« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

今日のキーワード…“大晦日”

 落語のまくらに「元日や今年もあるぞ“大晦日”」というのがありまして、まぁ落語のことですから、もしやホントは今年はないんじゃないかと思っていましたが(^^ゞ ありました。“大晦日”ですから、本来であれば今年1年を振り返って、とか書くところですが…今年は公私ともにロクなことがなかったので、振り返るのは止めまして、くだらないことを書いているわけであります。
 やっと年賀状書きも終わったし、掃除も終わった(事にしたの)で、後は最近たまってしまったビデオを観ながら、紅白歌合戦の時間を待ちたいと思います。
 ということで、今日のキーワードは“大晦日”です。皆様、良いお年をお迎え下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

今日のキーワード…“不定時法”

 今日は冬至です。「夜が一番長い日」と良く言いますが、これは間違い。「暗い時間が一番長い日」が正しいと思う。
 江戸時代までは確かに「夜が一番長い日」だった。日没が暮れ六、日出が明け六でその間が夜だったからです。こういう時刻制度を“不定時法”といいます。
 ところが現代では、日出の1時間近く前に6時の目覚ましが鳴りやがる。あっ、6時というのは一般的な家庭の場合で、我が家では5時に鳴ります、どうでもいいことだけど。つまり、明るかろうが暗かろうが、決まった時間に夜は始まり、そして終わるのです。
 なんとなく江戸時代の方が人間の生理には合っていたような…寒い冬は体力消耗が激しいので、活動時間も短くする。うん、素晴らしい。
 でもコレはあまりに不便。夏と冬で勤務時間を変えないと行けないし(短い方に統一する、という手もあるか?)、毎日変わるラッシュ時間帯に合わせて、電車のダイヤも頻繁に変えないと行けない。そりゃ、大変だは…生理的には合理的でも、社会的には合理的じゃない、って事です、多分(^^ゞ
 個人的には、早く“不定時法”で生活できる身分になりたいと思う、今日この頃です。
 ってことで、今日のキーワードは“不定時法”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

今日のキーワード…“懐炉”

 寒くなったので今日から腰に“懐炉”を入れました。温かい(^^)
 でも本当なら、腰ではなく背中を温めたいのです。このところ、肩から背中にかけてガチガチに凝ってて、すごく痛いのだ(>_<) この年の瀬に、歳のせいかね~(^^;)
 背中を温める、で思い出した。子供の頃、喘息がひどくて…背中を温めるのが良い、と何処からからか聞いてきた母が、背中に“懐炉”を入れるポケットのついたベスト(当時はチョッキか?)を作ってくれ、けっこう暖かい時期(なぜか暖かい時期の方が発作が起きやすかった)に着ていたものです。なぜ、ポケットが必要か…当時は今みたいに使い捨ての貼り付ける「カイロ」なんて無く、ベンジンを入れる“懐炉”だったからです。
 あっ、そうか今もベンジンの“懐炉”を使っているので背中は温め難いんだけど、使い捨ての貼り付ける「カイロ」を使えば良いのか(^^ゞ ゴミになるのであまり使いたくなかったけど、背に腰はかえ…じゃない、背に腹は代えられないので帰りに買って帰ることにしよう。スーツの背中にポケットをつけようかと真剣に悩んでたんだけど(^^;)
 ということで今日のキーワードは「カイロ」ではなく、ベンジンをいれる“懐炉”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

今日のキーワード…“赤穂浪士”

 本日12月14日は“赤穂浪士”の討ち入り記念日です。日本人は、どうしてこんなにも“赤穂浪士”が好きなんでしょう?
 冷静に考えれば…世間知らずの赤穂の殿様が、根回しもしないで事を運ぼうとして吉良さんから冷たくされ、それを逆恨みして斬りつけ、城中で抜刀した罪で切腹。するとその家来が、喧嘩両成敗などという江戸時代初期までしか通用しない理屈を持ち出して(そもそも喧嘩じゃないし)、またまた吉良さんを逆恨みして、寄って集って殺害。
 本来なら踏んだり蹴ったりの吉良さんに同情が集まりそうですが、なぜか憎まれ役。人気が出たのは“赤穂浪士”の方。なんせ300年経った今でも年末になるとテレビや芝居で、彼らの活躍を観て応援しちゃうんだから…私も日本人だから、好きでつい見ちゃうんだけどネ(^^ゞ
 ということで、今日のキーワードは“赤穂浪士”です、おのおの方。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

今日のキーワード…“担々麺”

 昨日たまたまTwitterで「坦々麺」とつぶやいたら、@tantanmenbotなる者に“担々麺”だよ~、と指摘された。
 どっちでもイイじゃん、と思ったけど調べてみると、そもそも“担々麺”の由来は天秤棒で担いで売り歩いたから、らしいので「担」が正しいようです。「坦」の方は、平らという意味なので「坦々麺」は別の食べ物になってしいそう?
 う~ん、ウチのAndroid君の日本語入力システムFSKARENでは、「坦々麺」にしか変換できません(T^T)…つぶやく度に@tantanmenbotから突っ込まれる羽目になりそうです。そんなにつぶやかないから、いいけど(^^ゞ
 と、いうことで今日のキーワードは「担」の方が正しいらしい“担々麺”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

今日のキーワード…“師走”

 今日から12月、“師走”です。 “師走”の「師」は先生ではなく僧侶、平たく言えばお坊さんですね。年末にお坊さんが走り回るイメージはあまりないですね、私には…お寺の煤払いと大晦日の除夜の鐘くらいしか年末とお坊さんが結び付かないけれど、昔はもっと走り回っていたのかもしれません。
 もっとも最近では、お坊さんはスクーターってイメージが既に古くって、高級外車で移動…だから、ホントは今でも走り回っているのに目立たないだけかもしれません。
 ってことで、しばらくお休みしちゃった今日のキーワードは “師走”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »