« 電子版マンガは怖いぞ!(ハマジ的電子読書生活 その15) | トップページ | レンズは増殖するモノらしい »

January 09, 2015

巨人の進撃阻止できず(ハマジ的電子読書生活 その16)

 巷では「進撃の巨人 劇場版」が公開され話題となっていますが、我が家では別の巨人の進撃を受けています。「別の巨人」とはAmazonの事です。
 昨年の秋にKindle専用端末を買ったばかりなのに、年明け早々にAmazon Fire HD6(6インチ タブレット端末)を衝動買いしちゃいました。16GBメモリモデルで1万円代前半という、超お買得感がイカン!!

 現在、私の主力タブレットは、これまた昨年秋に買ったNEXUS 9。当初、Android5.0で動作しなかったアプリもほぼ対応が完了。Amazon Kindle、紀伊國屋書店 Kinoppy(主に過去に購入したDRM無しのXMDF形式用)、docomo Dマガジン、それに自炊したPDFファイル用のPerfectViewerの全てが使える、ほぼ無敵状態(^^)
 でも唯一……Amazonがプライム会員向けに提供している、オーナーライブラリー(毎月一冊無料)の本はKindele専用端末でしか読めません。無印Kindeleは持ってるけど……この際、ポケットサイズのカラー端末があってもイイかな~と……なんたって安いし(^^;

 Fire HDシリーズは、Amazon独自のFireOS(ベースはAndroid)を搭載しており、アプリはAmazon Android アプリストアからしかインストールできません。当然ですが、ライバルとなる他の電子書籍業者用アプリは提供してません。端末を安く売って、コンテンツの利用料で儲けるというビジネスモデルでしょうから……当たり前田のクラッカー(^^)v なのだ。
 幸いにも、PertectViewerだけは提供されている事が分かったので……コレも決め手の一つになったかも?

 1月2日の昼頃注問したのに、翌日届くというのは凄い! Amazonの“中の人”、ありがとうございますm(__)m
 箱を開けてWiFi設定、Amazonアカウント設定を行うと直ぐ使える様になりました。

D2015010901 画面サイズは無印Kindleと同じ6インチ。でも、縦横比が異なりFire HD 6の方がかなりスリムです。重量は290gで、純正カバーを着けると更に40g増加。コンパクトサイズ故に、中身詰まってるぞ~的なズッしり感があります。少し厚目の文庫本よりちょっと重いくらいかな??

 今回Fire HDを買ったのには、実はもうひとつ理由があって……そろそろダブレット・デビューしたいと思っている知人に、安価なファースト・タブレットとして勧めて良いか、試めしたかったのだ。結果はビミョー、相手によりますな(^^;)
 本好きで電子書籍にも興味があり、当面iPadや普通のAndroidタブレットにステップアップしない人には勧めても良いかも。なんたって価格的な障壁が極めて低い。反対に「友達がiPadでやってるのと同じ事をやりたい」とか、直ぐに言い出しそうな人には、最初からiPadを勧めた方が良さそうです。

 因みに私は、KindleとPertectViewerのみ利用。つまり電子読書専用端末として利用していく予定です。タブレットとして普通に使うには、コンテンツとアプリを同じレベルで扱うUIが特殊過ぎるし、Google Playで購入済みのアプリでも、Amazonアプリストアで再購入が必要になったりと、不都合な点が多いので……


投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/60948152

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人の進撃阻止できず(ハマジ的電子読書生活 その16):

コメント

コメントを書く