« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月30日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第39回(木更津-上総牛久 30km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第39回目。今回は、

・第三十番札所 平野山 高蔵寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その23」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 今日のスタート地点は木更津。前回、木更津からの帰りにアクアラインを通る高速バスを使ったら快適だったので、今日もアクアライン経由。調べたところ色々な場所から木更津行きのバスが出てますが、新宿バスタ6時10分発が一番良さそう。いつものように4時53分に相模大野を発って、新宿から総武線を使うよりも早く木更津に着けます。
D2016073001 あっそうそう、高速バスを使う理由がもう一つ。今日は土用の丑、鰻大好きなんだけど糖質制限を始めてからは丼物はなかなか食べられません。でも今日は沢山歩くので糖質解禁(^o^) 鰻重を食べるなら高速バスの方が……って訳です。
 とはいえ、こんな朝早くから鰻屋さんは開いていないので目指すはコンビニ弁当。が、早朝なのでコンビニ弁当も品薄(>_<) 3軒目で無事ゲットできました。一緒にビールもって訳にはいかないので、お茶を買ってバスタ新宿へ。

 高速バスはよく利用するけれど、バスタ新宿から乗るのは初体験です(^^) バスタ新宿は4階が発車ロビーです。広いので自分の乗るバスが何番乗り場から発車するのか予め調べておく方が安心です、特に時間に余裕が無いときは……
 木更津行きのバスに乗り込み鰻弁当を食べている間に、バスは山手トンネル(首都高中央環状線)て……山手トンネルも初体験。その後「渋滞のため湾岸線へ迂回します」のアナウンスがあったけど……ペーパードライバーの私にはチンプンカンプン(..;) ちょっとウトウトして気が付くと、東京湾の上を走ってました。
 木更津には15分遅れで到着。夏休みかつ梅雨明け後最初の週末のため(?)渋滞していたようです。結局、到着時刻は列車利用と変わらなかったけど、なんたって鰻弁当のアドバンテージがあるからね~

 7時40分に歩き出し。既にジリジリ照りつける夏の日射し、でも前回の蒸し蒸し状態よりも気持ちが良いです。道は県道23号線、歩道が広くて歩きやすい……県道も侮れません。目指す第三十番札所の山号は「平野山」、“平野”なのか“山”なのかハッキリしろよと思ったら、かなりの“山”でした、ずっと登り(^◇^;)


■第三十番札所 平野山 高蔵寺
 木更津市を見下ろす高台にある高蔵寺の創立は、用明天皇の代とされていますが詳細は不明なようです。徳儀上人がこの地で修行中、山中で老翁から託された観音像を祀ったといわれています。
 現在の御本尊は正観世音菩薩。楠を一木彫した約3.6mの像で、頭部に徳儀上人が祀った観音像が納められています。
 観音堂は1526年、藤原時重が再建したもので高床式です。88本の栂の柱で支えられた床下には「観音浄土巡り」が設けられており、18禁の展示物があったりと“秘宝館”のイメージが強いです。ただ床下から本堂に安置された御本尊を見上げる事ができ、それだけでも拝観料300円の価値は十分あります。
※納経所で御朱印をお願いすると「観音浄土巡り」の割引券がもらえます。先に御朱印を頂いた方がお得です、30円だけど(^^ゞ

 「観音浄土巡り」から出てくると、受付のお姉さんが私の格好(タイツに短パン)に興味を持ったようで、話しかけてきました。そのままお姉さんの仕事仲間達としばし雑談。今日は上総牛久駅まで歩くと行ったら「牛久からだと笠森観音も近いんだから、今日お参りしないと勿体ない」と何度も勧められました。
 近いと行っても上総牛久駅~笠森観音(次の札所)は往復15km、歩くと3時間強かかるのです。結局、車生活中心の方々との距離感の差を埋めることはできませんでした。

D2016073002 高蔵寺を後に、今度は県道33号線を北上。正午になり日射しは益々強く、空には積雲が目立ちます。ウェザーニュースの情報によれば、ゲリラ雷雨の可能性は低いらしいので一安心。
 小櫃川を渡ると道は“房総横断道路”と名前のついた国道409号線に変わります。ご大層な名前の割には狭くて、歩道の整備も悪くて歩きにくい……いつものことだけど。東に進むにつれ峠道の様相、歩道は無くなっちゃいました(>_<) 近くにサーキット場があるためか(?) インを攻めてくる車が多いので気が抜けません。てかさ~、そういう走りはサーキット場でやってよネ~、歩いてる奴だって居る……普通は居ないのか(^◇^;)
 暑い中、ヒヤヒヤしながらも無事に上総牛久に到着、小湊鉄道で帰路につきました。そういえば小湊鉄道に乗るのも初体験、今日は初体験祭りだね~

Bando30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のキーワード……“土用の丑の日”

 なんかこのタイトル久しぶり(..;)
 今日は“土用の丑の日”です。私も久しぶりに鰻重食べました、コンビニのだけど……いや最近のコンビニ鰻重は侮れません、値段も味も(^◇^;)

 鰻重の話は置いていて……今日は朝から度々ラジオで“土用の丑の日”に鰻を食べるようになった由来を説明してました。何回聞いたことか? 「暑いので売り上げの落ちた鰻屋さんから相談を受けた平賀源内が、店頭に『本日“土用の丑の日”』の貼り紙をすることを提案した」って奴です。
 でもこれでは、貼り紙だけで鰻が売れた理由が分かりませんネ。当時“土用の丑の日”には「う」の付く物を食べる習慣があり、だからこそ鰻屋さんの店頭で「本日“土用の丑の日”」の貼り紙を見た人が「おっ、鰻を食べるか!」となるわけです。
 これを知らないと“土用の丑の日”の由来を聞いてもピントきません。ん、今でも“土用の丑の日”に「う」の付く物を食べるって、一般的なの?
 って事で今日のキーワードは“土用の丑の日”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第38回(千葉-木更津 38km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第38回目。今回は、

・第二十九番札所 海上山 千葉寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その22」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 いつもの4時53分発の準急で相模大野を出発。新宿で総武線に乗換え、スタート地点の千葉には6時52分に到着。千葉駅は現在、建て替え工事の真っ最中、予定した出口にたどり着けずに適当な改札口を出てしまったら……どっちに向かって歩き出すのか、分からなくなってしまった(^◇^;)
 とにかく千葉モノレールの県庁前駅方面に行けば良いことは分かってるので、適当に線路下を歩いていたら、前から来たモノレールの行き先表示が「県庁前」。おっ、やっと正しい方向が分かった……真逆じゃん(..;)
 スタート早々に躓いたものの後は順調(?)に、8時前に千葉寺に到着。御朱印が頂けるのは8時からなので、境内でしばし休憩です。

■第二十九番札所 海上山 千葉寺
 千葉寺は706年行基の創立とされ、長い歴史の中で6回も堂宇が焼失しており、現在の本堂は1976年に再建されたものです。御本尊は十一面観世音菩薩で1806年の火災で焼失し、2年後に造顕された物だそうです。
D2016071601 境内の中央に巨大な銀杏の鎮座しています。樹齢1000年以上といわれ、枝からつららのように下がる何本もの「乳柱」が存在感を増しています。まさに“鎮座”というにふさわしい迫力。黄葉の時期に来たかった。
 ところでコレを書いているときに気が付いた……寺号の読み方は「ちばでら」だと思っていたのに、坂東三十三観音のガイドブックによれば「せんようじ」となっています。ところが坂東三十三観音の公式ホームページでは「ちばでら」、最寄りの京成線の駅名も「ちばでら」。
 一体どちらが正しい? 事前に気づいていれば御朱印を頂くときに質問できたんだけど、後の祭りです。

 千葉寺を後に木更津へ向かいます。天気は梅雨だというのに晴れ、もっとも今年の梅雨は雨らしい雨は降ってない……それでも湿度の高さだけは梅雨並み。昨年、一昨年と違い、完全に運動不足になっている身には、ホントに堪えます(>_<)

 千葉から木更津へは国道16号線をひたすら……は自動車の場合の話、国道16号線よりも内房線沿いの県道を歩いた方が約3kmの節約になります。歩きで3kmの差は大きいのです。但し道順はかなりややこしい。
 こんな時役に立つのは、Googleマップの経路検索です。でも油断するとまれに痛い目に会います。今回は2回程、1日に2回が“まれ”かどうかは置いておいて……1回目は袖ヶ浦手前で県道がから国道16号線に入るとき、Googleマップ君は立体交差のランプウェイを登れと指示してくるけど、歩行者が登れる雰囲気じゃないので引き返して大回り。2回目はJR久留里線を渡る時、指示されたのは畑の畝と畝の間。どうしてコレを“道”と認識出来るのか? アメリカなら猟銃で撃ち殺されても文句が言えないよう場所(?) 再び迂回して、無事(日本で良かった)に木更津に到着しました。

D2016071602 木更津からの帰りは東京湾アクアラインを走る高速バスを使うのが楽で速そう。バス停を見ると15時30分発の横浜行きが発車寸前。急げば間に合ったけど、顔くらい洗ってから乗りたい……いや、せっかくゆっくり座って帰れるんだからビールが欲しい。って事でビールを調達し20分後に発車する川崎行きで帰途につきました。
 海ほたるへの入口(海ほたる内にも停留所がある)では、一般車両が順番待ちの行列中。でも路線バスは優先的に中へ……そうか、路線バスで海ほたるに遊びに行く、ってのも有りだな~

Bando29


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

クレジットカードのメリットって?

 先日、一番良く使うスーパーのクレジットカードを作り、そのスーパーでの支払いはクレジットカード決済に統一しました。今までスーパーでは現金決済が主体だったし、クレジットカードの枚数を必要最小限にしたいと思ってた(それでもけっこう多い(^^ゞ)のになぜ? きっかけはこんな出来事です。

 今年の春くらい、スーパーのレジにこんな張り紙が……

 「○月○日よりポイントカードの受け取りを、会計時に変更いたします」(ちょっと文言ちがうかも)

 意味分かります? 要するに今までは……レジに並んで自分の順番が来ると、カゴを置くと同時にポイントカードを店員さんに渡します。店員さんはポイントカードをレジの読み取り機に、ピッとやって返してくれます。ポイントカードを取り戻したら商品をレジ入力をしている間に、お財布の定位置にしまうことができます、余裕で(^^ゞ
 ところが受け取りタイミングが変更されてからは……商品のレジ入力が済んで「お支払いは○○円です」と言われてからポイントカードを渡すので、お財布からお金を、特に小銭をゴソゴソ取り出している頃に戻ってきます。店員さんによっては、このオヤヂ目が悪そうなので見易いようにとの親切心から(だと思いたい)、目の前にポイントカードを差し出してくれます……財布の中が見えんじゃないか(--#)

 支払いの度にストレスが溜まり出した(本気でスーパー変えようと思った)頃、目に付いたのはもう1枚の張り紙……

 「×月×日より当店提携のクレジットカード以外のクレジットカード決済ではポイントが付きません」(またまた文言ちがうかも)

 スーパーのポイントカードと一体化した提携クレジットカードで支払えば、レジ前の煩わしさは完全解消! 年会費は永年無料だし、ポイント付与は現金よりも多い(通常は同率で、10日毎に5倍デー、更に銀行からの引落し時にもポイントが付く)し、貯まったポイントは会計時に1円単位で使える……便利そうなので「クレジットカードはなるべく増やさない」という信念(?)は曲げることにしました(^^ゞ

 非常に便利でお得になったんですが、ふと気が付いた……ポイントカードを受け取るタイミングを変更したのは、提携クレジットカード(以下、提携クレカ)の契約数を増やすための策略??? まんまと乗せられた訳ですねσ(^^) まぁ損したわけじゃないので良いけど。

 で、そこまでして提携クレカの会員を増やしたい理由を考えてみると……

・提携クレカなので、支払い毎に発生する店からカード会社への手数料は無料か極めて安い。だから提携クレカ以外はポイントが付かないのね。

・顧客の住所・氏名等が正確に把握できる。普通のポイントカードだとウソ書いてもばれないけど、クレジットカードはそうはいかない。

・お客さんの囲い込み。提携クレカ持っていれば他のスーパーに行かなくなる。

・少額の商品をクレジットカード決済するのは気が引けるので、余分になんか買ってくれるかも?

 こんなところでしょうか?
 確かに少額の買物時に「カードで支払います」って言うの、最初は気が引けた(^^ゞ
 これ以上策略に乗らないために、これからは150円のビール(我家では酒税法上、発泡酒だろうがリキュール類だろうが「ビール」と呼ぶ)でも、堂々とクレジットカード決済で買うぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »