« 宿題をイッパイ忘れていたみたい | トップページ | My First Android »

October 16, 2011

ハマジ的電子読書生活 その8

 「自炊セット」を購入以来、電子書籍の調達は自炊中心に…自分の自炊スタイルもだいたい出来上がってきたので、今回はそのポイントをご紹介。
 蔵書で一番多いのは小説とかノンフィクションの読み物系。ほとんどが文庫サイズ(新書も少しある)です。
 次がHowTo系「株でいくらもうける」とか「手帳はこう使え」など…ちゃんと実践してれば、もうとっくに億万長者か社長になってるぜ…的な本(^^ゞ 他にも写真、アウトドア、スポーツなどイロイロとあります(^^ゞ サイズはB6版、A5版が多い。

 すべてに共通のスタンスは「内容重視」。なので帯とかは捨ててしまいます。自炊派の中には紙の本のすべてを電子化するために、帯や背表紙もすべてスキャンする方もいるようですが、自分はそこまでマメじゃないので。ただカバーの表面だけは、ファイルのサムネイルトとして表示して欲しいので、カラーでスキャンしておきます。その他筆者の経歴など、データとして残す必要がある物もスキャンしておきます。

■読み物系
 ソニーReader(ポケットエディション)で読むことを主たる目的にしています。

 裁断の際、ページ左右の余白がなるべく同じになるようにしておくのが良いです。理由は後で説明します(まあコレは私固有の理由かも)。
 裁断が終わったら糊がはみ出してくっついてるページが無いか、徹底的にチェックします。表紙と扉のページがくっついてる事が多いです。ページがくっついていると、スキャナで吸い込む際に、紙がくしゃくしゃになって上手くありません。とにかく念入りにチェックすべきです。

 スキャナー(ScanSnapS1500)の設定はモノクロ、解像度は自動、傾き補正あり、空白ページ自動スキップ、ページ向き補正なしです。
 何度もテストをした結果、ソニーReaderではモノクロが一番読みやすいです。ただし写真や図表はモノクロでは潰れてしまうので、これらを含む本はグレースケールでもスキャンします。つまり一冊の本でモノクロ版とグレースケール版の2種類ができあがります。文章のページと写真のページが明確に別れている場合は、別々にスキャンして、後で一冊にまとめられる場合もあります。

 スキャンが終わったら、AdobeAcrobat(スキャナーにバンドル)で開いて、ページ抜けはないか? 折り目があったり傾いてしまったページはないか?徹底的にチェックします。スキャン後の本は捨ててしまうので、後から気づいても間に合いません。
 ソニーReader(ポケットエディション)の画面は5インチ、このままでは文字が小さすぎて読みにくいので、これまたAcrobatでトリミングを行います。文章を読むときに関係のないヘッダー・フッター(ページ番号とか本のタイトルの部分)、左右の余白を取り除きます。ページによって印刷位置にバラツキがあるので、全てのページで文字が切れない位置を見極めます。左右の余白は偶数ページ、奇数ページで交互に入れ替わるので、裁断の時の左右の余白を同じにしておくとキレイに仕上がります。
 Acrobatのトリミング機能には偶数ページ、奇数ページそれぞれにトリミング幅を指定することができ、その方が仕上がりもキレイでしょうが、空白ページのスキップ機能を止める必要があります。
 トリミングしても実際のデータが消去されるわけでなく、表示が切り替わるだけので、万一文字の部分まで消えてしまったページがあっても、後から修正が可能です。

■HowTo系
 内容によってグレースケール、カラーにいずれかでスキャンします。それ以外の設定、手順は「読み物系」とかわりありません。
 HowTo系はページのトリミングは行いません。仮に行っても、ソニーReader(ポケットエディション)で読みのはしんどいからです。そのかわりOCR機能を使って、文章のテキスト化を行います。これは後から内容を検索したり、引用したりするためものです(読み物の場合はその必要は感じないのでやらない)。ScanSnapに付属のScanSnap OrganizerかAcrobatのいずれでも処理できます。どっちが認識性能が良いかは分かりません。

 HowTo系は今のところパソコンで見るしかありませんが、実はビューアーとして、まもなく東芝から発売される7インチのタブレットを使うことにしています。早くとどかないかな~(^^ゞ

 以前にも紹介しましたが、自炊セットは↓がお勧めです。


投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/53007665

この記事へのトラックバック一覧です: ハマジ的電子読書生活 その8:

コメント

コメントを書く