« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第9回(北本-春日部 26km) | トップページ | 大腸検査も糖質セイゲニストの大敵だった! »

2014年7月19日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第10回(春日部-三越前 38km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第10回目。今回は、

・第十三番札所 金龍山 浅草寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その8」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 前回のゴール地点、春日部駅を7時30分に出発、約33キロ先の浅草浅草寺を目指します。道は国道4号線、日光街道です。幹線道路歩きは単調で退屈だけど、私は結構好き、ラジオが道連れです。
 天気は曇り、ちょっと湿度は高いけど、それ程暑くなく歩きやすいです。でも、夕方からはゲリラ雷雨の可能性があるとかで、降り出す前になんとか浅草までたどり着きたい。
 荒川を渡る千住新橋周辺では、花火大会があるらしく、焼きそばやお好み焼きの屋台が準備中。大雨で中止にならないことを祈ってます(どうやら予定通り開催されたようです)。
 千住大橋を渡り江戸御府内に入った頃から、空は真っ黒で雨もポツポツ。急いで一番近い二天門から境内に入りました。

■第十三番札所 金龍山 浅草寺
 浅草寺は東京都で唯一の坂東三十三観音札所。江戸期以降、現在に至るまで観光地の代表格です。でも、坂東三十三観音霊場ができた鎌倉時代には、おそらくそれ程でもなかったのでしょう、だから十三番? 「江戸自慢十三番がこのくらい」という江戸時代の川柳もあり、浅草寺が一番札所ではない事への江戸っ子の不満が感じられます(^◇^;)
 御本尊は聖観世音菩薩です。もっとも秘仏ゆえ、誰も見たことがないのでした。

 境内から仲見世を通り雷門をくぐった頃から、雨は徐々に大粒に……でも次回のためにもう少し前進したい。空とにらめっこしながら歩いて、三越前で地下鉄に乗りました。その後、相当酷く降ったようで……ラッキーでした。

Bando13

|

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第9回(北本-春日部 26km) | トップページ | 大腸検査も糖質セイゲニストの大敵だった! »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/60014575

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第10回(春日部-三越前 38km):

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第9回(北本-春日部 26km) | トップページ | 大腸検査も糖質セイゲニストの大敵だった! »