内板によると、崖観音。気になるので寄り道する事にしました。
 舟形山の崖に彫られた観音像をお奉りする大福寺。観音堂は昨年修理が終わったそうで、塗り直された“赤”が青空に映えてキレイでした。

D2017021802 浜金谷の一つ手前、保田駅前の観光案内所へ。金谷にある日本寺にもお詣りしたいので、ちょっと情報収集。
 当初、浜金谷駅まで歩き、今日の行程を終わらせてから鋸山ロープウェイで往復するつもりでした。しかし那古寺のご住職から、金谷手前の長いトンネルは狭くて歩道がなく歩きにくいので、保田駅から日本寺に登った方が良いとのアドバイス。素直に従うことにしました。

 保田駅から日本寺までは歩いて40分。境内に入って大仏広場まで更に25分。石段の連続で、膝が悲鳴を上げてます。やっぱり運動不足(^^ゞ
 帰りは鋸山裏登山道を通って金谷まで下り、ますます膝が悲鳴を(>o<)
しばらく登山とご無沙汰しているため、足腰の粘りがすっかり無くなってます。平地を歩くだけだとダメですね~

 なんとか16時24分発、新宿さざなみ4号に間に合って帰途につきました。

 今回、無事に結願となりましたが、旅は自宅に戻るまで……まだまだ続きます。

Bando33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

今日のキーワード……“節分”

 今日は“節分”です。“節分”といえば豆まきですね。
 でも、最近豆まきやってます? 神社やお寺で、有名人を呼んでのイベントは除いて、です。

 10年くらい前までは節分の夜、駅から自宅まで歩く間に「鬼は外、福は内」の声が聞こえたものですが、今日は一度も聞かなかった。歳のせいで耳が遠くなった訳ではない……と思いたい(^^ゞ
 それと引き替えに勢力を拡大しているのが、恵方巻き。スーパー、コンビニだけでは飽き足らず、駅構内にもワゴン販売が出る勢い。クリスマスケーキ、年越し蕎麦、バレンタインデーのチョコレートに続く第四勢力?

 豆まきは近所迷惑(なんでもクレーム言う奴増えたから)だし後片付けも大変だけど、恵方巻きだと夕食を作る手間が省けてGood! って事でしょうか?
 かくいう私は数年前まで恵方巻きのお世話になっていましたが、糖質制限を初めてからは豆派に戻ってます。但し口の中だけにまきます、後始末がいらないので(^^ゞ 「豆は~口」ってね(^^)

 ということで今日のキーワードは“節分”です。福は~…………来ない(T-T)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

今日のキーワード……“金星”

 御嶽海が今場所二つ取った「きんぼし」ではなく、 「宵の明星」のお話。

 先週末の帰宅時、暗くなった西の空に雲を通して光る点を見つけました。月にしては小さすぎるし、星にしては明るすぎ、動かないから飛行機やヘリコプターでもない。
 もしやUFO?……今、思わず右手を頭の後ろに持って行った人、かなり良いお年ですm(_ _)m

 気になって調べると“金星”でした。太陽と地球との位置関係からこの時期、宵の空にひじょうに明るく輝いています。明るさは-4.5等、1等星の160倍。なるほど雲越しでも見えるわけだ。
 1月末から2月初旬には火星(明るさは1等)が近くにやってきたり、2月17日には最大光度の-4.8等まで明るくなるなど、しばらくは楽しめそうです。

 なお3月に入ると太陽との位置関係から「明けの明星」に変わり、夕暮れ時には見ることができなくなります。早起きが苦手な方、見るなら今ですヨ!
 ということで今日のキーワードは“金星”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(9) 今年の目標……ムムっ

 「坂東三十三観音巡礼歩き旅」も4年目に突入。巡礼中の“私”は現在、JR外房線の館山駅にいます。もちろんここでの“私”は仮想的巡礼者のことで、現実の“私”は自宅でコーヒー飲みながらこれを書いています(^^ゞ

 現在までの通算歩行距離は1,485km。あと3kmちょっとで最後の札所(三十三番 那古寺)に到着し結願となります。しかし結願となっても旅は終わりません、自宅のある相模大野まで帰ってこないと……
 館山から神奈川県の相模大野へは東京湾を渡るのが最短距離。でもアクアラインに歩道はないし、シーカヤックで渡るか? 一応人力だし……でもシーカヤックは経験無し、リバーカヤックなら有るんだけど。これから訓練するにもその暇はないし。
 って事で東京湾岸沿いを歩いて帰ってくることにしました。なんといっても今の私にとって一番安全で確実、そして信頼できる交通手段は、二本の脚ですから(^^)

 ということで今年の目標は、今年こそ「結願して、相模大野に戻る」です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日のキーワード……“小寒”