« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第28回(常陸太田-友部 40km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第30回(岩瀬-筑波山神社 24km) »

2015年9月 5日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第29回(友部-岩瀬 36km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第29回目。今回は、

・第二十三番札所 佐白山 正福寺
・第二十四番札所 雨引山 楽法寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その17」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 今回のスタートは常磐線の友部。友部に停まる一番早い特急は上野7時30分発の特急ときわ31号だけど、1時間(正確には59分)前に出る各駅停車勝田行きの方が20分早く着くのです。わずか20分のために1時間の早出。今日は札所を2ヶ寺巡る予定なので、たとえ20分でも無駄にできないのです。
 定刻通り8時13分に友部に到着、先ずは笠間を目指します。笠間といえば伝統工芸品の指定を受けた、笠間焼が有名。道路沿いには、窯元やギャラーがたくさん。予約がなくても、ロクロ引きや手びねりの体験ができるそうですが、時間的な余裕がなく残念。
 2時間弱で正福寺へ。Googleマップの経路検索の通りに歩いたら、裏山の笠間つつじ園の方に誘導されてしまいました。徒歩モードで使うとたまにこういう事があります(辛うじて道があったので良い方)。仕方なく裏口から失礼しま~す。

■第二十三番札所 佐白山 正福寺
 明治の廃仏運動で佐白山頂にあった観音堂他の堂宇は全て破壊され、昭和になって山麓に再建されたのが現在の観音堂(本堂)です。
 御本尊は、十一面千手観世音菩薩で、鎌倉時代初期の作。廃仏運動の時には他のお寺に移され難を逃れていたそうです。
 裏から境内に入って気が付いたのは、梵鐘の無い鐘楼。ご住職に伺ったところ以前は笠間市の時の鐘を預かって撞いていたが、時の鐘では煩悩を払うことができないので、市にお返ししたとのこと。
 もう一つ気になっていたことが……私が持っている坂東三十三観音の公式の案内書では寺号が「観世音寺」となっていること。これまた伺ったところ、先代のご住職が改宗し、寺号も変えていたものを代替わりとともに元に戻した、とのことです。
 こちらのお寺では御朱印を頂くたとき、ご住職が延命十句観音経を唱えながら手渡してくれます。なんとなく有り難い。

D2015090501 正福寺を後に次の札所へ……の前に、笠間といえば日本三大稲荷の一つ(らしい)笠間稲荷。ここまで来て素通りするのもな~、ってことでちょっとだけ寄り道、お稲荷さんにご挨拶。ちょうど昼食時だったので、名物いなり寿司でも、と思ったけど、やっぱり時間が惜しいのでお預け。
 おいなりさん(もちろん、お寿司の方)に後ろ髪を引かれつつ、国道50号を西進。国道50号は昨年の秋、前橋から出流方面へ向かう際に歩いているので、なんとなく懐かしい。関東の北の果てから帰ってきたぞ~、感があります。

 雨引観音こと楽法寺は、雨引山の南側中腹に位置します。水戸線の岩瀬で国道50号と分かれて、雨引山の西側を南下します。またまたGoogleマップで経路検索すると、雨引山の北側から山頂を通った方が、約3km近いらしいけど、道路というよりハイキングコースの様だったので止めました。
 やっと「雨引観音左折 2km」の看板。左手を見ると山の中腹に、お寺がかすかに見えます。更に進むと「徒歩の方は直進が近道」の看板が……素直に直進すると、S字に登っていく車道を縫うように、苔むした石段が続きます。そろそろ交換しようと思っていた靴は、底がツルツル、アッパーはふにゃふにゃで歩きにくい。でも「近道」は正しかったようで、あっという間に山門の前に到着できました。御朱印を頂けるのは17時までなので、行程の後半に札所があるときは何時も、間に合うか不安で、ついセカセカと歩いてしまうので……予定していた16時よりも30分程早く着きました。こんなことなら、おいなりさん食べれば良かった(^◇^;)

■第二十四番札所 雨引山 楽法寺
D2015090502 薬医門をくぐって、145段の「厄除けの石段」を登ると仁王門。さらに50段ほど階段を上ると本堂です。
 中国(梁)の帰化僧、楽法居士(法輪独守居士)により587年に開基されたこのお寺は、名前の通り雨乞いの寺として有名です。
 御本尊は、延命観世音菩薩で、楽法居士と共に渡来したとされています。
 観音堂の他、多宝塔、奥の院などがある広い境内は、お参り後に散歩する家族連れが目立ちました。境内からの眺めは素晴らしく、これから目指す筑波山を望むことができました。

 お参りを済ませ、岩瀬駅まで引き返して本日のゴール。水戸線で小山に出て、久しぶりの湘南新宿ラインで帰途につきました。

Bando23

Bando24

|

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第28回(常陸太田-友部 40km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第30回(岩瀬-筑波山神社 24km) »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19685/62258281

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第29回(友部-岩瀬 36km):

« 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第28回(常陸太田-友部 40km) | トップページ | 坂東三十三観音巡礼歩き旅 第30回(岩瀬-筑波山神社 24km) »