« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月19日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第6回(鶴巻温泉-相模大野 25km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第6回目。今回は、

・第八番札所 妙法山 星谷寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その4」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 前回のゴール、鶴巻温泉駅を8時にスタート、国道246号線をひたすら東へ。幹線道路故の騒音はともかく、4月中旬を過ぎているのに冷たい東風……つまり向かい風には閉口しました。
 目的地のちょっと手前、下今泉でやっと246とはオサラバ。近くにはお気に入りの造り酒屋があるんだけど、今日はお預け。

■第八番札所 妙法山 星谷寺
 実はこのお寺、私の散歩コースの一つです。特に紅葉時期には境内の銀杏が見事で、毎年見にいってます。今はまだ若葉が芽吹いたところだけど……
 御本尊は聖観世音菩薩です。

 今回のゴールは相模大野の自宅です。なぜ自宅? 実は次の第九番札所は、70kmも離れた埼玉県比企郡……自宅スタートなら何時に出発しても良いので、できれば一気にたどり着きたい、と画策しています。

Bando08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

糖質セイゲニストの大敵は歯痛だった(後編)

 昨日は長い前振り(^^ゞで終わってしまったけど、今日こそ核心、歯痛の話です。

 先週の日曜日、自宅で夕食を摂っているとき、右奥の歯に違和感が……インレー(歯の詰め物です)が取れた、しかも飲み込んでしまった(>_<)ようです。明日、歯医者さんを探さねば……今まで職場の近くのデンタルクリニックにかかっていたけど、昨年5月に職場が引っ越してから、まだ次の歯科を探してないのだ。
 月曜日は会社を早退して歯科探し……職場近くにはなさそうなので、自宅近所で直ぐに治療してもらえるところを見つけました。インレーは飲み込んでしまったので、型取りして作り直すのに1週間待ち。痛みはないし、仮詰めもしてもらったので特に不自由はないです。

 ところが翌日火曜日の夕方、治療中とは反対側の歯に突然激しい痛みが……治療中の右側が使えないので、左側だけでミックスナッツをポリポリやってた報いか? そんな弱い子に育てた覚えはないんだけど、奥歯君。とにかく、舌で歯の表面を触っただけで神経に響くようにビリビリ痛い(>_<) もちろん食べ物を噛むことも不可、痛くて。

 さて、困ったのは食事。糖質セイゲニストになる前ならこんな時、うどんとかお粥とか、いくらでも食べる物があるんだけど……歯を使わないで摂れるタンパク質ってなんだろう? 牛乳、生卵ぐらいしか思いつかない。職場で生卵飲むのもな~、いくら変り者の烙印を押されているオイラでもできない(^^ゞ
 木曜日の朝には前編の冒頭に書いたように、脚はふらふら、目はぼんやりの状態で、とうとう仕事に出られず。1日中ダウン(>_<) こりゃダメだ、糖質セイゲニスト生活を一時中断するか? と思い始めたころ、救いの神が……歯を使わずにタンパク質と脂質が摂取できて、更に持ち歩くことができる食材を発見。
 それはクリームチーズ。これは良い。おかげで低エネルギー状態を脱して、なんとか生きてます(^^ゞ 歯の痛みは相変わらずだけど……

 てなわけで、糖質セイゲニストを続けるには、歯のお手入れは欠かせませんな~ というお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

糖質セイゲニストの大敵は歯痛だった(前編)

 歯が痛くて何も食べられない、脚がふらつく、目がかすむ(>o<)

 なんで、こんな事に……話せば長くなりますが、まずはそもそも「糖質セイゲニスト」ってなに? というお話から……
 小生、今年2月中旬から「糖質制限ダイエット」を実施中です。これまでも「夕食は炭水化物を食べない」「炭水化物は一日一食だけ」「一日二食制」など様々な方法で、一時83㎏(身長は164cmです)程になり、医者からは「長生きできないよ」と脅かされていた体重を5年程かけて68kg辺りまで減らしました。
 その後数年間、横ばい状態だったのに、ここ半年でじわじわと増加して70kg代返り咲きになってしまいました。週に2食以内と決めた、大好きな立食いの天ぷら蕎麦が我慢できずに毎日になったり、飲んだ後の甘い物が我慢できなかったり、恐らくは巷でいう「ストレス食い」ではないかと……
 このまま放置すると体重は直ぐに増えてしまう、貯金はちっとも増えないのに(^◇^;)
 別に長生きはしなくてもイイけど、大好きな登山で膝の負担が増えるのは困る。下山時に膝にかかる負担は、一歩毎に体重の2倍とも5倍ともいわれ、1kg増えれば5kgの負担増、それが何千回、何万回と繰り返されれば、歳とともに軟骨がすり減っている膝はあっという間に悲鳴を上げてしまいます。体重は1kgでも軽い方がいいのです。
 そんなとき出会ったのが、この本……

 「糖質を食べなくても、身体に必要な糖分はタンパク質と脂肪を原料にして体内で作れる」「糖質を食べるほどお腹が減る」「糖質には中毒性がある」など、いわゆる世間の常識とは反する事がたくさん書かれています。
 が、今までの体重コントロールの中で「一日の摂取カロリーの6割を糖質で摂るべき」や「一日三食食べないとダメ」といった定説に、なんとな~く疑問を感じていた私には、もの凄く納得できる内容でした。
 納得したらさっそく実践。かくして糖質セイゲニストの道を歩むことになったのです。本の内容を参考にして決めた我が食事メニューは……

朝食:牛乳+青汁、コンビニのサラダ(蒸し鶏やゆでぶた入ったヤツ)
昼食:なし、口寂しいときは無塩のミックスナッツをポリポリ
夜食:時間があれば自宅で厚揚げ焼きや野菜炒め、外食の場合は“すき家”で牛丼ライト(ご飯の代りに豆腐とキャベツが入ってる)または、居酒屋で枝豆、焼き鳥、サラダ、焼き魚、串カツ等々(毎回、これ全部食べるって意味じゃないよ)

 考えてみると、全部酒のつまみだな~(^◇^;) 因みに、お酒も糖質を含まない蒸留酒の比率を増やしています。
 体重は1ヶ月強で3kg減と、かつて5年がかりで15kg減らしたのと比べるとかなりのハイペースです。ちょうど4月上旬に人間ドックがあるので、健康に悪影響が出ていないかの確認をしようと思ってます。

 ホントに長くなった。ということで、続きは次回m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »