« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月19日 (木)

今日のキーワード…“ブックバンド”

 ラジオで“ブックバンド”の話題を聴いて、高校時代を思い出した。現在(いま)、50歳前後の方なら記憶に有りますよね? 教科書やノートを十文字に束ねて持ち歩くためのベルトです。最近(いや、かなり前から)、使ってる人を見かけ無いけど……
 どういう経緯でいつ頃から流行って、いつ頃廃れていつたのか、定かでないけれど……私は一本持ってました。文房具好きはその頃から変わらないのだ。
 学校で使っている人を見てカッコいいな~と……今、考えると、そいつはただの勉強しない奴だよね。まともに勉強してたら“ブックバンド”で持ち歩ける程度の荷物で済むはずがない。

 実際に買ったのは高校3年の夏休み、予備校の夏期講習に通うためだったかな?? 夏期講習なら1日の科目も少ないし、なんとかなるんじゃないかと……
 でも使ったのは1回だけ。夏だから薄着でポケットが少なく、当時から鼻炎だった私には、ティッシュを入れるところないと……
 しかもカッコ良さを求めて“ブックバンド”を使っても、高校卒業まで丸坊主だった(野球部にいたとかではなく、親の方針です)ので、果たしてカッコ良かったかどうか(^^ゞ 30年以上前の記憶です。

 って事で、今日のキーワードは“ブックバンド”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第22回(宇都宮-益子 31km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第22回目。今回は、

・第二十番札所 獨鈷山 西明寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その14」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 番外編に書いた様な理由で2ヶ月近く休んでしまったけど、無事(?)に再開です。

D2015030701 先ずは前回のゴール地点、宇都宮まで列車移動。新宿から湘南新宿ラインを使うのが楽だけど、早い時刻の便がない。埼京線で赤羽に出て宇都宮線乗り換えが効率的だけど、ちょっと遠回りて上野で駅弁を調達し、ゆっくり朝食を摂りながら移動する事に……普通(快速)列車のグリーン車は、なるべく長く乗った方が、お得感が高いのだ(-_-;)

 8時18分、宇都宮に到着。駅を出ると「餃子」のカンバンや幟が目に飛び込んできたけど……今回は、餃子とビール! って訳には行かないのである。天気は曇りのはずが、霧雨。しかも気温がかなり低い。薄着で来てしまった事を後悔しつつ、ウインドブレーカーを羽織る。

 ところで、この歩き旅、セブンイレブン様他、各コンビニエンスストア様より全面協力を頂いております。って、勝手にトイレを借りてるだけ(もちろん、買物もしてますよ~)だが……今日の様に寒い日はことさらトイレが近くなるので助かります(軽犯罪法違反防止ネ)m(__)m

 途中、雨脚が強くなったので陸橋の下で雨を避けつつ、ウインドブレーカー(ズボンの方)をはいたり、ザックカバーをかけたり、雨仕度。本格的に降ったのは1時間程度だったので、助かりました。
 13時半過ぎに益子駅に到着。でも目的地の西明寺は、さらに3kmちょっと先。雨は止んだけど、お日様は見えず……気温も下がったみたい。益子の街を抜け田園へと景色は変わり、そして、西明寺のある高館山への登り坂(舗装はされてるけど)。14時半頃、西明寺に着いた時には寒さのせいもあり、かなりへタバってました。

■第二十番札所 獨鈷山 西明寺
 元々の寺号は「益子寺」でしたが、北条時頼が「西明寺」に改めたそうです。
 御本尊は、十一面観世音菩薩です。拝観料300円を払えば、本堂内陣まで入ることができます。
 境内には美しい姿の三重塔、閻魔堂などがあります。特に閻魔堂の笑い閻魔は珍しいです。こちらは拝観料はいらない様です。
 悪天のため参拝者はほとんどおらず、ひっそりとした境内で、ゆっくりとお参りができました。あんな事があった直後なので、歩いてお参りができる有り難さが、いつも以上に身にしみるのでした、合掌。

D2015030702 お参りの後は、益子焼の共販センターに寄ってコーヒーカップでも……と目論んでいたけど、寒くて断念。益子駅から真岡鐵道で帰路に着きました。
 ところで真岡鐵道では休日にー往復、SL(C12)を運行しています。私が益子駅に着いた時には、既に通過した後でしたが、下館に向う途中、ディーゼル機関車で後ろ向きに回送されているのとすれ違いました。お客さん乗ってたので、回送とはいえ営業運転なのね。商魂逞しいな~

Bando20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(5) 健康について……実は

 突然ですが、2月中旬に狭心症の手術を受けました。

 話せば長くなりますが……書いても長くなります。お暇な方はお付き合いください。
 事の起こりは昨年11月初旬(正確に何時からかは覚えてない)。通勤で家から駅まで歩いている時、胸に今まで感じた事のない種類の痛みを感じたのです。スキーで転倒して胸を強打した事が何度かあり、肋骨辺りがシクシクと痛む事は日常茶飯事だったけど……今度のは何か違う!? 首筋から胸が引き攣る様な感じ。
 痛むのはごく短時間だし、そもそも登山やこの「歩き旅」の時には痛みが出ないので、肩こりが酷くなったかな? 程度に思ってました。
 心臓疾患で首や肩に痛みが出る事がある、という知識はあったので定期通院の際、主治医に相談したところ、「狭心症とかなら、もっと激しく痛いらしいですよ」とのこと。でも、念のため負荷心電図検査を受けたら怪しい波形があるって事で、専門病院で精密検査を受ける事になりました。
 精密検査は、まず造影剤を使ったCT撮影。これは日帰りでOK。それでも疑いが晴れなかった(というより、益々狭心症の疑いか濃くなった)ため、日を改めて心臓冠動脈までカテーテルを入れて検査をする事に……
 検査では手首の動脈からカテーテルを挿入するため、止血のため入院が必要。検査だけなら1泊、狭心症の治療を行った場合は2泊のお泊まり。「検査と治療を別日程で行う事もできますよ~」と言われたけど……なんせ短気なもので、一回で済ませる事にしました。

 入院当日は、朝9時に病院入り。検査+治療は午前中に終るはずだったけど、救急搬送された患者さんが優先される様で、午後まで待たされる事になりました。まぁ、それ程切迫した状況じゃないって事ね > σ(^_^;
 始まってしまえば早いもので……検査に10分。検査画像を見ながら治療法の説明に5分弱。治療及び後始末(止血とか)に25分。これでおしまい。歯の治療より簡単だったような(^^ゞ
 あっ、治療まで必要だったって事は……そう、「教科書に載せたいくらい典型的な狭心症」だそうで、ステントによる処置を行いました。まさか、この歳になって教科書に載るとは……そういう事ではない(-_-#)
 執刀(刃物は一切使ってないが)してくださった先生には「もう痛みは出ません。退院後の運動制限もありません」と、太鼓判を押して頂いたものの……やっぱり心配なので、しばらく様子見。
 で、お陰様で特に問題無いようなので、そろそろ巡礼旅も再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »