« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

飯豊山行記

 今年も恒例、飯豊登山に行ってまいりました。今年で連続3回、通算4回目です。過去3回は川入口からのアクセスでしたが、昨年夏の豪雨で道路が崩落し通行止め。仕方がないので、今年は弥平四郎登山口に初挑戦。
 もう一つ例年と違うのは、2日目に飯豊本山小屋には泊まらずに、切合小屋2泊にしたこと。この時期、本山小屋は水場が使えない(まだ雪の下)ため、いつも切合小屋から担ぎ上げてたけど、今回はその苦労はなしです。

■6月27日(金)
D2014062901 弥平四郎登山口の駐車場を7時40分に出発。駐車場にはトイレがなく、用足しは25分ほど歩いた祓川山荘で済ませます。まあ男性には余り関係ないけど……今回は男女比1:2のパーティーなので(^^)
 弥平四郎登山口は飯豊登山の中では一番楽なコースといわれていますが……確かに例年の川入口の「長坂」よりも楽な気がします。でもコチラも「新長坂ルート」と呼ばれています……どっちに転んでも長いってことか??
 途中の疣岩からは飯豊連峰の全景を望むことができます。雪渓の残るこの時期の山並みはひじょうに美しいのです。さらにオマケで、オコジョの巣穴を発見! 警戒心がないのか、好奇心が強いのか? 巣穴から顔を出して、コチラを見つめている所をパチリ(写真)。望遠レンズを持って来なかったこと(代わりにビールが1本増えた)を、ちょっと後悔。
 疣岩から三国岳を経て種蒔山までは鎖場、岩場が多少あるものの快適な稜線歩きです。そして本日の最難所……種蒔山から切合小屋まではこの時期、かなりの雪が残っています。しかも急な下り。
 2年前は気を抜いたために滑落して、半袖シャツを着ていたため肘を大々的に擦りむいて痛い思いをしました。幸い下は笹藪で、落ちても危険は無いのですが……
 今年は初めて4本爪の軽アイゼンを持参しました。これで安心、と思いきや……今年も見事に(?)滑落。表面が柔らかくなった雪、ましてや横を向かなければ下れないような斜面には、4本爪はあまり意味が無いらしい。こんな事なら、その分のスペースにビールを……切りがない(^^ゞ

 まぁとにかく無事に切合小屋に到着。明るい内から宴会に突入、暗くなる前にはシュラフにもぐり込んで明日に備えました。

■6月28日(土)
D2014062902 昨夜早く寝たので、4時過ぎには起床。朝食をゆっくり済ませて、6時に出発、飯豊山頂を目指します。天気は霧のち霧、時々雨。
 朝一番は切合小屋から草履塚まで、約40分の雪渓登りだけど、荷物は昼食と水、雨具だけで楽チン。
 この辺りから高山植物が咲き乱れ、目を楽しませてくれます。しばし散歩モードに切り替えて、撮影会。いつもは花の背景に、残雪の残る飯豊山系の山並みを入れるんだけど、今日は霧のせいでそれはかなわず。さらに例年とは花の咲き方も違うような……そのお陰で、初めて見たムシトリスミレの花(写真)。
 再び登山モードに戻って御前坂、飯豊本山小屋へ。今日は荷物が軽いので楽勝! と、思いきやなんか脚が重い。トシかな~(^^ゞ
 本山小屋を経て山頂へ。天気は相変わらずで、視界もほとんど無し。何時もなら御西くらいまで足を伸ばして、またまた花の撮影会(お目当ては、ハクサンコザクラ)なんどけど……今日は天気が悪いので中止。引き返すことにしました。
 切合小屋に戻ったのは12時30分、午後丸ごと暇になってしまった。暇になったら飲むしかない(^^ゞ って事で、今日も明るい内から宴会!!

■6月29日(日)
 昨夕から降り出した雨は夜半から強まり、小屋の屋根をたたく音で目が覚める。4時前に起き出し、朝食と荷物の整理。今日は一日中雨の中を歩くことになりそうなので、防水対策の再チェック。
 山開き前、小屋のトイレは一つしか使えないためトイレ渋滞で、歩き出しは5時30分。
 雨の日はひたすら、もくもくと歩くしかない、なんとなく口数も少なくなります。三国岳に7時10分に到着し、しばしトイレ休憩。
 三国岳を出発し、疣岩への登りにかかった頃、突然雨雲が切れ青空になりました。飯豊連峰の美しい姿(写真)もお出まし、別れの挨拶ができました。「また来年、来るからね!」
 ところが疣岩を下り始めた頃から、またまた雲が湧き始め土砂降りに逆戻り、まったく変な天気です。
 11時25分に無事下山、今回の山行は終了です。
D2014062903

※花の写真は「2014年6月27日~29日 飯豊の花々」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

今日のキーワード…“弥平四郎”

 今年も恒例、飯豊登山の季節がやってきました(^^) 今日午後から移動して、明朝から登り始めます。
 ところが、なななんと……何時も利用している、川入側登山口へ向かう道路が昨年の豪雨で流されて、通行止め。地元の方のご苦労はいかばかりか、と思いますが我々も困る。
 で、今回はちょっと遠回りして“弥平四郎”登山口から登ることになりました。登山口から疣岩を経由して三国岳でいつものコースに合流予定。疣岩からは天気さえ良ければ飯豊の全景が見渡せる(らしい)ので、ひじょうに楽しみ。
 楽しみといえば、この時期の飯豊は、たっぷり残っている残雪を背景に咲き乱れる高山植物も魅力です。ハクサンイチゲ、オヤマノエンド、ヨツバシオガマ、ミネウスユキソウ、ヒメサユリ、チングルマ、等々……果たして、今年はどんな花達に出会えるだろうか??
 と言うわけで、今日のキーワードは“弥平四郎”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

小田急脱線

D2014061901 小田急線で脱線事故が発生しました。列車を相模大野の車庫からホームに出す際の事故で、乗客は乗っておらず、乗務員にも怪我がなかったのが不幸中の幸いです。
 なんといっても地元の事故だし、場合によっては明日の通勤にも支障がでるので、様子を見てきました。
 当初の復旧予定は23時でしたが、22時ちょっと前でこんな感じ。沢山の作業員の方が復旧作業にあたっていますが、かなり難航している様子です。
 明朝の通勤・通学にも影響が出るかもしれません。明日は早めに起きて、状況を確認した方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第8回(明覚-北本 33km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第8回目。今回は、

・第十番札所 巌殿山 正法寺
・第十一番札所 岩殿山 安楽寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その6」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 早朝から横浜線、八高線を乗り継いで、スタート地点の明覚駅へ。前回、徒歩で16時間もかかった行程は、列車利用ならたったの2時間です(^◇^;)

 明覚駅から十番札所のある物見山へは田園地帯を通り、そしてJaxaの地球観測センターを横目に見つつ県民の森を通り抜けます。ちょっと誤算だったのは、コンビニと自動販売機がほとんど無いこと……暑いのに、水分補給もままなりません。

■第十番札所 巌殿山 正法寺
 正法寺は物見山の向かいにある岩殿山東端に位置しており、718年に岩山をくり抜いた岩窟に、千手観音を安置したのが由来とされています。今でも岩壁の下にたくさんの石仏が安置されています。
 御本尊は千手観世音菩薩です。
 仁王門からまっすぐに伸びる500m余の参道両側の家々の前には、地元有志の手でかつて使われていた屋号を示す立て札が立てられ、往時の賑わいが忍ばれます。

 正法寺から次の安楽寺へは約12kmの道のり、正法寺の方(奥様?)から「近いですから」と言われたけど、炎天下の12kmは決して近くはないです。

■第十一番札所 岩殿山 安楽寺
 岩殿山 安楽寺は吉見観音とも呼ばれています。吉見といえば、近くにある古墳時代後期の横穴墓群、吉見百穴の方が有名かもしれません。
 境内にそびえる三重塔が、かつて関東で有数なお寺であったことを思わせます。
 御本尊は聖観世音菩薩です。

 境内を掃除されていたお爺さんと、しばらくお話をさせていただきました。「日本中の名士と血縁で繋がれている」と仰られ、もしや観音様の化身? と、思ったけど……その割りには話がちょっと下品でした(^^ゞ

 お詣りの後は、次回の岩槻観音に少しでも近付くべく、再び炎天下を歩いて高崎線の北本駅に向かいました。

 で、ここからは完全に余談。北本駅に向かう途中、荒川を渡ります。大きな看板に「川幅日本一 約2,537メートル」の文字が……この辺りの荒川の幅はせいぜい数十メートルのはず??
 どうやら国土交通省の取り決めで、川幅とは堤防間の距離を指すのだそうです。う~ん??

Bando10

Bando11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

今日のキーワード…“五月雨”

 梅雨入りして1週間。なんとなく降り方が「梅雨」的ではないような?? 昔は「雷が鳴ると梅雨が明ける」と言われてたけど、梅雨入り直後から鳴りっぱなしだし……
 「さみだれ式」という言葉がありますが、辞書によれば「断続的にだらだら続く事のたとえ」だそうです。この「さみだれ」とは“五月雨”、つまり梅雨の事です……陰暦の5月ね。
 そう、やっぱり梅雨のイメージは「ダラダラ降る」なのだ。
 後10年もすると「さみだれ式」の意味が、「断続的に激しく続く事のたとえ」に変っているかもしれません。
 ってことで、今日のキーワードは“五月雨”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »