« 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | 救いの神は粘着テープでした(OLYMPUS PEN E-P1) »

July 21, 2009

どうもコントラスト方式のせいではないらしい(OLYMPUS PEN E-P1)

 OLYMPUS PEN E-P1のAFがモタつくのはコントラスト方式のせいではないかと、前回書いたのですが、どうもそうではないらしいです。
 ちょっと気になったので今日、会社帰りにカメラ店に寄って同じマイクロフォーサーズのパナソニック製LUMIX Gをいじくっていたのですが、同じコントラスト方式のAFにも関わらず合焦は気にならないくらい速いです。
 前回書かなかったのですが、OLYMPUS PEN E-P1の場合はC-AFモードにした場合…ちょっと擬音語になりますが…ギッタンバッコン・合焦・ギッタンバッコン・合焦・ギッタンバッコン・合焦を繰り返しちゃうのですが、LUMIX Gでそんな事もなく、なめらかにピントが合い続けてくれます。
 これは一体なにが原因なのでしょう?もしAFアルゴリズムの問題ならファームアップで何とかして欲しいものです。
 ところで、某雑誌のレビューでは「コントラスト方式だがAF速度は高速で高精度」なんて書かれていますが、いくらもらうとこういった提灯記事が書けるのだろうか?不思議になってしまいます。
 ハッキリ言って、速写性を重視するならLUMIX Gシリーズを買った方が良いかも知れません。
パナソニック LUMIX DMC-GH1A-K 107,800円(税込)

« 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | 救いの神は粘着テープでした(OLYMPUS PEN E-P1) »

写真とカメラのお話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

» やっぱりPENには光学ファインダーが似合う [ダイバーズ・の~ぉと]
 マイクロフォーサーズの広角ズーム、 OLYMPUS M.ZUIKO DIGIT [Read More]

« 結局E-P1は…(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | 救いの神は粘着テープでした(OLYMPUS PEN E-P1) »