« ハマジ的電子読書生活 その5 | トップページ | モバイル生活がピンチ その1 »

January 23, 2011

ハマジ的電子読書生活 その6

D2011012301_2
 「ハマジ的電子読書生活 その5」で書いた寝床でReaderを読むための書見台……完成しました(写真(上))。
 作成には矢崎化工のイレクターを使用しました。
 費用は約2,500円……なぜ「約」かというと、設計が大ざっぱなために部品が足りなくなったり、余ったり。そのために歩いて20分かかるホームセンターを2往復、なぜか運動にもなる日曜大工なのだ(^^ゞ
 今回、一番悩んだのがどうやってReaderを固定するかです。額縁部分をベルトか紐で結束しても額縁部分が狭いので、読んでいる時に外れて顔面を直撃!しそう。マジックテープ等、普段は使う必要のないものをつけるもイヤです……寝床専用機ならいざ知らず(^^ゞ
 そこでちょっと発想を転換……下から固定するのではなく、上から置けばよいのだと(念のためベルトで固定しています……写真(中))……我ながら名案です<(`^´)>エッヘン。
 たまたま以前、使った事のあるイレクターのパイプを繋ぐパーツには補強のための筋交い(水掻き?……写真(下))が付いています。ここ置けば良いんだと……
 パイプの中に埋め込むような形になるので、固定したままでは電源スイッチは動かせません。固定する前に電源をONにして、オートオフは切っておかなければいけません。でも有り難いことに電子ペーパーは、書き換え時以外にはほとんど電力を消費しにので問題ありません。

 思ったよりも上手くできあがったので「読みゴロ君一号」と命名しました。
 早速昨夜から使って快適に「寝床読書」を楽しんでいます。でも、ちょっと顔との距離が近かったかな~??もしかしたら近々「二号」を作るかも……イレクターは接合部を接着してしまうので、一度完成すると、微調整が効かないのです。
 まぁ何にしても、しばらく使い続けて様子見です。今日も早々に寝床に潜り込んで読書だ(^^)

※後日談※
 その後、顔との距離をとるために支柱を延長したり、クリップ式LEDライトを組み込んだりして、現在は「読みゴロ君一号改」となっています。

投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/50665948

この記事へのトラックバック一覧です: ハマジ的電子読書生活 その6:

コメント

コメントを書く