« 好きだけど「おすすめ」はされたくない(ハマジ的電子読書生活 その25) | トップページ | やっぱ“放題"は止めとく(ハマジ的電子読書生活 その26) »

March 18, 2017

我が家にガラホがやってた

 今年の1月、とうとう我が家に「ガラホ」がやってきました。今まで頑なに折りたたみ式のガラケーを使い続けてきましたが、とうとう観念してAndroid端末に買い替えました。しかし外見は相変わらず、折りたたみ式……いわゆるガラホです。蒲鉾板みたいなスマフォを耳に当てて通話する自分の姿を想像すると、どうしても間抜けに感じてしまって(^^ゞ

 と、ここまで書いた後になんですが私、この「ガラホ」って呼び方嫌いです。そもそもなんで「ガラホ」なのか?
 「ガラケー」は、日本のドメスティックな環境で独自の進化を遂げた携帯電話を、ガラパゴス諸島になぞらた「ガラパゴス携帯電話」の省略形。「スマホ」あるいは「スマフォ」は、いろんな用途に使えることから「利口な(携帯)電話」という意味の「スマートフォン」を省略したものですね。
 じゃあ「ガラホ」は……
 「ガラ」は当然「ガラパゴス」ですよね。「ホ」の方も「フォン」、つまり「(携帯)電話」に多分間違えない。してみると「ガラホ」は「ガラパゴス(携帯)電話」。「ガラケー」と変わらないじゃん、誰だ最初に言い出した奴は、責任者出てこい! 中身はスマフォと同じAndroidOSで、見た目が昔の携帯電話なんだから、せめて「スマケー」と呼ぶべきではないかと思う。

 まぁそんな話はどうでもイイですね。なんでガラホに買い替えたのか??というお話です。
 去年まで使っていた富士通製のF-01Eは今まで私が使った幾多の携帯電話の中で一番のデキ! 防水、指紋認証、おサイフケータイ、WiFi、テザリング、Bluetoothと機能の全部入り。しかも「ウルトラタフガードPlus塗装」のお陰で2013年9月に購入以来3年以上酷使しているのに、目立った塗装の剥がれが無い。
 そもそも私が携帯電話を買い替えたくなるイチバンの理由は「塗装が剥げて汚くなった」なので、本来なら後2年くらいは問題なく使えたはず……

 なのに何故?? それはパケット通信料の違いです。
 FOMA(3G)回線のパケット料は、1パケット0.08円。Xi(LTE)回線のパケット料は、1Kバイト0.03円。う~ん単位が違って分かりづらい。FOMA回線の1パケットは128バイトなので、単位を合わせるとFOMA回線は1Kバイト0.64円でXi回線の約20倍!
 例えば昨年11月の請求明細によれば、使った(ほとんどメールだけ)パケット量は212,856パケット。単純計算したパケット料は17,028円(パケホーダイの契約なので実際に払うのは4,200円)にもなります。同じ通信量でもXiの場合は879円、う~~んすごい差。誰がど~見てもXi回線を使った方がお得です。

 それでもFOMA回線を使い続けてきたのは、Xi回線用の携帯電話(もちろん折りたたみ式)に使いたい機種が無かったから。絶対に欲しい「おサイフケータイ機能」を搭載した機種がない!。
 契約だけXi契約にしてFOMA用の携帯電話を使うこともできる、なんて話も聞いたけど……その場合、問題のおサイフケータイはどうなるの? iモードのサービスは? とか イロイロ調べるの面倒だし、まぁいいかと実におおらかにドコモさんに貢ぎ続けてきました。節約に向かない > (^_^;

 iモードのサービスは、徐々にスマフォ(2台持ちで通話機能無しだから厳密には「スマフォ」ではなく「スマ」なのだ)の同種サービスに移行したけど、おサイフケータイはだけは携帯電話で使いたい。携帯電話とスマ(^_^;のどちらかだけしか持てない場合は、携帯電話を選ぶので……
 で昨年末、パナソニックから待ちに待ったおサイフケータイ対応のガラケーP-01Jが発売。あわせて携帯電話向けのパケットパックも登場して、追い風……年明け早々にFOMAにお別れしてXiユーザとなりました。

 1月に買い換えて、なんで3月にこの話題? 実際に請求書ベースでどのくらい安くなったのか確認したかったのです。1月分は新機種切り替えまでの10日間でFOMA回線パケット上限4,200円を超えてしまったので、2月分の請求が来るまで待っていたのでした。
 では発表します、じゃんじゃじゃ~ん! 「ラ・ラ・ランド」です!
 読む紙間違えた(^_^;……昨年11月の7,225円に対し2月は1,973円。iモードのサービスを止めたためiモードメルの受信数が減ったとか、電話料金が5分まで無料のカケホーダイライトプランに変わったとか、他の要因もイロイロありますが、パケット通信利用料の違いがやはり大きいです。

 実はP-01Jには指紋認証機能が搭載されておらず、ロック解除の度に暗証番号入力の手間が掛かるんですが、このくらい安くなるなら我慢できます。
 月に4,000円以上も費用が浮くので、1年もすれば新しい携帯電話機が楽勝で買えます。実はP-01Jは塗装が貧弱で、既に何ヶ所か剥がれていて、1年も経てばハゲハゲ状態になりそうです(>o<) 富士通さん、おサイフケータイ対応で「ウルトラタフガードPlus塗装」のガラホ早く作ってちょうだい、直ぐ買うから。
 つくづく節約には向いてないな~ > σ(^^)


投稿:by ハマジ [ITライフ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/65030722

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にガラホがやってた:

コメント

コメントを書く