« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月19日 (火)

今日のキーワード…“ポイントカード”

 帰えり道に新しいスーパーができました。以前、近所にあったスーパーが撤退して以来、会社帰りに買物するにはまわり道しないといけなかったので、非常に助かりますますです。で、さっそく“ポイントカード”を作ったけれど、そのカードがかなり残念でした。
 “ポイントカード”には、貯まったポイントの利用方法と有効期限にいくつかのパターンがあります。

 ポイントの使い方では……
(1) 1ポイント単位で使える
(2) 500ポイント等一定のポイント単位で使える
(3) ー定のポイントが貯まると商品券と交換(これは(2)の変形ですね)

 有効期限では……
(a) 最後に買い物した日から一定の期間(1年とか)
(b) 一定期間に付加されたポイント毎に特定の日まで
  例えば2013年1年間に付加されたポイントは2014年末まで有効とか
(C) 付加したポイント毎に有効期限があるもの
  例えば2013年3月19日に付加されたポイントは翌年同日(または同月末)まで有効とか

 で、今回作った“ポイントカード”は、(2)の500ポイント単位で(C)の1年間。更に料率は1%、つまり5万円買うと500円分のポイントが使えます、と言う事。ところが1年間の購入総額が5万円に満たないと、最初の方のポイントから消えて行くわけで……もしも同じ頻度で同じ金額の買物をしていると(普通そうはならないけど)、いつまでたってもポイントが使えない(>_<)
 果たして私は、このスーパーで年間5万円以上の買物をするのでしょうか? なるべく他で買わない様にしなきゃ! と、すっかり術策にハマっているのです(^^;)
 ハマりながら、今日のキーワードは“ポイントカード”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

現在、居酒屋難民中

 相模大野に住み始めて10年目、2回目の居酒屋難民になってます(>_<)
 独りでお酒を飲む時は、気心が知れた馴染みの店にしか行かない私。結果的に新しいお店の開拓が疎かになり、馴染みのお店が突然お休みになると飲みに行く所がない、つまり難民状態になります。
 前回の難民状態は長かった……相模大野に引っ越して1年くらい経ってやっと見つけた焼き鳥屋さんと中華屋さん。4年位通った頃、再開発の立ち退きで2軒とも閉店。場所を移して営業継続するお店が多いのに何故か私の行きつけだけ……
 それから1年近くかかって開拓したお店が……もっとも今回は、2週間の期限付き。今回も原因は再開発。立ち退きで仮店舗営業だったのが、このほど完成するbono相模大野のフードモールに晴れて返り咲く準備のための休業です。
 ならイイじゃん、と安心しもいられない。行きつけのお店を開拓するのに長期間を要する理由は……独りで飲む時は読書に没頭することが多いので、なるべく放っておいてほしい、でも全く構ってもらえないのもイヤ。絶妙なバランスが要求されるのです。で、おそらく相模大野で一番賑やかになるであろう場所に移転して居心地悪くならないかな~と、心配です。
 もし居心地悪くなったら、難民期間が長くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

今日のキーワード…“文房具屋”

D2013030201 “文房具屋”さん、大好きです。
 定番として使っていて製品名やら型番がハッキリしている物は通販で購入することが多いけど……こんな感じな物無いかな~、と捜し物をするときはやっぱ“文房具屋”の店頭に行かないとね。
 通販サイトで捜し物ができない訳じゃないけど、店頭にはかなわないし現物見ないで買うとハズレをつかむ可能性も高いです。反面、店頭で見てるとツイ余計な物を買ってしまったり(^^ゞ 一長一短ですね~
 “文房具屋”さんはお店毎に品揃えが異なるので、普段行かないお店にふらっと入るのも楽しいです。昨日も映画の待ち時間にふらっと寄った“文房具屋”さんで、余計な物(写真)を……あっ、余計かどうかはまだ分かりませんけど……
 A6サイズのノートまたはメモパッドが2冊入るカバー、写真に写ってるボールペンとブロックロディア#13は既存の物です。
 そういえばこのロディア#13用に、通販サイトで探して買ったカバーは大ハズレでした。今回買ったカバーの6倍近い価格だったのに……合成皮革が硬くてメモするために開くのも一苦労、無理に開いて使っていたら表面にひび割れができる始末。これで迷いなくゴミ箱行きにできました(^^ゞ

 話が長くなったけど、今日のキーワードは“文房具屋”です。

 あっ、新しいカバーの使い勝手はその内に「ダイバーズ・の~ぉと」の方で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »