« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月29日 (火)

今日のキーワード…“鰻”

 「本日丑の日」と書いて、蒲焼き屋さんの店頭に貼り出すことを平賀源内さんが提案して以来、今日は一年中で一番“鰻”が売れる日です。ところが今年は、ヨーロッパウナギに続いて、とうとうニホンウナギが絶滅危惧種に指定されてしまい、“鰻”好きには先行きの暗い丑の日になりそうです。
 かくいう私も“鰻”好きです……いえ、でした。最近はなぜか、あまり“鰻”に食指が動きません。
 というのも子供の頃、“鰻”が食べられるのは、ほぼ年に一度、夏土用の時期だけの大御馳走だったのに、最近はスーパーに行けば一年中手に入る。なんか有り難みがありません。
 大御馳走といえば、お寿司も同様ですね~。年に何度か、お客様が家に来たとき出前をとって、そのお余りくらいしか食べる機会が無かったのに、今や街中至る所でグルグルと回っております。
 話が脱線した“鰻”の話です。“鰻”は未だ完全養殖ができず、天然の稚魚(シラスウナギ)を捕ってきて育てないといけません。一年中いつでも店頭に並ぶほどの、量を確保する(しかも、その全てが胃袋に収まるわけじゃないでしょ)となると……そりゃ、絶滅も危惧されます。
 そろそろ考え方を変えないと、ホントに“鰻”が食べられない日がやってくるかもしれません。
 ってことで、私は食べないけど……今日のキーワードは“鰻”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

大腸検査も糖質セイゲニストの大敵だった!

 以前、歯痛で堅い物が食べられないと、糖質セイゲニストは非常に苦労する。と、書きました。

糖質セイゲニストの大敵は歯痛だった(前編)
糖質セイゲニストの大敵は歯痛だった(後編)

 が、大腸の内視鏡検査も強大な敵でした。
 おっと、その前に「歯痛」の後日談。牛乳、生卵、クリームチーズでしばらく生き延びていたら、たまたま直後にあった健康診断の血液検査の結果が、酷いことになってました……悪玉コレステロール値が、3倍増量セールで、現在経過観察中(>o<)

 で、同じ健康診断で、大腸が要精密検査となり、昨日、大腸内視鏡検査を受けてきました。検査そのものは何の問題も無く、無罪放免となったのですが、問題は検査前の食事制限。
 大腸内視鏡検査を受けた事のある方はご存じのとおり、先ず腸の洗浄薬を大量に飲んで、腸を空っぽにする必要があります。その効率を良くするために、数日前から消化の良い物だけを食べないといけません。
 私が行った病院の場合、3日前から食べてはいけない食物として……

・挽肉以外の肉類
・白身以外の魚
・海草類
・キノコ類
・種ごと食べる野菜、果物
・繊維の多い野菜(少ない野菜って有るのか?)
・豆類(ビールの友、枝豆もNG)
・ナッツ類

等々、普段の食事で主に摂ってる物は全てダメ(^^ゞ 更に前日になると、お粥、うどん、食パン以外はNG(>o<)、とますます厳しくなります。
 毎食糖質を摂るのは、別に辛くないです。普段、抑え気味の血糖値が一気に上がるのは快感(?)ですから。問題はその後……久々に血糖値が一気に上がる快感を味わってしまった身体を、再び糖質制限体質に戻せるか??
 う~ん、糖質の禁断症状は結構辛いのです。これに負けると、一気に体重リバウンド!! に、なりかねないので頑張らねば……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第10回(春日部-三越前 38km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第10回目。今回は、

・第十三番札所 金龍山 浅草寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その8」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 前回のゴール地点、春日部駅を7時30分に出発、約33キロ先の浅草浅草寺を目指します。道は国道4号線、日光街道です。幹線道路歩きは単調で退屈だけど、私は結構好き、ラジオが道連れです。
 天気は曇り、ちょっと湿度は高いけど、それ程暑くなく歩きやすいです。でも、夕方からはゲリラ雷雨の可能性があるとかで、降り出す前になんとか浅草までたどり着きたい。
 荒川を渡る千住新橋周辺では、花火大会があるらしく、焼きそばやお好み焼きの屋台が準備中。大雨で中止にならないことを祈ってます(どうやら予定通り開催されたようです)。
 千住大橋を渡り江戸御府内に入った頃から、空は真っ黒で雨もポツポツ。急いで一番近い二天門から境内に入りました。

■第十三番札所 金龍山 浅草寺
 浅草寺は東京都で唯一の坂東三十三観音札所。江戸期以降、現在に至るまで観光地の代表格です。でも、坂東三十三観音霊場ができた鎌倉時代には、おそらくそれ程でもなかったのでしょう、だから十三番? 「江戸自慢十三番がこのくらい」という江戸時代の川柳もあり、浅草寺が一番札所ではない事への江戸っ子の不満が感じられます(^◇^;)
 御本尊は聖観世音菩薩です。もっとも秘仏ゆえ、誰も見たことがないのでした。

 境内から仲見世を通り雷門をくぐった頃から、雨は徐々に大粒に……でも次回のためにもう少し前進したい。空とにらめっこしながら歩いて、三越前で地下鉄に乗りました。その後、相当酷く降ったようで……ラッキーでした。

Bando13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第9回(北本-春日部 26km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第9回目。今回は、

・第十二番札所 華林山 慈恩寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その7」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 天気予報は、曇り時々雨。でも実際は……小雨時々大雨、風が弱かったのが不幸中の幸いです。北本駅を出発、蓮田駅を経由して目的地の慈恩寺へ向かいました。

■第十二番札所 華林山 慈恩寺
 慈恩寺は住宅と農地の中にありますが、古い山門を入ると広い境内が広がっています。時期ははずれていますが立派な藤棚があり、花の時期はさぞ……
 御本尊は十一面観世音菩薩です。
 このお寺には西遊記で有名な玄奘三蔵の分骨を納めた玄奘塔があります。境内とは別の場所にあるのでご注意を……

 この後、春日部駅まで約1時間歩いて、短めだけど今回の旅は終了です。神奈川、埼玉と北上してきたのに次回は、いきなり東京の浅草寺……そう浅草の観音様です。その後が横浜の光明寺で、更にその後が高崎。なんか効率が悪いけど、番号順に巡ると決めたので仕方ありません。

Bando12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »