« E-P1届いたけど…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | どうもコントラスト方式のせいではないらしい(OLYMPUS PEN E-P1) »

July 20, 2009

結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1)

 OLYMPUS PEN E-P1の光学ファインダーを何とか生かしたいというお話。
 前回の書き込みの通り、MFモードでピントは目測の撮影も試したのですが結局は、断念しました。
 MFモードにすると、シャッターを押してからのタイムラグは気にならなくなります。しかし、レンズキットでついてくるレンズ(どっちも)は、液晶画面を見ながらのMFならともかく、目測での撮影には向きません。
 なぜなら、ピントリングは単なるスイッチでしかなく、リングを回すとその情報がボディーに伝わり、ボディーからの指令でレンズが動くので、どこまでリングを回すとどこにピントが合うのかが分からない、当然、リング上に距離表示もない。その代わり、ボディー側で設定を変えればリングの右回り、左回りを切り替える事もできる訳ですが…
 また被写界深度を稼ぐために絞り優先で撮影していても、カメラを構える際のフォールド性が悪く、ついメインダイアルに親指が触れてしまい、いつの間にか絞り値が変わってしまうという事態が頻繁に起きます。絞り値を確認するには液晶画面を見るしかなく、だったら光学ファインダーを使う意味がありません。
 結局、光学ファインダーはただの飾りのオマケとしか思えません……単体で買うと17,000円もするのですが(^^ゞ
 ということで、素直に液晶画面を見ながら普通のコンパクトデジカメと同じように撮影することになりました。光学ファインダーはお蔵入りとなりました……わざわざ携帯性を犠牲にして使えないモノを付ける必要は無いですから……あの見た目に完全に騙されました(; ;)ホロホロ
 なお、AF時のタイムラグさえ目をつぶれば、その他の部分……画質、ボディーのサイズ、デザインなどに不満はありませんです。

« E-P1届いたけど…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | どうもコントラスト方式のせいではないらしい(OLYMPUS PEN E-P1) »

写真とカメラのお話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1):

» やっぱりPENには光学ファインダーが似合う [ダイバーズ・の~ぉと]
 マイクロフォーサーズの広角ズーム、 OLYMPUS M.ZUIKO DIGIT [Read More]

« E-P1届いたけど…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | どうもコントラスト方式のせいではないらしい(OLYMPUS PEN E-P1) »