« OLYMPUS PEN E-P1 | Main | 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) »

July 19, 2009

E-P1届いたけど…(OLYMPUS PEN E-P1)

 スナップ用カメラとして、購入したOLYMPUS PEN E-P1ですが、届いて4日目にしてスナップ用には不向きではないかと思えてきました(^^ゞ

 スナップの定義ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば…

 スナップ写真(スナップショットとも呼ばれる)は、下準備その他特にせず、日常のできごとあるいは出会った光景を一瞬の下に撮影する写真。

と、なっています。この点は私も同感です。
 特に私はこの“一瞬”と言う点が重要だと思っています。そのためにはピントがしっかり合っているとか、ブレていないという点はある程度犠牲にしても良いと思っています。自分の作例を持ち出すのもおこがましいのですが、例えばこんなシーン。

2009071901

 これは以前スナップ用として使っていた、BESSA-T + SnapshotSkopar(25mm F4)を持って夜の六本木を散歩中に撮ったモノです。手ブレ、被写体ブレ(シャッター速度1/8秒かつ歩きながらだから当然)ですが、それなりに見れる写真だと思います(自分的には(^^ゞ)。

 で、OLYMPUS PEN E-P1に話を戻しますが、どうしてスナップに不向きかといえば、シャッターボタンを押し込んでから実際にシャッターが落ちるまでのタイムラグが大きい点です。おそらくはAFの性能によるモノと思われます。
 特に光学ファインダーを付けて撮影しているとAFの動作状態がわからないため、余計にモタツキ感を感じます。例えばコレ…

2009071902

 これは、浅草を散歩中の一枚。人力車で結婚披露宴に向かう新郎新婦ですが、顔は撮さず花嫁である事が分かるギリギリのタイミングで撮りたかったのに、できあがったのは人力車に乗っている“てるてる坊主”ですね(^^ゞ

 原因は、どうもAF方式にコントラスト方式を使っているためと思われます。コントラスト方式についてあまり深くは知りませんがOLYMPUS PEN E-P1の動きを見ていると、無限遠から最短撮影距離まで移動させて一番コントラストが高くなる所を探しているようです。
 一般のコンパクトカメラも同じコントラスト方式を採用していますが、レンズが小型のために“無限遠から最短撮影距離まで移動する”時間が短いのでしょう、それほど気になりません。OLYMPUS PEN E-P1ではレンズが大型化(コンパクトカメラと比較して)したために余計に時間が掛かるのかも知れません。
 一眼レフの場合、位相差方式を使っているためこの“無限遠から最短撮影距離まで移動する”動作は必要ありません。現在の位置から直ちにピントが合う方向に動き出します。この動作に慣れてしまうと、コントラスト方式を採用したOLYMPUS PEN E-P1は、レンズ交換できるなどの魅力はあるものの、コンパクトカメラに毛の生えた様なカメラと言わざるを得ません。

 とはいえ、10万円以上も投資したので何とか使いたいという事で、現在はAFを止めてMFモードで目測 + 光学ファインダーという使い方を模索中です。しかしこれとて、レンズのピントリングに距離表示がないので非常に使いにくい状態です(; ;)ホロホロ
 ぜひスナップショット用として焦点距離12mm、距離表示付きで、3m、1.5m、1m辺りにクリックストップを付けてもらうと最高なんだけど…コシナさん作ってくれないかな~

« OLYMPUS PEN E-P1 | Main | 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) »

写真とカメラのお話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference E-P1届いたけど…(OLYMPUS PEN E-P1):

» やっぱりPENには光学ファインダーが似合う [ダイバーズ・の~ぉと]
 マイクロフォーサーズの広角ズーム、 OLYMPUS M.ZUIKO DIGIT [Read More]

« OLYMPUS PEN E-P1 | Main | 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) »