« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(5) 健康について……実は | トップページ | 今日のキーワード…“ブックバンド” »

2015年3月 7日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第22回(宇都宮-益子 31km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第22回目。今回は、

・第二十番札所 獨鈷山 西明寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その14」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 番外編に書いた様な理由で2ヶ月近く休んでしまったけど、無事(?)に再開です。

D2015030701 先ずは前回のゴール地点、宇都宮まで列車移動。新宿から湘南新宿ラインを使うのが楽だけど、早い時刻の便がない。埼京線で赤羽に出て宇都宮線乗り換えが効率的だけど、ちょっと遠回りて上野で駅弁を調達し、ゆっくり朝食を摂りながら移動する事に……普通(快速)列車のグリーン車は、なるべく長く乗った方が、お得感が高いのだ(-_-;)

 8時18分、宇都宮に到着。駅を出ると「餃子」のカンバンや幟が目に飛び込んできたけど……今回は、餃子とビール! って訳には行かないのである。天気は曇りのはずが、霧雨。しかも気温がかなり低い。薄着で来てしまった事を後悔しつつ、ウインドブレーカーを羽織る。

 ところで、この歩き旅、セブンイレブン様他、各コンビニエンスストア様より全面協力を頂いております。って、勝手にトイレを借りてるだけ(もちろん、買物もしてますよ~)だが……今日の様に寒い日はことさらトイレが近くなるので助かります(軽犯罪法違反防止ネ)m(__)m

 途中、雨脚が強くなったので陸橋の下で雨を避けつつ、ウインドブレーカー(ズボンの方)をはいたり、ザックカバーをかけたり、雨仕度。本格的に降ったのは1時間程度だったので、助かりました。
 13時半過ぎに益子駅に到着。でも目的地の西明寺は、さらに3kmちょっと先。雨は止んだけど、お日様は見えず……気温も下がったみたい。益子の街を抜け田園へと景色は変わり、そして、西明寺のある高館山への登り坂(舗装はされてるけど)。14時半頃、西明寺に着いた時には寒さのせいもあり、かなりへタバってました。

■第二十番札所 獨鈷山 西明寺
 元々の寺号は「益子寺」でしたが、北条時頼が「西明寺」に改めたそうです。
 御本尊は、十一面観世音菩薩です。拝観料300円を払えば、本堂内陣まで入ることができます。
 境内には美しい姿の三重塔、閻魔堂などがあります。特に閻魔堂の笑い閻魔は珍しいです。こちらは拝観料はいらない様です。
 悪天のため参拝者はほとんどおらず、ひっそりとした境内で、ゆっくりとお参りができました。あんな事があった直後なので、歩いてお参りができる有り難さが、いつも以上に身にしみるのでした、合掌。

D2015030702 お参りの後は、益子焼の共販センターに寄ってコーヒーカップでも……と目論んでいたけど、寒くて断念。益子駅から真岡鐵道で帰路に着きました。
 ところで真岡鐵道では休日にー往復、SL(C12)を運行しています。私が益子駅に着いた時には、既に通過した後でしたが、下館に向う途中、ディーゼル機関車で後ろ向きに回送されているのとすれ違いました。お客さん乗ってたので、回送とはいえ営業運転なのね。商魂逞しいな~

Bando20


|

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(5) 健康について……実は | トップページ | 今日のキーワード…“ブックバンド” »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/61282917

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第22回(宇都宮-益子 31km):

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(5) 健康について……実は | トップページ | 今日のキーワード…“ブックバンド” »