December 12, 2009

電子辞書、買い換えました

 私は普段から電子辞書を愛用しています。最近じゃあパソコンに辞書が入ってたり、インターネットで無料で検索できる辞書もあったりで、そんなのいらないと言う方もいますが、いつでもどこでも調べたいときにすぐ調べられる電子辞書はやっぱり便利です。
 今まで使っていたのは5年以上前に購入した、シャープ製PW-M710。広辞苑、英和、和英、漢字、カタカナ語の基本的な辞書を搭載していて、名刺入れを一回り大きくしたくらいのコンパクトさで通勤バッグに入れても嵩張らず非常に重宝していました。
 でもまぁなんと言いますか、あまりにも基本的なコンテンツしかないのでちょっと物足らない、特に英語関係が…海外の文献を読む場合に、私のつたない英語力では用例がたくさん入った辞書が是非欲しい。そんな訳で、新たな獲物の物色を開始しました。

 最初に購入を考えたのは、同じシャープ製の
SHARP PW-AC900 Brain 24,100円(税込)
です。
 コンテンツ数も申し分なく(っていうか入りすぎ)、なによりも私が多数所有しているXMDF形式の電子書籍を読む事が可能(XMDFはシャープの規格なので読めて当たり前?)なのが良いです。
 が、しかしサイズがデカイ…幅145.0×奥行108.0×高さ22.4mm、ちょうど厚めの文庫本位でしょうか…これでは毎日持ち歩きたくはありません。
 シャープ製にもコンパクトな機種はあるのですが、XMDF形式の電子書籍に対応しているのはこの大型のBRAINシリーズのみ。
 XMDF形式に対応していないのであればなにもシャープ製にこだわる必要はないので、最終的に選んだのが
SII SR-G6001M 23,593円(税込)
でした。
 大きさはPW-M710とほぼ同じで、重量はちょっと重めだけどコンパクトなのにコンテンツは大辞林、英和、和英、英英、漢和、百科事典、英文用例集、etc. と十分。
 でも一番の決め手になったのは、SII独特の機能である“PASORAMA”。簡単に説明すると、電子辞書をUSBケーブルでパソコンに繋ぐと、パソコンから電子辞書の検索ができる機能、つまり出先では電子辞書本体で、家に帰ったらパソコンで同じコンテンツが使えるという事です。
 本体ではモノクロ表示しかできない百科事典(ブリタニカ)の写真も、パソコンからはカラー表示が可能です。
 新製品の割に価格もこなれてて、買いやすかったです。

 なお私にはオーバースペックですが、英語関連のコンテンツがもっと充実している
SII SR-G7001M 31,563円(税込)
もあります。

投稿:by ハマジ [文房具大好き, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

March 28, 2009

「記憶の女神」の用い方(2)

 さて前回、もったいぶって予告したA4版、A5版、A7版のノートパッドの活用方法です。
 「ニーモシネ」を企画したマルマンの石川悟司氏の著作「ノートは表だけ使いなさい」でアイデアを組み立てていく方法として紹介されています。

ノートは表だけ使いなさい

 著者: 石川悟司
 出版社: フォレスト出版
 サイズ: 単行本
 ページ数: 194p
 発行年月: 2009年03月
 価格: 1,365円(税込)

 概要は以下の通りですが、詳細については著書を読んでくださいね。

□第1フェーズ
 気づいた事、気になった事、思いついた事などを、A7版のノートパッドにどんどんメモしていく。
 常に携帯できる必要があるためA7版が最適。

□第2フェーズ
 第1フェーズで書きためた事象について、深掘りして周辺情報などを整理する。A5版が最適。

□第3フェーズ
 第1フェーズ、第2フェーズで蓄積した情報をまとめ上げて、企画書やプレゼンテーションのとして完成させる。A4版が最適。

 最終的にはパソコンで、WordやPowerPointを使ってデジタル化する訳ですが、その直前までのフェーズでは、デジタルデータよりも紙上のアナログデータが向いていると著者は主張しています。
 この点は同感。実は私もアイデアを練るときは似たような手法を使います。ただし第3フェーズはパソコン上でマインドマップを使う事が増えました。

 この本にはこの他に、紙のメモを使った効率的な時間の管理方法など、興味深いノウハウが紹介されています。

 ところで「ニーモシネ」には、今回紹介した手法を行う専用のラインナップが用意されています(私は、RHODIAからの流れで天綴じのノートパッドを使ってますが…)ので、次回紹介します。

投稿:by ハマジ [文房具大好き, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

September 05, 2006

防災の日特集(5)

 防災の日特集ということでいろいろと紹介してきましたが、そもそも地震の際に大きなけがをしたり、命を落としてしまってはそんな備えも役に立ちません。
 最後(?)に紹介するのはこの本。
 地震発生時、直後、10分後、半日後…と時間追って生き残るためにはどうすべきかが書かれています。

投稿:by ハマジ [書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

August 31, 2006

防災の日特集(1)

 明日9月1日は防災の日です。で、タイムリーな今日の夕方の地震、震度3とそれほど強くはなかったけれど突き上げるような縦揺れで、ちょっとドキッとしました。
 地震があったからという訳ではありませんが、防災の日特集ということで、防災用品のご紹介。
 まずはその第一回。
 非常持ち出し袋に、食料、水、ファーストエイドキットなどを揃えている方も多いと思いますが、役に立つのは地震の時に家に居た場合(^^;)
 しかし我々は悲しきサラリーマン、家に居るのは1日の内の三分の一程度。それ以外は、会社か通勤途上に居るわけです。
 「いえいえ、会社にも食料は備蓄されてるから安心」…確かにそうですが、家に家族が残っていれば、一刻も早く帰宅したいと思うのが人情。
 が、しかーし。普段でも方向音痴のあなた…まして、地震で道路はずたずた、火災が発生しているかも、途中で水や食料はどうするの、など不安は尽きません。
 そんな時のために是非、職場に備えておきたいのが「震災時帰宅支援マップ」。
 昭文社の「首都圏版」を皮切りに、いろんな地区が揃ってきました。
 この機会に是非一冊。私は会社の机の引き出しに入れてあります。

投稿:by ハマジ [旅行・地域, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

January 12, 2005

Nikon D70向け参考書

 Nikon D70の操作性は非常に良く、Nikon製の一眼レフ(フィルムも含めて)を使ったことがある方ならほとんど戸惑うことなく使いこなせると思います。
 しかし、初めて一眼レフを買う方や、フィルムの一眼レフは長年使ってきたけど、デジカメは初めてという方は、ちょっと敷居が高いと感じることもあるでしょう。
 付属の操作マニュアルを良く読めばいいのですが、どうもマニュアルと言うのは読みにくいですね。そんな時、これらの本が参考になると思います。また、安くなったとはいえ10万円を超える買い物なので、購入するか慎重に検討したい方にもお勧めです。
 D70を買うかどうかの検討中の方は「完全ガイド」、初心者の方(特にデジカメが初めての方)は「スタートブック」がお勧めです。もちろん全て買ってもOK。

Nikon D70 完全ガイドImpress mook 2,100円(税込)

Nikon D70スタートブック―撮影からプリントまでD70の使い方をイチから教えますImpress mook―DCM mook 1,400円(税込)

Nikon D70徹底使いこなし本Impress mook―DCM mook 1,800円(税込)

投稿:by ハマジ [写真とカメラのお話, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

December 15, 2004

ハリー・ポッター携帯版

 昨年に続いてベストセラーになっている「ハリー・ポッター」ですが、実はまだ読んでません。
 私の主義として「本はなるべく電子化された物をPDAで読む」なので、ハードカバーなんてとんでもないのです。
 とは言え、これだけ話題になってるのに読まないのも…と思ってたら、新書判が出てたんですね。新書判なら買ってもイイかな~
 ハードカバーは重くてヤダな~と常々思っているあなたもいかがですか?

ハリー・ポッターと賢者の石携帯版 ( 著者: J.K.ローリング / 松岡佑子 | 出版社: 静山社 )
ハリー・ポッターと賢者の石携帯版 ( 著者: J.K.ローリング / 松岡佑子 | 出版社: 静山社 )


ハリー・ポッターと秘密の部屋携帯版 ( 著者: J.K.ローリング / 松岡佑子 | 出版社: 静山社 )


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人携帯版 ( 著者: J.K.ローリング / 松岡佑子 | 出版社: 静山社 )


投稿:by ハマジ [書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック