« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月22日 (月)

今日のキーワード…“朔旦冬至”

 今日は冬至でしかも“朔旦冬至”です。なんだそれ?
 簡単に言えば、旧暦の11月1日が冬至と重なる日です。
 旧暦は月の満ち欠けの周期を1ヶ月としているため、1年は新暦より約11日短くなります。なので来年の冬至は、旧暦の11月12日。
 そのままほっとくと、いつの間にか冬至なのに3月! みたいなことになって都合が悪いので、冬至が11月から飛び出さない様、数年に一度、閏月(1年13ヶ月)を設けます。今年も閏9月がありましたよね。
 で、旧暦11月の中をウロウロしている冬至が、再び11月1日に戻ってくるのは19年後。つまり19年周期の最初の日が今日“朔旦冬至”です。

 ってことで、今日のキーワードは“朔旦冬至”です。果たして次の“朔旦冬至”には生きてるかな~? てな事を考える年にになってしまったσ(^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

年賀状のタブー、って知ってました?

 私、既に半世紀以上生きてますが、自らの非常識さに愕然としました。
 一体何? 年賀状のタブーのお話です。やらかしてるタブーがかなりありました。

(1)「去年」は使わず「昨年」「旧年」を使う
 「去る」は縁起が悪い。

(2)目上の方に1文字、2文字の賀詞は失礼
 「寿」「賀正」「迎春」とかはダメなのね。

(3)「新年 あけまして……」は変!
 「あけまして」は「年があけた」を意味するので、ダブルミーニング。

(4)英語の時、先頭に“A”は付けない
 挨拶の先頭に冠詞はいらない。“A good morning”とは言わないのと同じ(らしい)。

(5)句読点は使わない
 おめでたい事は長く続いた方が良いので、区切らない。“モーニング娘。”はどうするんだろう(^^;)

 さて、皆さんはいくつ知ってました? 私は恥ずかしながら、(1)しか知らなかったです、いい年してσ(^_^;
 で、これだけだと、ただのコピペ記事になってしまうので、ちょっとだけ身体を動かしました。コンビニ系2社、カメラ屋さん、年賀状め総本山から年賀状印刷のパンフレットをもらってきて、確認。

 (1)は、さすがにどこもなし。まぁ私でも知ってるくらいなので当然です。

 (2)は、目上の方に送らなければ良いので、当然全てのパンフレットにあり。でも、送る相手に合わせてデザイン変えてます??

 (3)もないだろうと思っていたら、ありました。カメラ屋さんのパンフレットで、某有名マンガ家さんがデザインした中に、1点だけ。

 (4)も、また(3)と同じマンガ家さんのデザインに数点。それから“I wish you a happy new year.”の表記は、他のパンフレットにもいくつかありました。。これは文章なので文法上、冠詞を付けるのが正解だそうです。が、これって正確には年が明ける前に言う言葉ですよね?? まぁ年賀状を送る習慣の無い国の言葉ですから、なんとも……

 (5)は、カメラ屋さんのパンフレットに10点弱有りました。また、コンビニ系の1社で、有名人が書いたメッセージをそのまま送る、という企画の中で何点か……

 一番は優秀だったのは、郵便局ですね~さすが年賀状の総本山(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »