« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第13回(相模大野-新座 38km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(2) 靴が! »

2014年9月20日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第14回(新座-籠原 50km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第14回目。本来の予定では21日(日)に新座をスタート、熊谷周辺で一泊し北高崎まで向かうつもりでしたが……熊谷周辺のビジネスホテルにほとんど空きがない。観光地というわけでもないのになぜ? と、思って調べたら、この(飛び石)連休に「日本スポーツマスターズ2014埼玉大会」が開催されるそうです。当日飛び込みでの宿泊は難しそう、この旅の性格上、事前予約はできない(中止や途中撤退もあり得るので)し……と、悩んでいるとき台風16号が発生。台風の影響が少ない内にと1日繰り上げ、行程も日帰りとなりました。
D2014092001 始発電車で新座まで移動し、スタートは6時30分。川越街道(国道254号線)をひたすら北上。天気は曇りだけど、雨の心配はなさそうです。しかし、気温が低い。先週と同じ半袖Tシャツでは寒過ぎ。薄手のウィンドブレーカーを着て……一日中その格好で調度良かったです。後で聞いたら10月中旬の陽気だとか、1週間の落差が大きくて参ります。
 川越街道はところどころ歩道の整備が悪くて、歩きにくかったです。雑草が生い茂って、藪漕ぎしないといけなかったり。この時期の山での藪漕ぎは、子熊を連れた母熊と出会い頭に出くわすことがあってスリル満点ですが、歩道での藪漕ぎは、突然暴走自転車が飛び出してくるのです(^◇^;) どっちが危ないかな???

D2014092002 途中、この旅始まって以来初めて、椅子に座って昼食。普段は“歩き飯”が基本なのになぜ? 疲れたからではなく、以前なにかのラジオ番組にゲスト出演したフリーライターの北尾トロさんが「山田うどんは埼玉のソウルフードだ!」と言われていたのを思いだし、せっかく埼玉県を縦断するんだから食べてみよう、と初体験。最近はやたらと腰の強いうどんがもてはやされていますが、私はこういう柔らかいうどんも好き。

D2014092003 うどん屋さんを出て、靴を履き直している時に気が付いた。ソールが剥がれかかっている! まだ1年ちょっとしか使ってないんだけど……この歩き旅でこれまで約500キロ、酷使したからか?? 幸いにも爪先、踵はシッカリ着いているので、まだしばらくは持ちそう。でもそろそろ代りを用意しないと……結願までに何足の靴を履き潰す事になるかな~?
 道は東松山の手前で国道407号線へ。この辺りは6月、第十番、十一番を巡った時、西から東に通過しましたが、今回は南から北へ。毎度の事ながら札所の順番に疑問を感じる(^◇^;)
 荒川を渡って、本来ならば一泊するはずだった熊谷へ。次回、スタート前の移動時間が長くなることを考え、もう少し頑張って籠原まで進み16時30分にゴール。次回はいよいよ群馬県に入ります。

|

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第13回(相模大野-新座 38km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(2) 靴が! »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/60349451

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第14回(新座-籠原 50km):

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第13回(相模大野-新座 38km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(2) 靴が! »