« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第24回(常陸大宮-常陸大子 33km) | トップページ | Let's Go!丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー »

2015年4月30日 (木)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第25回(常陸大子-常陸大子 48km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第25回目。今回は坂東三十三観音の最難所(らしい)、

・第二十一番札所 八溝山 日輪寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その15」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 日輪寺の最寄り駅(といっても20km強ある)は水郡線、下野宮駅。でも水郡線は常陸大宮、常陸大子を過ぎる毎に運行本数が減っていくのです。水戸始発の列車を利用すると常陸大子には、7時45分に着けますが、次の駅だというのに下野宮だと9時12分になってしまいます。そんな訳で前々回は常陸大宮を、前回は常陸大子をゴールにしたのです。巡礼の行程を決めるためには、GoogleマップとJR時刻表が欠かせないのです。
 常陸大子から日輪寺にお参りして下野宮までは45kmの行程。どこかで前泊しないと日帰りは無理です。って事で水戸に前泊することにしました。常陸大子よりも宿の選択肢が多く、食料や水の調達も楽な水戸の方が良い、との判断です。
 ところでGoogleマップによれば、常陸大子駅から八溝山まで行く途中、コンビニの類が一軒もありません。何時もならコンビニで食料や水分を適宜調達することで荷物を軽くしてますが、今回は1日分の食料と水を全て持たないといけません。もっとも食料は、歩きながら食べるため、全てシリアルバーなので、それほど重くはありません。暑くなりそうなので水は、2Lのハイドレーションに満タンと、予備に1Lを持つことにしました。

D2015043001 朝6時前にホテルを出立、駅前のコンビニで朝食を購入し、6時20分発常陸大子行きに乗り込みました。朝食を早々に済ませて、しばしウトウト。日射しが暖かく気持ちが良いです。
 定刻通り7時45分に常陸大子に到着。列車の中で身支度は済ませてあるので、早々に出発。なんせ今日は長丁場、時間はなるべく節約したいのだ。
 歩き出して直ぐに「八溝山遙拝所」という看板が……ここから拝んで参拝したことにしてしまえば、楽だ。って、それだと前回書いた「八溝知らずの偽坂東」になってしまうので、素通り(^^)
 道の両側は、田んぼ、リンゴ畑、田んぼ、リンゴ畑、時々民家、といった感じ。景色に変化がないので眠くなります。これじゃコンビニ無いのも納得。

D2015043002 しばらく歩くと、いよいよ八溝山への登りが始まります。従来からの参道(登山道)も有るようですがGoogleマップには出てこないので今回は、昨年開通した(らしい)ばかりの県道248号線を使いました。 想像以上の急登で、日光いろは坂より辛い。さすがは三十三観音いち番の難所。更に初夏の日射しに追い打ちされ、ヘトヘト。日輪寺に至る分岐の看板を見たときには、正直ホッとしました。

■第二十一番札所 八溝山 日輪寺
 茨城・栃木・福島の三県にまたがる八溝山脈の主峰、標高1,022mの八溝山。山頂から200m程下った辺りに日輪寺はあります。もともと山岳信仰の霊地で、役ノ行者の開基とされています。
 御本尊は、十一面観世音菩薩です。
 「八溝」の由来はいろいろと伝わっているようですが、日本武尊が東征の折「この先は、闇ぞ」と言われたとの説が、洒落が効いてて面白いです。
 境内には湧き水が引かれていて(山頂直下の八溝湧水群から引いたものか?)、暑さで疲れ切った身体も生き返りました。

 お寺前の駐車場では参拝客に混じって、八溝山山頂を目指す登山客にも出会いました。山頂はここから距離にして600m。でも私は山頂には向かわずに、登ってきた道を引き返します。山頂に寄っていると、今日中に家に帰り着かないのだ(^^ゞ

D2015043003 帰路について大失敗に気が付いた。行動食のシリアルバー、チェストバッグに入れた分は食べてしまったので、ザックの背面ポケットから変わりを取り出してビックリ! この暑さでドロドロになっとる。今までこんなことなかったのに……よくよく考えると、去年の暑い時期は市街地歩きが多く、何時でもコンビニで買えるので、予備の食料を持ち歩く必要がなかったんだ(^^ゞ
 どんな形になっても食べてしまえば同じ、と思ったけどパッケージにへばり付いたチョコレートは、歯でしごいてもなかなか取れず、半分くらいしか摂取できませんでした。他に食べる物を持ち合わせてなかったので、駅に着くまでは今流行のファスティング(断食ね)となりました。普段から少食なので、なんとか……

 下野宮へ向かう道と、常陸大子へ向かう道の分岐点で時計を見ると、どちらに行っても同じ列車に間に合いそう。ならば次回の便を考慮して、3km程距離は長くなるけど常陸大子に戻ることにしました。
 空腹のためか、いつもより強い疲労を感じながらも、予定通りに常陸大子駅に到着。早々に腹ごしらえを済ませ、水戸からの特急「ときわ92号」のキップも入手して水郡線に……これで今回の旅も無事終了! と思ったけど、甘かった(>_<)

 列車が水戸に近付いた頃「常磐線が人身事故で運休している」との車内アナウンス。更に乗るはずだった「ときわ92号」の運休が決まったらしい。
 特急のホームに行ってみると、1時間前に出発するはずの「ときわ90号」が止まってました。車掌さんを見つけて聞いてみると「窓口で特急券の振り替え手続きをしている内(窓口は大行列)に発車してしまうかもしれないので、取りあえず空席に座っててください」とのこと。常磐線の特急車両は席上のランプで、予約済みか空席かが分かるようになっているので、こういう時に便利ですネ。
 結局、40分程経って「ときわ90号」としては1時間40分遅れで発車。途中、更に遅れたものの、なんとか自宅のある相模大野まで辿り着くことができました。日付は変わってしまったが(^^ゞ

Bando21


|

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第24回(常陸大宮-常陸大子 33km) | トップページ | Let's Go!丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/61527758

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第25回(常陸大子-常陸大子 48km):

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第24回(常陸大宮-常陸大子 33km) | トップページ | Let's Go!丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー »