« オリンパスPENは完成したか? | トップページ | 宿題をイッパイ忘れていたみたい »

September 24, 2011

ハマジ的電子読書生活 その7

 昨年末にソニーのReader、コレ…


を買ってから快適に電子読書生活を楽しんでいたのに…最近ちょっと悩ましいことがありました。
 一つは電子書籍の販売に関するお話。
 9年間も電子書籍の購入に利用していた、スペースタウンブックスが9月いっぱいで閉店することに。ソニーReader専用のブックストアで購入した書籍はストアに登録したReaderでしか読むことが出来ません。一方、スペースタウンで買った書籍は、パソコンでも携帯電話(シャープ製)でも登録なしで読めます。販売価格は同じなので、いろんな機器で読める方がお得感が高いです(^.^)b。さらにソニーのブックストアは蔵書数的にもまだ発展途上なので…スペースタウンブックスの閉店は非常に残念です。
 電子書籍サービスが次々に立ち上がって一見華やかに見えますが、私にとっては、ちょっと後退した感じがします。
 ただ希望の光もいくつかありまして…
 先ずは富士通が始めた電子書籍サービス。PC用として販売している電子書籍は、Readerでも読めるXMDF形式なので○。
 そして、楽天、パナソニック(楽天の電子書籍ストアー専用機を作ってます)、紀伊国屋書店、ソニーの4社が、それぞれのコンテンツの相互利用を計画していること。
 まぁ、どちらも始まったばかりで、今後どうなるのか?成り行きを見守りたいと思ってます。

 そしてもう一つの悩み。
 電子書籍派の私でも、紙の本をまったく買わない訳ではありません。いえ、本の虫なので、むしろ普通の人より紙の本も買っていると思います。なので本棚は本であふれています。さらに実家にもまだ300冊ほど置きっぱなしの本が…
 これ以上紙の本が増えると置く場所がないため、本の電子化(いわゆる自炊)を敢行することに。先ずは道具(断裁機とドキュメントスキャナ)の調達。
 ドキュメントスキャナは以前から持っていましたが、だいぶ老朽化していたので買い換えることにして、通販で見つけた自炊セットなる物を購入しました。


 今、自炊を始めるならこのセットが最適だと思います。
 さて、自炊した電子書籍はPDF形式になります。コレを何で読むか?パソコンは本を落ち着いて読むには向きません。余計な機能は付いてるし、外出先や寝床で気軽に…と言うわけにも行きません。ソニーのReaderでも文庫サイズくらいの本なら何とか読めますが、それ以上の大きな版はちょっと無理。
 そんな訳で、今まで手を出していなかったタブレット端末が視野に入ってきました。輸入リンゴは大嫌いなので、買うとすればAndroidタブレットかな? と、思っていた矢先に、ソニーがAndroidタブレットを発売のニュースが…

 特に目をひいたのは、ソニーブックストアから直接書籍を購入できる電子書籍リーダーアプリがプレインストールされている点。これなら、今持っているReaderと、状況によって使い分けが可能で便利そう。発売日を待たずに予約購入する勢いだったのに、ボタンを押す直前「Reader用に購入済みの書籍をタブレット側で読めるようになるかは未定」の情報が…ハッキリするまで、手が出せない。そうこうするうちに、ドコモから高速通信のXiを搭載した新型タブレットが発表になり、悩みのタネは増える一方です。
 いつになったら決着するのか?動きがあったら、またお知らせします。

投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/52817394

この記事へのトラックバック一覧です: ハマジ的電子読書生活 その7:

コメント

コメントを書く