January 15, 2014

NEXUS 5には何でもコードレスが似合うのだ!

 昨年買ったNEXUS 5、すっかり主力情報機器になってます(^^)
 今まで、使っていたAndroid版ウォークマンは完全にお蔵入り、7.7インチのREGZAタブレットは電子書籍専用端末となりました。もっとも電子書籍だってリフロー(可変フォーマット)コンテンツならNEXUS 5で十分読める、っていうか電車の中で立ったままで読むなら、NEXUS 5の方がかえって読みやすい。ただ自炊本だけは、7インチくらいの画面サイズがないとちょっとキツイけど。
 非常に満足なNEXUS 5ですが、使えば使うほど不満が募るのがヘッドフォンジャック。なんで上側に付いてるの? ヘッドフォンを挿したまま使っていると、コードが画面の前をフラフラ、カメラを使うとたまにコードが映り込む。どうしてジャックを下側に付けてくれなかったんだろう??

 そうかNEXUS 5は充電がコードレスだし、ストラップもコードレス(付かない)、だったらヘッドフォンもコードレスにすれば良いんだ(^^) と気が付きました。
 この世に、Bluetoothヘッドフォンなるモノがあるのは知っておったのです。かなり昔、携帯電話機がBluetoothのイヤフォンマイクに対応したばかりの頃、一度買ってみたところ、電池が持たないは、通信は安定しないはで……以来、Bluetoothにはあまり良いイメージは持っていなかったのです。
 今回、久々に買ってみたら……いや~っ、快適。ペアリングもサクっといくし、通信も安定してるし……もっと早く買えば良かった。ん、早く買いすぎたから悪い印象が根付いたのか(^◇^;)
 なおこのヘッドフォン、充電はUSBケーブルで行いますが……これがQi対応だったら、もっと良かったな~、と思います。

 しかし、なにか新しいモノを買うと、それに連鎖してドンドン必要なモノが増え、出費が嵩むな~(>_<)

March 31, 2013

ラジオを録る

 テレビ番組を予約録画して後から楽しむ、あるいは保存する行為は、まぁほとんど方がやってますよネ。予約録画のための機器もいまやほとんどの家庭にあるでしょう?たぶん……
 じゃあラジオはどうでしょう? ひと昔前ならラジカセとかコンポとか録音ができる機器はあったけど、予約録音はできなかったような?
 そもろもラジオは聞き流すもので、録音してまで聴かないというのが一般的な考え方ではないかと思います。一部のラジオフリークσ(^_^; を除いて……
 かなり前から、語学学習などのためラジオで放送される英会話などの番組を録音する機能を持ったICレコーダー(ラジオレコーダ)は売られていて……欲しかったけど、ラジオとしてはなかり高価で買えませんでした、語学学習をするわけでもないし(^◇^;)
 次善の策として使わなくなったノートパソコンの内、電気消費の少ない機種(ネットブック)を常時稼働してRadiko(インターネットラジオ)の放送を録音していました。でもRadikoって結構不安定、音が途切れたり、いつの間にか止まっていたり。予約録音した番組を聴くのを楽しみに帰宅したのに、待っていたのは無音のMP3ファイル(>_<)、なんてこともしばしば。特に今年に入ってからはこの現象が顕著になって、とても我慢できなくなりました。
 で、久々にラジオレコーダー製品を調べてみると、メーカーも増え価格も1万円台中盤に入って、そろそろ買おうかな?といった感じになってました。

 まず候補に上がったのは、パナソニック製のコレ↓

AM/FMラジオレコーダー RF-DR100-W

AM/FMラジオレコーダー RF-DR100-W
価格:12,262円(税込、送料込)

 価格が安い上にAM用のアンテナが回転式で、かつてのBCLラジオの名器クーガーシリーズを思い出します。次の候補は、ソニー製のコチラ↓
ポータブルラジオレコーダー ICZ-R51

ポータブルラジオレコーダー ICZ-R51
価格:15,600円(税込、送料込)

 AMアンテナは内蔵式に加えて外付けのループアンテナが標準で付属しています。  検討の結果選んだのはソニー製。回転式のアンテナにはかなりググっと来たけど、ソニー製は時報による時刻自動同期機能が付いている点が決め手になりました。  実際に使って見ると受信感度は良好で、同じ場所に置いてあった今までのラジオではかなりノイズが入っていたのに、コイツでは非常にクリアに聴けます。結局外付けのアンテナは使わずに済みました。  非常に満足ですが、録音したMP3ファイルをMP3プレーヤーに入れるには、SDカードを経由するか、レコーダ自体をUSBでパソコン繋がないと行けないのが面倒です。今まではパソコンで録音してたからLAN経由で可能だったので……LAN接続可能なラジオレコーダーがあったら良いのにな~

December 16, 2012

ウォークマン、その後

 我が家3台目のAndroid端末となった、ソニーウォークマン MW―F806。前回書けなかった事などをつらつらと……

 あっ、先ずはお知らせ。前回「MW―F800ではTOP Podcast(有償版)が動ごかない」とお伝えしましたが、先日アップデートが提供され正常に動作する様になりました。めでたしめでたし!

 兎にも角にもオーディオプレーヤーなので、先ずは音のお話し。音質は聴く側の素質の問題があり評価が難しい。インターネットの掲示板で酷評されているのを良く見かけるので心配していましたが……私的には及第点。もっとも、それほど耳の性能が良くないので余りあてにはなりません。
 次にもう一つ音のお話し。本体に組み込まれたノイズキャンセリング機能。こちらはイマイチな感じです。今まで使っていたソニー製のカナル型最廉価な製品と同レベルかそれ以下、という感じです。また音楽が鳴っていない時にノイズキャンセリング効果が不安定になるのとホワイトノイズが気になります。音楽を聴かない時はイイだろうといわれそうですが、ノイズキャンセリング機能だけを使いたいこともあるのです。
 音質とは関係ないけど、ケーブルの途中に電池ボックスが無いのは非常に快適!反面、ノイズキャンセリング機能を切りたい時は本体の設定画面を開かなければならず不便です。ー長ー短ありますね。できればケーブルの途中にON/OFFスイッチとモニタボタン(一時的にプレーヤーからの音を止めて外界の音を流す。駅のアナウンスなどを聞きたい時に便利)が付いた専用ヘッドフォンがあると良いのに……

 続いて操作性。これは最初から期待してません、音楽プレーヤー専用機にかなう訳ないですから……と、ここまで覚悟して買ったのに、操作性悪過ぎ。せめて再生・停止、曲送・戻くらいはハードボタンでも良ったような。
 ハードボタンはボリュームと「再生・停止、曲送・戻」を画面に出すためのボタンだけです。つまり普通のAndroid端末と同じ……Android端末だから当たり前だ(^^ゞ
 そして不思議なのが……楽曲の再生を途中で止めておき、再開すると当然止めた位置から始まる訳ですが、それが何かの拍子に特定のフォルダの特定の楽曲に変わってしまうのです。しばらく観察していたら変わる直前に「データベースの更新中です」のメッセージが……どうやらTOP Podcastでダウンロードした音声ファイルを削除した時に発生する様です。

 楽曲の転送は専用ソフトウェアがありますが、私は使ってません……名前も覚えてない。過去にリンゴさんの専用ソフトウェアをインストールしたら音声ファイルを格納していたフォルダー以下がとんでもない事になったので、以来専用ソフトウェアは使わないし、専用ソフトウェアがないと使えないプレーヤーは買わない事になってます。
 USBケーブルでPCに接続するとモバイルストレージとして認識されるので、musicフォルダの下にコピーすればOKです。
 12月初旬にアップデートが提供され、標準プレーヤーのみでプレイリストを作成できる様になりました。これは良いです。

 次にバッテリー、Android端末故に大食らいで毎日家に帰って充電しないと、翌日は確実にバッテリー切れになります。おっと前提条件が抜けていた、私の通勤時間は往復で5時間弱で、朝の出勤時はRadikoでラジオ放送を聴いています。会社に着いたとき忘れずにWiFiを停止しておかないと夕方にはかなり不安な状態となります。
 毎日充電が必要なので充電用クレードルは有った方が良いでしょう。オプションのスピーカーでもOKですが、私はサードパーティ製品


を買いました。Fシリーズ対応になっていませんがコネクタ型状は同じなので使えます(但し自己責任で……)。

 最後にこのウォークマン、私のようにAndroid端末として使う必要がある方以外にはお勧めしません。音楽を聴くだけならもっと小さくて、安くて、電池の持ちも良い機器があるでしょうから。反面、WiFiルーターなどの通信機器を持っているなら、ほとんどスマートフォンと同じような使い方が可能です。スマートフォンに比べれば値段も安いし。まぁ、後は各位の利用目的に合わせてご判断ください(^^)

November 20, 2012

Androidに子供ができちゃった!

 いや~っ我が家のAndroidの番(つが)いに子供が……
 2匹目のAndroidが我が家にやってきたのが今月の初め。なのにもう子供ができちゃいました。Android君、手が早いぞ!

 冗談はさておき m(__)m
 私のAndroidの利用目的の中でイチバン時間が長いのは、通勤時にRadikoでラジオを聴く事です。普通のラジオを使ってた頃は電車に乗るとノイズが酷かったり、地下鉄ではまったくダメ。ところがRadikoなら聞こえない場所はほとんどないですネ。Android版のRadikoアプリのバッファは最長で3分間、放送は3分遅れになるけどその分、3分間電波が途切れても大丈夫!地下鉄でも駅間が3分以内ならOKです。一度使うと止められないです。
 また最近はPodcastアプリ(Top Podcast)も使っていて、こちらはラジオ局が公開している番組(仕事中に放送されてるために聴く事ができない番組が中心)音声を聴いてます。
 使ってない頃は予想できなかったけど、ラジオフリークにとって天国のような快適さです。

 ところが快適とばかりはいえない事情も……なんせ私が使っているのは、小さいとはいえ7インチのタブレット、ポケットには入りません、カバンの中です。更にヘッドフォンはカナル型のノイズキャンセリング、クリップの付いた電池ボックスがケーブルの中間に鎮座ましましています。つまりカバン・胸ポケット・耳がケーブルで繋がる訳で、けっこう鬱陶しい。
 うっかりカバンを床に置くとヘッドフォンが抜けて大音響、なんて事態にならないようヘッドフォンが抜けると自動的に再生が止まる仕組みになっているのは気が利いているけど、鬱陶しさにかわりはないです。

 胸ポケットに収まってかつ、RadikoとPodcastが使えるデバイスはないかと……普通の人ならここでスマートフォンなんでしょうが私は、電話は電話機で掛けたいアン・スマートな人種なのでそれはありえない。
 で、思い出したのは……Androidを搭載したポータブル・オーディオ・プレーヤーがあったはず。どうせ今使ってるプレーヤーの容量が不足気味、充電池もヘタり気味なので、買い替える手はある。調べると長年利用しているCOWON製と、ソニー製が見つかりました。COWON製はアプリの追加はNGらしい(なんのためのAndroid?)けど、ソニーのウォークマン(MW-F800)はOK。

 でもね~、さすがの私でも月に2台もAndroid端末を買うのはどうも……年末の安売り合戦が始ってからでイイや~っと、思ってました。ところがヨドバシカメラを覗いたら期間限定の安売り中、コリャもう行かねばなるまいよ、と即決。そうか手の早いのはAndroid君ではなく自分だったのかσ(^_^;

 で、本日よりRadikoとTop Podcastをインストールして、通勤中のラジオライフを満喫しています。
あっ、Top Podcastには無償版(広告が表示されるだけ)と有償版がありますが、なぜか有償版はNW-F800では異常終了で使えません。せっかく有償版のライセンスを持ってるのに、無償版を使ってます。

SONY NW-F807(L)ブルー/64GBモデル

SONY NW-F807(L)ブルー/64GBモデル
価格:29,800円(税込、送料込)

 あっ、最後に……ポータブル・オーディオ・プレーヤーとはいえAndroid端末なので、ウイルス対策ソフトは必須です。プレインストールされていないので、別途購入は必要です。お忘れ無く……ってオイラも早くインストールしなかきゃ(^^ゞ

ESET Mobile Security for Android

ESET Mobile Security for Android
価格:2,600円(税込、送料別)

August 18, 2010

地デジ化計画瓦解

 先日、「我が家の地デジ化計画」を発表(^^ゞしましたが、発表したとたんに計画が瓦解しました(^_^;
 この前書かなかったけど、テレビはアナログ放送が終わっても壊れるまで使うつもりだったのに、そのテレビが不調に…この下りは「テレビが不調」(ものろ~ぉぐ)を読んでね。
 というわけで、真っ先にテレビを買い換えることとなりました。
 今まで地デジ化を見合わせていたかいあって、非常にリーズナブルに液晶テレビが買えました(待ってて良かった)。機種は↓、独り者の家には調度良い大きさ(^^)

東芝◆REGZA 32R1 [32インチ]

東芝◆REGZA 32R1 [32インチ]

価格:74,920円(税込、送料込)

 後は計画通り、東芝の新型レコーダ発売を待つのみ…と思っていたのに、テレビが高画質になると今使っているレコーダ(東芝RD-X5)で録画したアナログ放送の画質の悪さが目立つ目立つ(^_^;
 今回買ったテレビにはUSBハードディスクを接続して録画する機能があるので、取りあえず使っていない300GBのディスクを繋いでしのいでますが、容量的にイマイチ。大容量のハードディスクを買おうかと思ってふと気がついた…東芝の現行機種のRD-X9がかなり安くなってたな~と。
 調べてみるとちょっと前より更に値下がり。こりゃ、ハードディスク買うのと大差ないかも…って事で、思わずネットショップでポチしちゃいました。
 元々13万円くらいの新機種を買うはずだったので、テレビとRD-X9の両方を買ってもおつりが来ますね~

VARDIA RD-X9

VARDIA RD-X9

価格:59,400円(税込、送料込)

July 31, 2010

我が家の地デジ化計画

 地上波アナログ放送終了まで1年を切りましたが、我が家はまだまだ完全アナログ。まぁちゃんと策は考えています。
 先ずはHDDレコーダの買い換え…現在のレコーダは東芝製のRD-X5、間もなく購入から6年になります。HDDを内蔵している製品は故障する前(3~4年が目安)に買い換える事にしているけれど、東芝のHD-DVD撤退事件のために買い換えそびれ、未だにRD-X5を使い続ける羽目になってます。
 そして先日やっと、Blu-ray対応したRDシリーズが発表になりました。東芝、RD-X10などBDレコーダ「REGZAブルーレイ」 (AV Watch)
 もちろん狙いは、フラッグシップ機のRD-X10ですが、店頭予想価格を見て驚いた…なんと22万円程度、今使っているRD-X5は発売時17万円程度、現行機のRD-X9は12万円程度だったのに比べるとかなり高価!最近、ふところ都合があまり良くないし、悩むな~
 廉価版のRD-BZ800なら15万円程度(それでも高いが…)だし、発売予定もRD-X10より2ヶ月早い9月末だし、こっちでも良いかな~
 まぁ発売までまだ間があるので、ゆっくり悩みます。

January 24, 2010

東芝に失望しなくても良さそう

先日発表になった、東芝製のBlu-ray対応のVARDIAシリーズが従来の機種との互換性を切り捨てたことで、かなり失望していたのですが…その後、従来のVARDIA RDシリーズの機能を継承した新機種が発表されました。
 残念ながら、廉価版でBlu-rayは搭載されていませんが、まだ希望が残されているようです。
 しかし…今度出る廉価版(とは言え、HDDは1TBあるので実用上は問題なし)を買うか?従来機のフラッグシップ機のRD-X9を買うか???更にX10にはBlu-rayが搭載されるかも…未だに悩みはつきないのです。
DVDレコーダーVARDIA RD-E1005K 59,800円(税込)

 ところでなにを買うにしろ、購入時期はオリンピックが終わった後です。既知かも知れませんが、オリンピックやワールドカップサッカーの終わった後はこの手のAV機器は値段が下がるのです。

January 14, 2010

東芝に失望

 地上はアナログ放送が終わるまで後1年半、なのに我が家はまだ地デジ対応していません。新しもの好きの私には珍しい(^^ゞ
 テレビは2001年に買ったブラウン管の21型でまだまだ健在。地デジチューナーを搭載したHDDレコーダさえあれば、モニターとしては十分使える。大画面、高画質にはあまりこだわらない質…見れればいいのです。
 現在使用しているHDDレコーダは東芝製のRD-X5で、2004年の冬に買った物。ハードディスクを内蔵した製品(パソコンとか)は壊れる前に…だいだい3~4年で買い換える主義の私。本当ならこのRD-X5は2008年には後継機に買い換えるはずでした。
 しかし2008年の年明け間もなく「東芝、HD DVDから撤退」のニュース…それほど遠くない将来、Blu-rayドライブを搭載したHDDレコーダが出るはずと、自分の主義に反してRD-X5を延長使用してすでに5年が経過…ハードディスクから異音がしだして、そろそろヤバイ。今年はそろそろ買い換えないと…思っていた矢先に「東芝、Blu-ray搭載のHDDレコーダ発売」のうれしいニュース…
 と、喜んだのもつかの間、発表会の記事を読んだところ、

・「従来のVARDIAシリーズと同等の編集機能やネットワーク機能等は搭載していない。」(「東芝、Blu-rayレコーダ「VARDIA」3モデルを2月発売」…AV Watchより)

なのだそうです。
 なんと、それじゃあ東芝製に買い換える必然性が無いではないか…使いやすい編集機能と“ネットdeダビング”が気に入っていたので、浮気せずに待ってたに…「HD DVDの撤退」に続く、既存ユーザ切り捨てに正直言って失望状態です。

 あきらめて“ネットdeダビング”対応の最終機種であるVARDIA RD-X9の在庫がある内に買っておくか? 他メーカも含めてBlu-ray搭載の機種から選ぶか?? ハードディスクの録画が可能なテレビに買い換えるか??? 非常に悩ましい状況になってます。

 東芝 VARDIA RD-X9 119,800円(税込)

May 26, 2009

ノイズキャンセルヘッドフォン

 昨年の2月頃「続、静かな通勤時間を手に入れたい」で買った、マクセルのノイズキャンセルヘッドフォン
日立マクセル ノイズキャンセリングヘッドホン HP-NC15.OH-BK 7,980円(税込)
ですが、コンパクトさと安さが良くて買ったもののホワイトノイズが大きいのと、ケーブルが“両出し式”で“Y字型”なのが使いにくいという不満がありました。
 それでも、1年以上ガマンして使ってた訳ですが昨日、とうとうケーブルが断線してしまいました……しょっちゅう“Y字型”のケーブルに手を引っかけてたりしたせいだと思います。
 しかし、万年筆の話で書いたようにちょっと最近、金欠気味なのでしばらくは普通のヘッドフォンでガマンしようと思ったのですが、今日一日でギブアップ……一度ノイズキャンセルに慣れてしまうと、片道2時間の通勤中の騒音は耐え難かったです。
 1年前に買ったときはノイズキャンセルヘッドフォンの効果に半信半疑だったので、なるべく安いモノを選んだけれど、今回は効果はハッキリ分かっているので、多少の出費は目をつぶる事にしました。
 で、今回は、コンパクトで通勤バッグにもしまえる事、ケーブルが取り外せる(つまり音楽を聴かずにノイズキャンセルだけでも使えるという)事、単4の充電池が使える事の3点を重視して探した結果、ビクター製の
日本ビクターノイズキャンセリングヘッドホン HP-NC250 18,799円(税込)
になりました。
 まだ数時間しか使ってませんが、ホワイトノイズは先のマクセル製よりも小さいですが、音質は劣るような気がします(高いのに(; ;))。特にノイズキャンセルのスイッチを切ったときの音質は頂けません。
 もっとも私の場合は、ラジオや落語を聴くのがメインなので全く問題ありません。
 ただ、耳を完全に覆うタイプではない割には密閉感は高く、ノイズキャンセルを使わない状態でも、歩行中に使うと周りの音が聞き取りにくくチト怖いです。パッドが柔らかく耳への密着具合が良いのかも知れません(耳の形の個人差はあると思います)。
 2万円弱の価格も考えると、80点くらいかな~と思います。
 今回のモノはケーブルが外せるので、集中したいときにノイズキャンセルだけで使ってみようと思ってます……いろんな目的に使って、もとを取らないと(^^ゞ

January 24, 2009

ポータブルAVプレーヤーの顛末

 前回、DivXファイルがそのまま再生できるポータブルプレーヤーが欲しい…と書いたのですが、ちょっと正確ではなかったので補足です。
 実は特にDivXのみにこだわった訳ではありません。動画が再生できるポータブルプレーヤーはイロイロあるのですが、ほとんどの機種で付属のソフトウェアで変換した動画でないと保証しない旨の注意書きが付いています(多分)。
 私の場合、いままで任天堂のPLAY-YAN(ゲームボーイMicroやDS用の動画再生オプション)や携帯電話で動画を見てまして…それぞれの形式への変換には“TMPGEnc MovieStyle”というソフトを使っております。

ペガシス TMPGEnc MovieStyle 4,326円(税込)

 優れもののソフトで、PSPやPS3、iPod、WALKMAN、Wii、PLAY-YANなどへの変換設定が予め設定されていて、変換したい動画を自分使っている機器のアイコンの上にドロップするだけの簡単操作です。
 で、出来ればこれ以上他のソフト(プレーヤー付属の変換ソフトとか…)は、インストールしたくないので、是非“TMPGEnc MovieStyle”で変換できる機種が欲しかったのです。
 でも対応しているポータブルプレーヤーは、iPodやWALKMANなど、絶対に買いたくない機種ばかり(^^ゞ
 その中に機種に依存しない形式としてDivXがあったというわけです。で、前回あげた2機種が候補となったという訳です…長々と済みません。

Creative ZEN(8GB) 11,800円(税込)

 値段的にかなり魅力だったのですが、フル充電での動画の再生時間が5時間とちょっと短かったので止めました。

COWON S9(16G) 31,879円(税込)

 動画の再生時間が11時間と電池の持ちも十分で、なによりも格好良かったので購入ボタンを押す寸前までいったのですが、最後に決定的な欠点(私にとって)を発見…なんとストラップを着ける穴がない、電車の中で立って使うことを考えるとストラップが着けられないのはちょっと不安なので、思いとどまりました。
 で、ここまできて“TMPGEnc MovieStyle”の対応機種と変換形式をよくよく見ていて気がついたのが、PDA用としてWMV(WindowsMediaVideo)への変換が出来ること…
 あらためて対応機種を探したところ、おなじくCOWON製でiAudio D2がWMVの再生が出来ることが分かりました。ちょうど同じ職場の同僚が持っていたので“TMPGEnc MovieStyle”で変換したWMV形式のファイルを試してもらったところ、再生OK。大きさや再生時間も問題なし、もちろんストラップホールもあります(^^ゞ…なによりも、実物をさんざんいじらせてもらったので、迷いもなく即日お買い上げとなりました(^^)
 私は16GBを買いましたが、SDカードが使えるので本体の容量を節約して4GBモデルでもよいと思います。

COWON iAUDIO D2(4Gモデル) 12,800円(税込)