« 離脱ってイイな~(ハマジ的電子読書生活 その23) | トップページ | 好きだけど「おすすめ」はされたくない(ハマジ的電子読書生活 その25) »

September 12, 2016

なんであれ“放題”は危険なのだ(ハマジ的電子読書生活 その24)

 “食べ放題”“飲み放題”と聞けば昼食を抜いて、絶対に元を取る……いや、元の3倍は摂るぞ! と意気込んで立ち向かったのは、若い頃の話(^^ゞ 最近はなるべるそういう物には近づかないことにしております。五十過ぎると腹八分、いや腹六分くらいがちょうど良い……とかいいつつ食べ・飲み過ぎで翌朝、後悔することが度々あるのだ(^^ゞ

 思いっきり脱線した。今回の“放題”は“食べ放題”でも“飲み放題”なく“読み放題”のお話です。

 Amazonが今年8月から読み放題のサービス、Kindle Unlimitedを開始しました。Primeビデオ、Primeミュージック等、他の“放題”サービスと違い、Prime会員でも毎月980円の利用料が必要です。
 これって果たして得なのか? 読みたい本や雑誌がどのくらいKindle Unlimitedの対象になっているか?

 試しに「欲しいものリスト」に登録してある書籍を確認してみることに……リストの一覧画面ではどれが対象なのか??? それぞれの書籍個別のページを開いてもても???
 どうやらサービスを契約しないとKindle Unlimitedに関する記述やボタンは出てこないらしい(自分の確認の仕方に問題があるのかも知れんけど)。
 Kindleストアの絞り込み条件で「Kindle Unlimited 読み放題」をチェックすると対象の書籍一覧が表示されるけど、今度は自分の読みたい本(作家)を見つけるのが大変(^^ゞ

 ところで私は現在、ドコモ提供のdマガジン(400円/月)を利用しています。定期的に読んでいる雑誌がKindle Unlimitedで読めるのであれば、dマガジンから乗り換える事で利用料は実質580円に圧縮される。と思ったものの残念ながら読みたい雑誌はほとんど無しでした。

 とにかく対象の書籍を確認するためにサービスを契約することにしました。30日間のお試し期間があるので、その間に判断しようというわけです。
 サービスを契約すると、検索結果一覧や書籍個別のページにKindle Unlimitedの対象であることが明示されるようになりました。ただ「欲しいものリスト」は相変わらず、一覧画面では対象かどうかが分かりません、何故?

 で、さっそく好きな作家名で検索してみると、ほとんど対象になってないですね。もっとも私の好きな作家はKindle化自体されて無い人が多いんだけど……
 好きな作家はあきらめて、ちょっと気になる作家名で検索。いくつかヒットしたけど、代表作数冊だけが対象って感じ。一冊読み放題で読んで、気に入ったら他の本は普通に買ってください、って戦略か?
 コミックも同じ戦略らしく、最初の数巻とか前半が読み放題になっている作品が多かったです。

 使い方次第ではかなりお得だと思いますが、毎月元を取ろうとすると読書時間が増えて、睡眠時間が減る事態が起きそうです。ましてやコミック(昔読んだことがあり、もう一度読みたいと思っていた作品がいくつかあった)に手を出すと、冒頭部分を読んだら絶対全巻読みたくなるので、身体にも財布にも……やっぱ“放題”は危険なのだ!

 私的Kindle Unlimitedとの付き合い方は好きな作家に固執せず、広く浅く読み倒したい、ってときに期間を限定して使い、コミックには手を出さない。がイイかな~と思っています。


投稿:by ハマジ [ハマジ的電子読書生活] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/64195460

この記事へのトラックバック一覧です: なんであれ“放題”は危険なのだ(ハマジ的電子読書生活 その24):

コメント

コメントを書く