« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月29日 (土)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第41回(長者町-安房小湊 40km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第41回目。今回は、

・第三十二番札所 音羽山 清水寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その25」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 3時起床。昨日は午後から激しい雨が降ったので天気が気になる。カーテンを開けると月がきれい。ただ気温が低そうなので、薄手のネックカバーと手袋を装備に追加して家を出ました。なんどもお世話になっている相模大野4時53分発準急に乗り新宿経由で千葉へ。

D2016102901 最近「列車で駅弁」ができない、好きなのに……ボックス席が無い路線だったり、せっかく特急を使ったのに駅弁売ってなかったり(>_<) でも今日は実現できそう。千葉なら駅弁売ってるし、外房線ならボックス席もある、乗り継ぎ時間も十分余裕がある。
 千葉で駅弁と言えばやっぱ「やきはま弁當」で決まり。ついでに昼食用に助六寿司も購入。今日歩く予定のコースには20km地点の御宿までコンビニが無いのです。

 7時10分発安房鴨川行きに乗り込んでボックス席も確保(^^) 混んでてちょっと窮屈だけど構わず朝食開始。甘辛の焼きはまぐりは大好きだけど、歩く前でビールが飲めないのが残念です。朝食が終わってしばらくすると、半分以上の乗客が降りてしまいガラガラ。慌てて食べ始めなければ良かった。次回も同じ列車なので気を付けよう。

 8時20分に長者町をスタート。天気は曇り、昨日の雨で路面が濡れていてちょっと歩きにくいけど、予想したほど寒くないし、気持ちよい。ネックカバーと手袋は要らなくなりました。
 1時間掛からずに清水寺に到着。

■第三十二番札所 音羽山 清水寺
 参道入口の地蔵堂に竹棒が何本も立てかけてあり、何? と思ったけど直ぐに答えが分かった……参道の坂が急なので、杖だったのね。もっとも坂の上の仁王門前にも駐車場があるので、自動車でお参りする方には関係ないですね。
 仁王門、四天門をくぐり石段を登ると正面が1817年に再建された本堂です。御本尊は千手観世音菩薩で茅の寄せ木造り、鎌倉時代の作と言われています。
 千葉県は華美なお寺が多いと思っていたけど、ここは静か。ゆっくりしたいところだけど、今日も先が長いので早々に出立しました。

D2016102902 お寺を後に御宿を目指します。天気は曇りから晴れに、蒸し暑くなってきました。寒さ対策はしてきたけど、暑さ対策はしてこなかった(^_^;
 しばらく歩くと、いすみ鉄道新田野駅。いすみ鉄道は2011年の関東三十六不動巡礼で乗って以来。隣の国吉駅に近い宝勝院(関東三十六不動 三十四番霊場)では帰りの列車を待つ間、ご住職からお茶を御馳走になり、色々なお話を伺うことができました。当時80歳、今もお元気でいらっしゃるだろうか?

 一度も列車を見ること無く(運行本数少ない)、いすみ鉄道とはお別れ。御宿に向けて南下します。時刻は正午近く、秋も深くなり太陽高度が低くなっているので南に向かって歩くとけっこう眩しい(>o<)
 どこからともなく聞いたことのある曲が流れてきました。「月の沙漠」……正午の合図が何で? と考えて思い出した。この曲のモチーフが千葉県御宿海岸とする説があるのです。

 御宿駅前のコンビニで水分補給。水分補給だけで済んだのは、昼食として歩きながら食べた助六寿司の腹持ちが良かったからです。
 ここから本日のゴール予定地の安房小湊まで20km。わが巡航速度で歩けば4時間ちょうどです。が、Googleマップで確認するともっと時間が掛かるという。って事はアップダウンが激しいってことか?

 歩き始めてみると確かにアップダウンが多い。でもそれ以上にトンネルが多い。歩行者用のトンネルが別に作られている場所もあるけど、ほとんどは申し訳程度の歩道があるだけ。しかも歩道には壁から剥がれたモルタルが落ちていて……躓いてバランスを崩すと命に関わります(>o<) 狭くて交通量の多いトンネル内の歩行は神経がすり減るのです。
 それでも予定の4時間で安房小湊に到着。Googleマップに勝った! ビールも買った(^_^; 東京行きの特急にも乗れて……ビール飲みながらのノンビリ帰宅でした。

Bando32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

今日のキーワード……“復活”

 何が“復活”したのか? この「今日のキーワード」のコーナです(^^ゞ

 通勤時間が長かった時期、その時間を利用して、ふと浮かんだ言葉をネタに短い文章をアップする。さらにAmazonアソシエイトのライブリンク(キーワードに関連する本をバナー表示してくれる)を表示する。ブログの更新量増加と小遣い稼ぎ(まったく稼げなかったけど)を目論んだ企画です。
 通勤先が変わり通勤時間が短くなり、さらに「坂東三十三観音巡礼歩き旅」を始めてからは徐々に投稿数が減ってきました。今年はまだ1件、昨年は3件(..;)。

 ところが最近、家庭の事情で「坂東三十三観音巡礼歩き旅」の進み具合がはかばかしくなく、気が付けば更新が2ヶ月も滞る事も……文章ってのは書かなくなればなる程、書くのが億劫になる物で、こりゃどげんかせんといかん!

 って事で“復活”します。なんとか週に数回はブログを更新できるよう頑張ります。決意も新たに、今日のキーワードは“復活”です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 第40回(上総牛久-長者町 37km)

 坂東三十三観音巡礼歩き旅、第40回目。今回は、

・第三十一番札所 大悲山 笠森寺

を巡りました。

※札所の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その24」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。Facebookアカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」もお願いします。

 またまた2ヶ月以上のブランクです。残りの札所は三ヶ寺と少なくなってきましたが、出かけられる機会もまた非常に少なく、なかなか前に進めません。

D2016100901 3時半に起床。とにかく気になるのは今日の天気です。気象会社のスマフォアプリを起動して天気図と雨雲レーダーを確認。日本列島と重なるように秋雨前線が横たわっています。もちろん雨雲も……
 予報通りなら前線は徐々に南下し、これから向かう千葉方面の雨のピークは12~14時ぐらいか? 秋雨は今日までで明日からは秋空が戻ってくるらしい……けれど出かけられるのは今日だけ。今日を逃すと次が何時になるかわからないので、ずぶ濡れ覚悟で決行することにしました。

 何よりも大切な御朱印帳をジップロックで密封、ザックにも雨カバーの防水対策。身体の方はレインスーツでは暑過ぎるので、ゴアテックスの帽子にウィンドブレーカーの上だけで済ませることにしました。ウェアは全て速乾素材だし、気温が高いので濡れても良いだろう、との判断です。

 自宅のある相模大野はまだ小雨。小田急線に乗っているとき、外を見るとピンク色の朝焼け。昨日噴火した阿蘇山の火山灰?と思ったら……雨の前兆だって(^^ゞ やはり雨か。

D2016100902 JR内房線五井で小湊鉄道、7時54分発上総牛久行きに乗り換え。観光客風の人が多く、もしやこれが全て笠森寺の参拝客? と思ったけど……上総牛久から出発する人気(?)のトロッコ列車に乗り換える人達でした。トロッコ列車はSL(ただし中身はクリーンディーゼル)が牽引する4両編成で中央の2両は窓の無い、開放型の展望車です。天気が良ければ気持ちよさそう……良ければ(^^ゞ

 上総牛久でトロッコ列車を見送ってから8時30分にスタート、房総横断道路を東に進みます。直ぐに雨がポツポツとやってきました、まだ小雨。願わくばお詣りが済むまでこのくらいの降りでいて欲しい、の願いは天に届かず……30分もすると小雨は本降りに変わりました。たらいが落ちてくるような……間違えた(ドリフじゃあるまいし)、たらいをひっくり返したような降り。風も強くなりトロッコ列車の展望車に乗っている人は大丈夫か? と人ごとながら心配になります。

■第三十一番札所 大悲山 笠森寺
 房総横断道路から女坂の長い石段を登り三本杉、子授け楠を経て二天門をくぐると、正面の岩山に四方懸造りの本堂が見えます。
 懸造りとは急な斜面や崖に柱を立てて、建物を支える建築法で……イメージ湧きませんよね(表現力の限界を感じる)、京都の清水寺を思い浮かべてください。ただしこのお寺の場合は岩山の斜面ではなく山頂に建てられているため「四方」となるわけです。
 1028年建立、一度兵火で焼失した後、安土桃山時代に再建されています。現存する四方懸造りの建物は国内唯一で、国の重要文化財に指定されています。
 75段の急な階段を経て地上20メートルの回廊に登ると、絶景が望める……晴れていれば……雨で非常に残念です。
 御本尊は十一面観世音菩薩です。ご開帳は6年に一度ですが、厨子から回廊まで手綱が渡されており、綱に触れることで結縁を求める事ができます。綱に白い布を結ぶと願いが叶うとの言い伝えが有るそうですが、あいにく白い布は持ってなかった、残念。

 雨は多少弱くなったものの降り続き境内での写真撮影もままならないため、30分ほど滞在しただけで10時30分に笠森寺を後にしました。最近のカメラ、液晶画面がタッチパネルで便利だけど、水滴が付くとけっこう誤動作するのです。

D2016100903 再び房総横断道路を東へ、外房方面を目指します。14時を過ぎた頃に雨は止んだけど、湿った空気はそのままで蒸し暑い。まだ先が長いのに今日は疲れが激しい……やはり雨に濡れると体力を奪われます。
 長南町で房総横断道路と別れ、県道へ。一宮川を渡ってからは川沿いを歩き上総一ノ宮方面を目指します。
 上総一ノ宮には名前の通り、上総国一之宮である玉前神社があります。お詣りに立ち寄りましたが、平成の大修理の真っ最中。黒漆塗りの権現造りの社殿を見ることができずに残念です。

 服も乾き元気も戻ってきたので更に10kmほど歩き、三十二番札所清水寺の最寄り駅になる長者町に到着しました。16時30分、今日はここがゴールです。
 運良く土日のみ運行される特急「新宿わかしお」に乗ることができ、快適に帰ることができました。車内販売が無く、ビールが買えないのは唯一の不満だったけど(^^ゞ

Bando31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »