« スクエアも良いかも(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | パナソニックのレンズを使う(OLYMPUS PEN E-P1) »

September 01, 2009

ズームレンズがやばい事に(OLYMPUS PEN E-P1)

OLYMPUS PEN E-P1ツインレンズキット シルバー 116,800円(税込)
 最近、スクエアフォーマットを使い出して出番の増えた、14-42mmズーム。
 私は、逆光気味の写真のが多いのと、撮影中にぶつけた場合にレンズを保護するためにラバーフードを購入しました。

ハクバ KA-LF-40 40.5mm径 ラバーフード [HAKUBA KALF40] 389円(税込)

 残念ながら広角側にズームすると4:3フォーマットでは四隅がケラれてしまいますが、私の使っている6:6フォーマットでは全く問題ありません。
 おそらく6:6以外のフォーマットでは同様に四隅がケラれると思います。
 なぜ、おそらくなのか? と言うと今、試せないからです…
 撮影が終わってフードを外そうとすれどもなかなか緩まない…どうもきつく締めすぎた様子。
 このレンズの先端はピントを合わせるために前に繰り出す訳ですが、一番繰り出した状態でフードを回す手に力を込めたところ、ペリっ(バキっとかベキっではなく、非常に軽い音)がして、前玉部分が脱落(; ;)、そのとき時間が止まった(田口トモロヲ風)
 ここからは文章で表現するのが非常に困難ですが、ご容赦を。(分かりにくいからって、絶対に自分のレンズで試さないように)
 前玉の鏡胴の内側には螺旋状の溝が付いています。そしてレンズ本体の中には前玉鏡胴の中にちょうど入る位の筒がありその外側には同様に螺旋状の溝があります。両方の螺旋状の溝がかみ合っているため、前玉を左右に回すと、前後に動く訳です。
 で、一番前まで繰り出した時にそのままだと外れてしまうので、何らかの方法でそれ以上繰り出さないように止める必要がある訳ですが、その方法がすごい…
 レンズ本体の一番外側の鏡胴の先端(“の”連続で国語の先生に怒られそう)には内側に向かって数ミリの張り出しがあります。そして前玉の鏡胴の後端には、外側向かって張り出しがあります。この両方の張り出し部分がぶつかる事によって前玉がそれ以上前に繰り出さないように押さえている訳です。
 イメージわきます???
 問題はその前玉の鏡胴後端に張り出した部分の素材。薄いフィルム状のリングが貼り付けられているだけでした。コレが耐えきれずに剥がれた時の音が“パリっ”だった訳です。

 慌ててねじ込んで見ましたが、元には戻らず、そのままメーカー送りとなってしまいました。何時帰ってくるんだろう。
 と言う訳で、絶対にまねをしないように…取り返しの付かない事になりますヨ。

« スクエアも良いかも(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | パナソニックのレンズを使う(OLYMPUS PEN E-P1) »

写真とカメラのお話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ズームレンズがやばい事に(OLYMPUS PEN E-P1):

« スクエアも良いかも(OLYMPUS PEN E-P1) | Main | パナソニックのレンズを使う(OLYMPUS PEN E-P1) »