« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月26日 (木)

マイナンバーカードと住基カードの悩ましい関係

 「マイナンバー届いた?」「まだ、そっちは?」が朝の挨拶代わりになってる今日この頃。でもマイナンバーってイッタイなに使えるの?? マイナンバーカード(正確には個人番号カード)が身分証明書に使えるらしいが、身分証明なら運転免許証がある。というか以前、住基カード(もちろん写真付)を身分証明書として提示して「???」な顔をされたことが何度もあって、持ち歩くのを止めてしまった……マイナンバーカードは大丈夫?

 後は確定申告をe-Taxで行う際に必要な、公的個人認証サービスの電子証明書。と、ここで疑問が……今まで使っていた住基カードに入った証明書との関係はどうなるの? 来年の確定申告ではどっちが使えるの? ってこと。で、調べてみました。

 その前に基本的な事のおさらい。今、届いたの届かないのと騒いでいるのは「通知カード」。これはただの印刷物で、なんの機能もありません。通知カードと一緒に届く申請書を使って申請することで、個人番号カードを入手することができます。申請方法はイロイロあるけれど、ここでは割愛。私は証明写真機で写真の撮影と一緒に申請できるサービスがあるので利用するつもりです。

マイナンバー個人番号カードの交付申請は、証明写真機「Ki-Re-i」で!

 で本題、まず住基カードど個人番号カードの関係。
 マイナンバー制度の開始にともない住基カードの発行は12月22日に終了します。但し発行済みの住基カードは有効期限まで有効。有効期限はカードが10年、カード内の電子証明書が3年です。なお個人番号カードができあがって役場等で受け取る際、住基カードは返却することになっています。
 ってことで、来年の確定申告にどっちのカードを使えば良いか悩む必要はなくなりました。申告までに個人番号カードが間に合えば個人番号カードで、間に合わなければ住基カードで申告すれば良いわけです。

 あ~スッキリした。と思ったらそうでもない、実は我が住基カードの電子証明書、既に期限が切れてるんです。今年の確定申告期間直前が期限だったけど、今年は申告の必要がなかったので更新しなかったのだ(^_^;
 もし個人番号カードの発行が遅れて(通知カード発送遅れの状況をみるに可能性大)確定申告に間に合わないと、e-Taxでの申告はあきらめないといけません。
 e-Taxのために住基カードに電子証明書を登録した方は多いと思うので、確定申告の直前に有効期限を迎える方も多いはず。

 12月22日までは住基カードへの電子証明書登録(更新)が可能なので、念のため登録(更新)しておくのが安全か? 500円の手数料を払って……500円が惜しいわけではないけど、登録(更新)に行くためには仕事を休まなければならず、悩ましいですね。

 高市総務大臣は「年内に届けば支障はない」と仰ってますが、多少はあるのよ(-.-#)

 来年は医療費の申告だけなので、脱税にはならないから申告しない、って手もあるな~(^_^;
 12月22日までまだ余裕があるので、もう少し悩みます。

【参考】個人番号カードと住基カードとの関係 (総務省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »