« あわやNEXUS7 | トップページ | 新しいAndroidタブレットがやってきた »

October 28, 2012

黒船来襲、だけど……(ハマジ的電子読書生活 その11)

 いよいよヤツがやってきました。昨年ぐらい(?)から「近い内」「近い内」とどっかの政治家みたいに言われていたAmazonのKindleが、いよいよ正式に日本上陸!
 ですが私は、興味がないわけではないけど、当分は様子見です。なんせ、2台目のソニーReaderを買ったばかりなので……さらに電子書籍に対する考え方も少し変ってきました。
 簡単に言えば電子書籍サービス業者に依存したDRM付のコンテンツは、気に入った本は何度でも何時までも読みたい本大好き人間には不安でたまらない、と言う事です。

 簡単にと言っておきながら少し(かなり)補足。
 かつて利用していたシャープ直営のスペースタウンブックストアーは、DRM無しのXMDF型式。DRM無しなのでサービスが終了してしまった今でも、約300冊の蔵書はXMDF型式に対応するビューアさえ用意できれば好きな時に読むことができます。もちろん、ソニーReaderでも……

 ところが最近の電子書籍サービスのほとんどが採用しているDRM付きコンテンツの場合(DRMの仕組にもよりますが)、電子書籍サービスから認証された機器のみで読む事ができます。
 ソニーReaderの場合、購入したコンテンツはパソコン上の管理ソフト(eBook Transfer for Reade)を経由して認証済のReaderに格納します。その際、管理ソフト上にもコンテンツがバックアップされます(アーカイブと呼んでます)。その後はReader上からコンテンツを削除してしまっても、好きな時にアーカイブから認証済のReaderに転送する事ができます。
 もし新しいReaderを購入した場合も認証を行えば、アーカイブから過去に購入したコンテンツを転送して読むことができます。また仮に電子書籍サービスが終了してしまっても、認証済みのReaderでコンテンツを読むことが可能です。
 しかし認証済みのReaderが全て壊れてしまった場合、アーカイブのコンテンツを読む方法が無くなります。電子書籍なので紙くずにもならないのです。
 そんな簡単にサービスが終了するか?って……そ~なんですよ川崎さん(^_^;

 ソニーReaderで利用できる電子書籍サービスは、本家ソニーの「Reader Store」紀伊國屋書店の「BookWeb」楽天の「Raboo」の三つ。で、その内の「Raboo」が来年3月のサービス終了を決定しています。サービス開始からたったの1年半です。
 他のサービスだって巨人Amazonの上陸で、今後どうなることか? ソニーさんと紀伊國屋書店さんは頑張ってくれると信じてますが……

 てな訳で、以前の私の本購入ポリシーは……

・紙の本はなるべく買わない。
・直ぐに読む必要が無い本は電子版が出るまで待つ。
・既存の紙の本は電子版が出た時点で買い直し、紙は廃棄。

だったけど、今は……

・電子版、紙の本の選択は、自炊する暇があるか?、どっちが安いか?等を考えて決める。BOOK OFFの105円コーナーにあれば迷わず紙(^^ゞ
・既存の紙の本は、せっせと自炊。

に変更になりました。

 新型のReaderを追加購入したのは、自炊本を快適に読むために大きな画面(5インチ→6インチ)が必要になったからです。

 これまでの経緯は拙文「ハマジ的電子読書生活」のバックナンバーをお読みになって!(^^)

「ハマジ的電子読書生活 その1」
「ハマジ的電子読書生活 その2」
「ハマジ的電子読書生活 その3」
「ハマジ的電子読書生活 その4」
「ハマジ的電子読書生活 その5」
「ハマジ的電子読書生活 その6」
「ハマジ的電子読書生活 その7」
「ハマジ的電子読書生活 その8」
「ハマジ的電子読書生活 その9」
「ハマジ的電子読書生活 その10」

※自炊派にお勧めの断裁機とスキャナーのセット。私が購入したPLUS製の断裁機よりもコンパクトに収納できるようです。いいな~


投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/55988712

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船来襲、だけど……(ハマジ的電子読書生活 その11):

コメント

コメントを書く