2020年1月 1日 (水)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(18) 今年の目標

 「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」は、昨年11月13日に寄居に到着して以来、何度目かの停滞期に入ってます。
 寄居から自宅のある相模大野までは最短経路を使えば80km、2回(5年前は80kmを1日で歩けたんだけど、もはやその元気は無い)で歩けるので2019年中にはめでたく完踏し、2020年は年明けから新企画! と思っていたのに……そうは問屋が卸さなかった。今回は……ん?、今回も家族の入院が原因です。
 そんなわけで、今年の目標は「なんとか相模大野まで戻って、新しい企画を考え、少しでも良いので歩き始める!」です。ちょっと控えめ(>_<)
 それまでは、年末に入手したバディー2号機(靴です)をじっくり育てることにします。

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(17) 足回りの話 その2

 歩き旅にいちばん重要なアイテム、靴に関する第二弾です。

 かなり前に「坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(6) 足回りの話」で書いたように、この旅ではニューバランスのMO790Hというトレイルウォーキング用(もしかしたらトレールラン用かも?)をずっと使ってます、いえ使ってました。
 この靴、同じ型番なのに買う度に少しずつ仕様が変わっていて、4足目で右足踝に激しい痛みを感じるようになったのは、「坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第9回(長野-上田 36km)」に書いたとおりです。3足目までの靴でも最初、同じ痛みを感じましたが歩いている内に馴染んで問題無くなりました。今回のは100km以上歩いてもダメでした。
 元々鈍感な質なのか?靴擦れで肉刺ができても、あまり苦痛を感じずに歩けるのですが、この痛みは耐え難い。目的地に着く前にリタイアすることは、さすがにありませんが、ちょっとした寄り道は確実に減ってます(この旅で寄り道は、そもそも少ないけど……)。

 あまり痛みが激しいと、旅そのものが楽しめないので靴を替えることにしました。靴を替えると一口にいっても、大変で……お店でサイズを合わせ、試し履きをして、はいOKとはならないのです。1日に40km以上、ほとんどが舗装路とはいえ、登りもあれば下りもある、雨も降れば雪もたまに降る。実際に歩いてみないと、本当に使い物になるかどうか、判断がつかないのです。店頭でいいと思っても実際に歩いてみたらダメダメで、お蔵入りした靴は数知れません。
 今回まず試したのは同じニューバランスの、いわゆる普通のウォーキングシューズ、合成皮革のローカット。軽く、フィット感もまあまあで、普段履きには良かったのですが……ローカットでしかも素材が柔らかいためか、長い下り坂では足をサポートしきれず、前に滑って爪先に負担がかかり、なんとかしようと紐をキツく締めると甲が痛くなりで、1回で失格となりました。
 「これは」と思う靴を、片っ端から買って試すわけにも行かず……そもそも「これは」と思う靴なんて、そんなに見つからないのです。困った(>_<)

 登山靴で困った時は、巣鴨のゴローなんだけど……いや、ゴローのラインナップにもウォーキング用の靴はあるんですが、いずれもローカットで、今までは検討の選択肢に入れてませんでした。ゴローなら多少の不具合はなんとかしてくれるだろうし、一度試してみよう。ちょうどソール交換したいトレッキングシューズがあったので、久しぶりにお店に行ってみました。
 長距離歩き用の靴について相談したところ、長距離ウォーキングに対応したミドルカットの新製品“バディー”が出たとのこと。これは渡りに船、空腹にソースカツ丼……さっそく採寸してもらい、運良くちょうど良いサイズの在庫があったので購入しました。
 家に帰って、靴クリームを塗り込み、準備万端。と言いたいところですが、ウォーキング用とはいえ革靴ですから、慣らし履きが大切です。朝の散歩、1~2時間程度のウォーキング、念には念を入れて中距離(30km弱)ウォークを3回。合計で約100kmを歩いて、大きな問題はありませんでした。踵に多少、靴ずれができたくらい。これは私の踵の骨が少しでっぱているせいで、ほとんどの革靴で起こります。そのうち靴の方が根負けして、その部分が変形し当たらなくなります。もちろん、この靴も同じ。
 あっ、ゴローの社長からは「擦れたり当たったりする所があったら、絶対に我慢しないでお店に持ってきなさい」と言われてます。なので良い子は真似しないでね(^^)

D2019122301 慣らし履きが終了し、11月13日に上州富岡から寄居へ歩く際、実戦投入となりました。徐々に足に馴染んで、履きやすくなるのが革靴の良さですね。名前の通り、得難きバディーになってくれそうです。
 歩き旅専用で使う予定でしたが履きやすいので、つい普段も履いてしまいます。あまり履き続けるのは靴のために良くないので、もう一足追加で購入することにしました。残念ながら在庫がなく注文生産なので3週間待ちで、やっと先日、手元に届きました。
 年末になってしまったので、年明けから慣らし履き開始です。楽しみ(^^)


| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第13回(上州富岡-寄居 39km)

 坂東三十三観音結願御礼歩き旅の第12回。今回からは再びガッツリ歩きモードです。前回からかなり間が空いたのは、歩きに行けそうな日と天気の相性が悪く、更に台風19号による被害があまりにも大きかったため、しばらく様子を見ていたためです。
 台風19号、その他の悪天候で被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げますm(__)m

 久しぶりの歩き旅に備えて早寝し(過ぎ)たせいか、1時に目が覚めた。まだ2時間は寝てられるけど、二度寝するとかえって怠くなるので、起きることにしました。やることはいくらでもあるので、時間を持て余すこともありません。
 いつもの相模大野4時45分発で新宿へ。すっかり季節が変わり車内にはかなり強めの暖房が入っていました。
 最近ずっとお世話になっている“かがき551号”よりも早い“とき301号”(東京 6時8分発)に乗りたいので、新宿での乗り換えがせわしない。新幹線のキップを買って、総武線のホームへ小走り。トイレに寄ってる時間はありませんでした。東京駅まで我慢(・・;)

 東京駅で無事トイレを済ませ(間に合った(^^;))、駅弁を買ってホームに上がると、目的の列車は既にに入線していました。さっそく乗り込んで、発車前に朝食。「列車が動き出すまでは駅弁には手を付けない」主義の方は多いと思います、私も以前はそうでした。でも最近は食事から歩き出しまで、なるべく時間を開けたいので「列車が動いていようがいまいが、乗ったらすぐ食べる」に宗旨変えしました。
 この列車も大宮-高崎間はサラリーマンでほぼ満席状態。隣にトトロ……いえ体格の良い方が座って、ちょっと窮屈だけど高崎まで僅かの辛抱です。

 高崎で上信電鉄に乗り換え。上信電鉄は、まだICカードの類には対応していないので、切符を買わないといけません。人がいる改札ってなんか新鮮ですねd(^^)
 無人駅も多く……無人駅では先頭のドアーしか開かないので、うっかり後ろの車両に乗っていると降りられません。私が降りる駅は有人なので、すべてのドアーが開きます(^^)

 上州富岡を7時55分にスタート。風が冷たいので、今シーズン初めて手袋を着用。でも好天で徐々に日差しが強くなり、必要なくなりました。手袋をしてるとスマフォが扱いにくいので助かります。
 歩き旅の友は、もちろんラジオです。今日は地元の“FMぐんま”が良く入ってます。何気なく聞き流していると「今日は学校の持久走大会です」的な投書が多いのに気づきました。もしかして群馬県の学校では持久走が盛んなの? そういえば映画「サムライマラソン」の舞台は群馬県安中市だったもんな~、なんか関係がある?

 今回からしばらくは、川越を目指して国道254号線(川越街道)を進みます。順調なら今日を含め2回で到着できるはず。緩やかなアップダウンが繰り返す道は、運動不足気味の脚にこたえます。
 脚(足)といえば、最近悩んでた靴問題、今日から新しい靴を投入しました。登山靴で有名なGOROが作ったミドルカットのウォーキングシューズ、その名も“バディー”です。歩き旅において靴は、イチバンの相棒なので、この名前いいですね。
 革製の靴はナイロン製と違い、足に馴染むのに時間がかかるので、30kmの距離を3回ほと歩いてから、実戦投入しました。はたして40km弱を歩いてどうか??

D2019111301 藤岡市街。今日予定した行程の半分くらいなのに、いつもよも疲労感が強いような気がします。不調?、寝不足が祟ったか?
 時計を見ると11時30分(出発から約3時間半)。私の巡航速度は時速5kmなので、オーバーペースだったようです。ペースが安定しないのは、やっぱり不調なのかもしれません。
 群馬・埼玉の県境を流れる神流川を渡る手前で、いきなり歩道がなくなりました。よく見ると歩道は片側(反対側)にしか無いようです。やむをえず手前の交差点まで引き返します。こういうのって、道を間違えて引き返す以上に気分が落ち込みます(-_-;) もっと手前に案内表示があればな~

 交差点近くにコンビニがあったので水と食料の調達。イートインコーナーで水をハイドレーションに移し替えていたら、こっちを睨んでいるオジサンの冷たい視線。「消費税を8%しか払ってないのに、中で食うなよ」と言いたげ……食べない、たべない、私の歩き旅では“歩き飯”が基本ですから(^^)
 他人の消費税額まで気にする輩が現れるとは、まったく面倒な税制になったもんです。責任者出てこい!!

D2019111302 再び歩き出し、橋の歩道を歩いて無事に埼玉県に入りました。橋の幅はあまり広くなく、しかもトラックが多いので、時間がかかっても歩道のある側を渡って正解でした。

 午前中は晴れていた空に黒い雲が目立ってきました。あと3時間弱、もつかな? もってちょうだい。
 15時を過ぎ、ゴール地点の寄居まで後わずがになった頃、顔にポツリポツリと雨粒を感じました。急がねば……
 国道254と別れて寄居駅へ向かう国道140号線。が、駅入口の案内標識がなく、危うく通り過ぎるところだった……Googleマップでマメに確認してなかったら完全に通り過ぎてたな、危ない危ない(..;)
 前半がオーバーペースだったわりに、ちょうど8時間で寄居駅に到着しました。神流川の手前で引き返したのが響いたか?

D2019111303 帰りは八高線の予定だけど、駅の案内によれば八高線は台風19号の被害で北藤岡-寄居間が運休。寄居-高麗川間も臨時ダイヤで、通常ダイヤよりも数分遅く発車するとのこと。東武東上線か秩父鉄道を使って都心を経由することも考えましたが、帰宅ラッシュの時刻にちょうどぶつかるし、臨時ダイヤでも高麗川から予定していた列車に乗り換えできることが確認できたので、素直に八王子経由で帰ることにしました。
 既に暗くなった車窓には大きな雨粒が……間に合って良かった。

 あ、そうそう、新しい相棒は40km弱を歩いても問題なしでした(^^)

 ところで八高線は、その名の通り八王子-高崎間を結ぶ路線です。しかし八王子から高崎まで通しで走る列車はなく、高麗川で乗り換えが必要です。だけならまだしも、八王子を発車する列車はほとんどが高麗川から川越線に入り、川越行きになっています。“八川線”か“八越線”に改名した方がいいのでは? と、余計なことを考えてしまします。大きなお世話だ > σ(^^;)


| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

消費税ポイント還元、少しだけ分かったこと(加筆)

 とうとう今日から消費税が10%になりました。今日は買物の予定はなかったけど、増税初体験ということで出かけたついでにコンビニ(ファミリーマート)で飲料水をPayPay決済で購入。レシートを確認すると商品価格の右側に「軽」の文字が……あっ飲料水は軽減税率適用だった、増税初体験にならないじゃないか(^^;)
 更に下の方を見ると、購入額合計と支払額の間に「キャッシュレス還元」の行がありました。コンビニはキャッシュレス還元分を、購入時に値引きするって、どこかの情報番組で言ってたのを思い出しました。

 で、ここで一つの疑問が湧きました。交通系ICカードの場合は事前に各サービスで会員登録をしておかないとキャッシュレス還元は受けられないと、これまたどこかの情報番組で言っていたけど……キャッシュレス還元分が直接値引きされるなら、その時点でそのICカードが会員登録されているかなんて確認できるとは思えません。
D2019100101 試してみたいけど、あいにく手持ちの交通系ICカードは会員登録済み。でも気になるので、新たにPASMOを購入して試して見ました。
 結果は……PASMOの会員登録をしていなくても、コンビニではキャッシュレス還元が受けられます(写真)。今回購入したのは無記名PASMOなので、記名式でも定期券でも同じだと思います、SUICAでもおそらく。

 ところで、なぜこんなことを確認したのか? 実は我が母親に「消費税増税後は、PASMO(電車に乗るために保有済み)で支払えばキャッシュバックがあるよ」と教えたものの、会員登録が必要と分かって残念状態です。なんせ母はパソコンもスマフォの使っていないので(^^;)
 でもコンビニなら会員登録していなくても2%の割引が受けられる。僅か2%とはいえ、無いよりはましです。
 このブログを読んでる方は、交通系ICカードの会員登録なんて、お茶の子さいさいで既に済んでいると思いますが、私の母のようにパソコンもスマフォも使っていない親御さんをお持ちの方はぜひお試しください。

D2019100102 因みに今回試したのは、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンです。その他はまだ試してませんm(__)m
 また上記のコンビニでも、経営形態の違いによって対象とならない店舗があるので注意してください。写真のようなステッカーやポスターが貼られていればOKです。

※対象コンビニと対象店舗の見分け方を追記しました。


| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

ポイント還元でお手上げ(*_*;)

 いよいよ来週から消費税が10%に上がります。今回の増税は、今までと違って非常にややこしいですね。軽減税率の導入だけでも分かりにくいのに、さらに拍車をかけているのがポイント還元制度。
 キャッシュレス決済を行った場合、購入金額の5%または2%分が還元される、期間限定(2020年6月まで)の制度ですが、これが非常に分かりにくいです。 店舗の種類によって還元率が変わるし、決済手段によって還元方法が違うし、そもそも対象店舗が分かりにくい。

 ちゃんと理解して、還元率の高いお店を選んで買い物をすれば、お得!?……とも思いましたが、たった8ヶ月のためにそこまでするか? が正直な気持ち(^^;)
 私の場合は、元々キャッシュレス決済を優先的に使っているので、いつものお店で、いつも通りに支払って、もしポイントが余分に還元されればラッキー! と思うことにしました。

 皆さんはいかがですか?


| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第12回(磯部-上州富岡 10km)

 坂東三十三観音結願御礼歩き旅の第12回。今回はちょうど近くを通るので、富岡製糸場見学の観光モードで、歩く距離も10km程度と短めです。
 観光モードなので、朝ゆっくりでも良いのですが、いつもの4時45分相模大野発新宿行きで出発です。前回はまだ明るかったけど、今日は真っ暗。月日の経つのは速いです。
 東京駅からは、こちらもいつもお世話になってる北陸新幹線、はくたか551号。いつもは平日利用だけど今日は日曜日、さすがにサラリーマンはほとんどいません。朝食を食べ、一眠り……したいところですが、高崎までしか乗らないので、寝てる暇はありません。
 高崎で信越本線 横川行きに乗り換え。望遠レンズと脚立を持った人がチラホラ、アイドルイベントでもあるんだろうか? と、思ったら……後から分かったことですが、9月は毎日曜日に蒸気機関車「SLぐんま よこかわ」が、横川-高崎間を走るそうです。

D2019091501 7時55分、磯部駅をスタート。大きな工場の間を抜けて田園風景の中、もみじ平へ向かう道を登っていきます。天気は晴れ……爽やかな秋晴れ、というよりはジリジリ、蒸し蒸しの夏空。今日は距離が短いし、メインは富岡製糸場見学なので、秋向きの普段着。あっという間に汗が噴き出してきて、ちょっと後悔、いやかなり後悔しました。
 もみじ平には運動公園や博物館、美術館などが集中しています。予定はしてなかったけど、ちっと寄り道して上信電鉄を電化するため、大正13年にドイツから輸入した、デキ型電気機関車をパチリ。

D2019091502 道は富岡へ向かう下り坂に変わります。高田川を渡って、富岡の市街へ……せせらぎの音だけでも多少は涼しい気分になりました。

 9時53分、 西富岡駅に到着。ちょっと鄙びたいい雰囲気の駅です。
 ここで友人と合流して富岡製糸場へ向かいます。三連休なので混んでいるだろうと覚悟していましたが、待ち行列もなくすんなり入場できました。

D2019091503 タイミング良くガイドツアー(200円、約40分)が始まるところだったので参加することにしました。数十名の参加者(今日は人数多めだそうです)と一緒に場内を巡りながら、製糸場の成り立ち、生糸と絹はどう違う、当時の労働環境、それぞれの建物や機械類の特徴などについての説明を受けました。

D2019091504 終了後、ガイドツアーでは時間の関係で説明だけで素通りしてしまった、工女さんたちの社宅(長屋)とブリュナエンジンの展示を見に行きました。
 ブリュナエンジンは、創業時から50年間使われていた巨大な蒸気機関。展示されているのは富岡製糸場が世界遺産になった後に製作された復元機で、実際に蒸気を送り込んで動かすことができます。
 現物の方は、まさかココが世界遺産になるとは思っていなかったため、明治村に寄贈してしまったそうです。
 最後に置繭所の中に作られた、絹工芸品のお店を見て……高価で手が出せませんでした(^^;)、富岡製糸場の見学は終了。

 製糸場の入口近くに、おぎのやさんを見つけたので、昼食。前回、釜めしを食べたら重すぎたので、今回は「釜めしおやき」を注文しました。釜めしの具を刻んで“あん”にした、おやきです。釜めしの香りと味がしっかりついていて美味しかったです。
 富岡の町をブラブラ散歩しつつ、上州富岡駅へ、今日はここがゴールです。


| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

PASMOが壊れた

 PASMO(関東圏私鉄のICカードのことです念のため)がいきなりお亡くなりになりました。
 半年くらい前から改札口で反応してくれないことが稀にあって……そんな時でも何度かタッチすれば読み取ってくれるし、そもそも問題なく反応してくれることの方が圧倒的に多いので、読み取り機側の不調だろうと、勝手に思ってました。
 ところが昨日、まったく反応がなくなりました(*_*)

D2019080915 以前、定期券の区間変更の際、「券面が汚れているので、新しいカードに交換しましょう」と、わりと簡単に交換してくれたことがあったので……また交換してもらおう、と窓口へ向かいました。
 が、甘かった。完全に読み取りができなくなったカードの即日交換はできないそうで……障害再発行の手続きをして整理票(写真)を発行してもらい、翌日の5時以降14日以内に整理票と壊れたカードを持って駅まで受け取りに行かないとなりません。

 手続き自体は簡単だし費用も発生しませんが、翌日までPASMOが使えないのは不便です。定期券が入っている場合は、定期券の内容証明書を発行してくれるので、それを使えば定期区間の乗車は可能らしいです(定期券は持っていないので、どんな物かは分かりません)。
 ICカードにも寿命があるのは当然ですが、徐々に反応が悪くなって、いずれ無反応になる、みたいなアナログ的な壊れ方をしたのは意外でした。
 クレジットカードには有効期限があり、寿命がくる前にカードが更新されるためあまり心配はありませんが、鉄道系ICカードや銀行のキャッシュカードは気を付けた方が良さそうです。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第11回(軽井沢-磯部 29km)

 梅雨明けしたことだし、坂東三十三観音結願御礼歩き旅の第11回です。

 すっかり乗り慣れた北陸新幹線(前回まで勘違いから「信越新幹線」と書いてましたねm(__)m、気づいて修正しました)で軽井沢へ。いつも通勤客で混雑する大宮-高崎間ですが、夏休みなので旅行客が加わって、更に混んでほぼ満席です。特に登山と思われるいでたちの高齢者が多数。時間に余裕があるんだから、こんな暑い日にわざわざ登らなくてもいいと思うんだが……大きなお世話ですね。そもそも、こんな暑い日にわざわざ歩きに行く物好きσ(^^)には言われたくないよな(-_-;)
D2019073001 7時40分に軽井沢を出発。薄い霧が出ているためかちょっとだけひんやり、さすがは避暑地です。20分ちょっと歩いて群馬県との県境に到着。ここからは碓氷峠を下ります。厳密にいうと県境のこの辺りが「碓氷峠」で、ここからは碓氷峠から横川方面へ下る道(国道18号線)を歩きます。さらに厳密には、ここより北に今は「旧碓氷峠」と呼ばれている本来の「碓氷峠」があり、そこを通っているのが中山道の旧道(有名な読み間違えができないように表記を工夫しました(^^;))です。

 南側には国道18号線碓氷バイパスが通っており、車はそちらを通っているようで、ほとんど出会いません。いつもは幹線道路を歩くことが多く、排気ガスと埃の洗礼に辟易としていましたが、今日はそれもなし(^^)
 道路の真ん中を歩けるのは気持ち良いな~と、呑気に歩いていましたが……大きな失敗に気づきました。食料と水を買っておくの忘れた(^◇^;;;)
 幹線道路を歩いていると必要な時にいつでもコンビニや自動販売機で調達できるもんで、事前に用意しておく習慣がすっかり無くなってました。持っているのは非常用のミニようかん4本と、水は1リットル弱。新幹線で駅弁食べてるし、日常生活では糖質カットしてるので、食料はなくても大丈夫だと思うけど、水はな~。とにかく節水モードで歩くしかないです。下界よりかなり涼しいのが救いです。
 廃線になった信越本線の遺構(鉄橋や隧道)がいくつも見えてきました。信越本線には、妙高高原にクロスカントリースキーの練習に行くときに何度もお世話になっているので、懐かしいです。長野新幹線(今の北陸新幹線)開通前の話なのでソートー古いです。

D2019073002 バリケードや張り綱があって遺構に近づけないのが残念、と思っていたら……「熊ノ平駅『アプトの道』入口」の看板、そしてかなり長そうな登り階段。なんだろう?「アプト」は「アプト式」のことだよね~? この上にアプト式の線路でも残っているのだろうか? Googleマップで道を確認したときには、何もなかったはずだけど……今日はいつもより距離が短く、時間に余裕があるので、階段を登ってみることにしました。結果、大正解!
 「アプトの道」とは、かつてアプト式を採用していた信越本線の碓氷旧線(1963年廃線)の廃線跡を利用した熊ノ平-横川間の遊歩道のことでした。えっ?「そんなの有名だよ」って? う~ん、完全に事前調査不足です(-_-;)
 遊歩道のほとんどの区間は隧道で、昨年通った旧笹子隧道はあまりに綺麗にリニューアルされていてガッカリしましたが、こちらは当時のままの面影を残しています。その分、天井からの水滴がすごいけど。
 隧道を5つ越えたところで視界が開けました、碓氷川にかかる「めがね橋」です。Googleマップにも載っていたので、橋好きの私としては、見上げるのを楽しみにしていましたが、まさか上を歩けるとは……ラッキー!
 はるか遠くに碓氷新線の鉄橋を望むことができます。新幹線は更に先の山の中(トンネル)だそうです。

 さらに5つの隧道を越えると、峠の湯。温泉施設がありますが、まだ行程の半ばなので入ることはできません。やっと自動販売機があって冷たい水が補充できました。
 ここから横川駅の碓氷峠鉄道文化むらまでトロッコ列車が走っていますが、土日しか運行されていないようです。もっとも動いていても乗れないけど、歩き旅なので。
 トロッコ列車の線路わきを20分ほど歩くと、レンガ造りの古い建物が見えてきました、旧丸山変電所です。信越本線の車窓から何度も目にしていますが、間近でみるのは初めてです。日本の幹線鉄道で最初に電化されたのは、ここ碓氷旧線で、この変電所はその時に作られたものです。一時は廃墟化していたそうですが、今は修復されて国の重要文化財に指定されています。
 変電所の写真を撮っている方がいたので、ちょっとだけ立ち話。横浜(同県人だ)から青春18切符でやってきて、これからめがね橋へ向かうようでした。

D2019073003 20分程歩くと線路の向こうに碓氷鉄道文化むらが見えてきました。古い車両がいくつも展示されていますが、保存状態はあまり良くないように見えます。警笛が聞こえたので、目をやるとなんとEF63が走ってきます。EF63は知る人ぞ知る、碓氷線の急こう配を登るために列車に増結する専用機関車です。まだ動くのがあったとは……後で調べたら碓氷鉄道文化むらで運転体験ができるらしいです。鉄道文化むらも見学したいと思ってましたが、残念ながら今日、火曜日はお休みでした。
 時刻は12時近く、そろそろ水分だけでなくエネルギーも補給せねば……横川といえば、やっぱり「峠の釜めし」ですね。おぎのやさんのドライブインで小休止 & 昼食を摂ることにしました。釜めし・なめこ汁セットで1,280円、前回食べたのは信越線本線に乗っているときなので、実に20ン年振りです。
 食べ終わった後のお釜をどうするか? ちょっと悩んだものの、持ち帰り用のビーニール袋まで用意されいたので持って帰ることにしました、使い道を考えないと(^^;)

 30分休憩して歩き再開、今日の目的地は磯部駅、12km弱の道程です。どうということのない距離ですが、なんといっても暑さが半端ない、気温36℃超。しかも沿道には日陰なし、昼食を一度にまとめて食べたのも裏目に出ました、胃がもたれる(>_<) こうなると殆ど修行です。
 ここ何回かの歩き旅では、靴と足の問題で悩んでますが、今回は下り坂が多いことから一番信頼感のある、ゴローの「小春深型トレッキング」を履いてきました。流石の安定感・安心感。しかしあまり長距離には向きません、今日くらいの距離が限度です。早急にどげんかせんといけません。
 暑さで朦朧としつつ15時に磯部駅到着。エアコンの効いた待合所に飛び込んで生き返りました(^O^)。高崎に向かう列車は1時間に1本、次は15時41分なのでちょっと待ち時間が長い。と、思っていたのにしばらくすると待合所に居た人たちが、ホームに移動し始め、まもなく高崎行きの列車が入線。
 手帳に磯部発、高崎着、高崎発と、並べて書いておいた時刻の高崎発を見ていたようです。時間に余裕があるからと、駅周辺をウロウロしてたら乗り遅れるところでした。もっともこの暑さではそんな気にはならなかったけど……


| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

PayPayその後の二

 PayPayのサービス開始から半年以上が過ぎ、対応するお店がますます増えてきました。7月からはセブンイレブンが対応し、これで主要なコンビニエンスストアはすべて使えるようになりました。
 また、ユーザースキャン方式でちょっと不便だな~と思ってた、行きつけのドラッグストアがストアスキャン方式に昇格(?)し、使いやすくなりました。なんせこのドラッグストア、独自のポイントカードと某共通系ポイントカードの両方にポイントがつくため、レジではポイントカードを2枚出し、PayPayのQRコードをスキャンし、購入金額を入力して……とかなり面倒だったのです。ホントに助かりました。

 近所の商店街では、ほとんどのお店にPayPayのステッカーが貼られ、普及の速さに驚かされます。普及の速さといえば、PayPay以外のQR決済サービスも急増中です(一部にトラブってのもあるけど)。次々とサービスを乗り換えて、初期キャンペーンのうま味を享受しているマメな方も居るようです。私は無精で残高管理をする財布(決済サービス)がこれ以上増えるのはごめんなので、PayPay一択で浮気はしないことにしました。

 お財布を増やしたくないということで、今までメインの電子決済手段として利用していた、ガラケーのおサイフケータイ(楽天Edy)も利用しないことにしました。残金を使い切って今は休眠状態です。おサイフケータイ、便利でずいぶんと長いことお世話になりましたが、これでお役御免です。これで数年に一度やってくる、機種変更時の面倒な儀式からも解放されます(-_-;)
 これからはメインがPayPay、サブがVIEWカードに付いたSUICA、サブサブが某バー(本来はカフェだけど、バータイムしか利用したことない)の会員カードと一体化した楽天Edy、のトロイカ体制です。

 ところで先日、近所の居酒屋さんに久しぶり飲みに行きました。2ヶ月ほど前からドアーにPayPayのステッカーが貼られているのを知っていたので、PayPayでの支払いをお願いすると、なんとなく不安気な店員さん。「実はPayPayでのお支払いは、お客様が初めてなんです」とのこと。2ヶ月間だれも利用してなかったのね(;^_^A
 店舗側への普及は速くても、利用者はそんなにいないのか? やっぱり日本人の現金好きはホントだったようです。


| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第10回(上田-軽井沢 40km)

 本当は昨日(7月4日)に歩きたかったのですが、九州方面に記録的な長雨(被害を被った方には心よりお見舞い申し上げます)をもたらした、梅雨前線の影響が東日本にも及ぶかも? 雨の中を歩くのはそれほど苦ではないんですが、万一避難指示が出るような事態になると、地元に迷惑をかけそうなので見合わせることにしました。

 相模大野からいつもの4時45分発新宿行きで出発。前回はまだ薄暗かった(と思う)けど、今日はすでに夜が明けています。
 東京駅6時28分発の「はくたか551号」で上田へ……この列車、大宮-高崎間が満席に近いくらいに混みます。通勤利用だろうか?
 上田駅前で真田幸村像の写真を撮って、8時ちょうどに歩き出し。天候は明るめの曇、湿度はかなり高くて、歩き出すとすぐに汗が出てきます。風が強いので暑さはそれほど感じませんが……ただ向かい風なんだよな~、辛い(*_*;)

D2019070501 今日の行程は、前前前世じゃくて前前前回、佐久平から上田まで歩いた時とほぼ逆向き。その時気になったのが、ダイヤブロックやナノブロックを作っている株式会社カワダの事業所。敷地に飾られた巨大ブロックが目についたんだけど、道路の反対側でよく見えませんでした。
 ってことで今日は最初から事業所側を歩いてます。出発から2時間ちょっとで到着。今日は近くでじっくり見れます(^^)
 おとぎ話の登場人物(動物)や顔のあるSL、たぶん世界一有名な日本生まれの猫ちゃんとかイロイロ。一番気に入ったのはカチカチ山の狸、もちろん背中が燃えてます。背を向けてるので最初は不動明王像かと思いました(^_^;

 出発から3時間半ほど歩いた辺りで前前前回の道とお別れして、軽井沢方面へ。「お別れ」と書くとなんかここで別の道へ曲がったと思われそうですが、実際には上田から軽井沢までずっと国道18号線を歩きます。軽井沢に近づくにつれ、道は緩いアップダウンを繰り返しています。
 前回書いた「踝が痛い問題」で、今日はいつも履いてるミドルカットの靴ではなく、ローカットのウォーキングシューズ(合皮製、ファスナー付きのオジサン仕様)を履いています。平地と登りは問題ないですが、下りが続くと足が前に滑って爪先に負担が掛ります。ならばと、紐をキツく締めると今度は甲が痛い。まぁこの問題があったので今までミドルカットの靴を使っていたわけで……悩ましいな~

D2019070502 なんとなく風が涼しくなったと思いながら、しばらく歩くと「軽井沢町」の標識。さすがは我が国屈指の避暑地です、涼しさが違う(^^)
続いて「標高1003m」の標識。確か上田あたりは600m位なので……アップダウンだと思ってたのは、実はアップアップダウンだったのね、辛かったわけだ。
 曇りだった空は徐々に霧に覆われ、今まで左手に見えていた浅間山も全く見えなくなりました。霧の水滴は徐々に大きくなり、やがて霧雨。メガネに着く水滴が視界を遮るようになり、しかたなく傘をさすことに。後少しで軽井沢駅にたどり着けたのに。

 朝の天気予報では、雨は夜からだったので予定外でした。もっとも予定外だったのは私だけではなく……タンデム自転車に乗ったアベック(死語?)も慌てて帰っていきました。普通の自転車ではなくタンデムなところが、軽井沢の面目躍如です(^^)
 駅に着くと観光客(特に外国の方)でごった返していて、これまた軽井沢の面目躍如ですね。帰りの新幹線も満席状態でした。


| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第9回(長野-上田 36km)

 令和になりました。巷では「令和初の……」が飛び交い、いささか聞き飽きていることと思います……でも言っちゃいます!「令和初の歩き旅」です!!
 東京駅6時16分発「かがやき501号」で長野へ。「かがやき」に乗るのは……こちらは人生初(^^) もちろんグランクラスでもグリーンでもなく普通席です。長野まで1時間20分しか掛からないので高い席はもったいない。ホントは自由席の無い「かがやき」に乗ること自体がもったいないんだけど、少しでも早く歩き出したいのでね~
 朝食の駅弁を食べてちょっとウトウト。目が覚めて窓の外を何気なく眺めていたら、見覚えのある建物が……あっ上田城の櫓!? 後数分で長野だ! 降りる支度、支度。
 「かがやき」は大宮の次は長野で、長野の次は富山なので寝過ごしたりしたら大変なことになるのです(^◇^;)

 身支度を整えて7時45分に歩き出し。今日は夏日の予報なので夏仕様の服装。日陰で風が当たるとちょっと肌寒く感じます。
 市街地を抜け、国道117号線を南下。犀川を渡る際に「日本海まで223km」の看板が目に止まりました。日本海か~、日本海経由で戻るのも……いやいや、中山道経由で戻ることに決めたんだった(^◇^;)
 国道117号線と別れて県道77号線へ。前回、長野に来るときには国道18号線から直接117号線に入ったんだけど、県道77号線を経由したほうが、ちょっとだけ近道なのです。なら前回、なんで遠回りしたか?
D2019051601 国道18号線から県道77号線への交差点は立体交差でかなり複雑(写真参照)、過去に同じような交差点で道を間違えたことが何度かありまして、安全策をとったのでした。特に行程後半で疲れが出ているとき、道を間違えて引き返すのって精神的なダメージが大きいんです。
 今日は県道から幹線国道に曲がるので、まあ間違える心配はないでしょう? 多分。

 朝はちょっと肌寒いかな?と思ったけど、気温はどんどんの上がり、しかも湿度が高くて蒸し暑い。真夏に比べれば大した暑さではないけれど、まだ身体が暑さになれてないので……やっぱ夏仕様の服装で正解でした。
 しばらく歩くと問題の国道18号線へ曲がる立体交差。予想通りの複雑さ、歩道は各道路の下を縫うように通っていて、うっかりすると長野に戻ってしまいそう(^◇^;) とにかく千曲川を越える方に進めば間違えない。

D2019051602 ここから上田までは前回と同じ道を逆方向に歩くだけですが、悪天の前回と違って景色が良く、道端にはナヨクサフジ(多分)が満開で、違う場所を歩いているみたいです。そもそも前回は寒くて寒くて、景色を楽しむ余裕は皆無でした(^_^;
 ならば今回は景色を楽しみつつ歩いているか? といえば……歩き旅はそんなに甘くないのでした(>o<)

 前に「坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(6) 足回りの話」で書いたように、この歩き旅では同じシリーズの靴を履き続けていて、今のは四足目です。同じシリーズなのに買うたびに少しずつ仕様が変わっていて……徐々にホールド性が上がっているような気がします。ホールド性が高いのは良いことのはずが……今度の靴は踝(くるぶし)の下辺りが強く当たるようで、痛い。なんか神経を刺激するような、ピリピリする痛みです。前の三足でも履き始めに同じような痛みを感じたことはありましたが、せいぜい数時間。なのに今度の靴は既に3日間使っているのに相変わらず痛い。
 痛いと言っても靴を脱いでしまえば、その部分に肉刺ができてるとか、炎症をおこして腫れてるとかいうことはありません、ただ痛いだけ。踝の下に経絡秘孔でもあるのか? もし経絡秘孔なら「お前はもう死んでいる」わけだが(-_-;)
 ここまで痛みが続くとなると……そろそろ別の靴を探さないとダメか? まぁその話はいずれ番外編でネ。

 靴の話をしている内に上田城址公園に到着(手、抜きすぎだ > 自分)。まだ15時前、時間は充分あるので上田市立博物館を見学するか、それともどこかで温泉でも、と言いたいところですが、ぜんぜんその気になれない。今シーズン初体験の蒸し暑さでバテ気味なのはもちろんですが、やはり一歩ごとにピリピリ痛む右足が……困ったな~
 それでもなんとか真田神社だけはお参りして、御朱印を頂いてきました。真田神社の御朱印は時期によってデザインが変わるので、足の痛みはガマンです(^^)
 その後は上田駅に直行して、一番早い新幹線で帰路につきました。なんか最近、どんどん余裕がなくなってくる、歳かなあ(*_*;)

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

坂東三十三観音巡礼歩き旅 番外編(16) そろそろ帰るか?

 平成の内になんとか善光寺へのお参りを済ませた「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」、後は長野から自宅のある相模大野までの行程を残すのみです。「のみ」といっても、かなりの距離ですが、これまで歩いた距離を考えればやっぱり「のみ」です。
 長野までの往路は甲州街道を経由したので、復路は中山道を使います。まずは長野から上田、軽井沢、横川、高崎と歩いて……その先のコースは未定。東京へ帰るなら高崎からも中山道(国道17号線)を歩くのが効率的ですが、相模大野に戻るには遠回りになります。しかし日帰りの継ぎ接ぎ方式なので、鉄道駅へのアクセスや列車ダイヤも考慮しないといけません。
 この際だから思いっきり遠回りで帰る、というのもありで……地図と時刻表を見ながらニヤニヤしてる最中です(^^)


| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

PayPayその後

 最近、PayPayの利用頻度が高くなってきました。この前まで、あまり使い道が無いて言ってたくせに > 自分(^◇^;)
 私のメインバンクである横浜銀行がPayPay残高への入金に対応したのと、使えるお店が増えてきたのがその理由です。あっ、100億円キャンペーンの第2弾が、まだ(ちゃんと)続いてるってが最大の理由かも(^◇^;)

 3月下旬に我が家に一番近いコンビニ、ローソンがPayPay対応しましたが、それ以外の個人商店でもPayPayのステッカーを貼ったお店を良く見かけるようになりました。先日、小田原に行ったら、小さな梅干し専門店でも使えたので、ちょっとビックリ。
 楽天EdyやSUICA等の非接触IC型と違って、お店側の設備投資がほとんどいらないのが大きいですね。ユーザスキャン方式の場合、お店のアカウントを埋め込んだQRコードを印刷したパネルを置くだけで済みますから。

 ただユーザスキャン方式は、お店のQRコードをスキャンした後、自分で金額を入力しなければならず……ストアスキャン方式にしてもスマフォのロックを解除してアプリを起動する必要があるので、読み取り機にタッチするだけの非接触IC型に比べてかなり面倒です。
 100億円キャンペーンが終わったら、楽天EdyやSUICAが使えるお店ではPayPayは使わないだろうな~、と思っていたら、敵もさるもの引っ掻くもの……今日(5月8日)からPayPay残高で支払った場合のキャッシュバック率が、0.5%から3%にアップしたのです。
 3%もキャッシュバックされるなら、ちょっと面倒でもPayPayを使う方がお得なあので、ますます利用頻度が高くなりそうです。ただな~、行きつけの飲み屋はまだ導入してないんだよな~(^◇^;)

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第8回(上田-長野 41km)

 「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」の8回目。今回は結願御礼の寺、定額山善光寺にお参りしました。

※お寺の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その28」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。

 善光寺への旅もいよいよ上田から善光寺(長野)までの41km、楽勝で歩ける距離です。が、いつもの様に朝、自宅を出ると上田スタートは8時頃、善光寺に着くのは16時過ぎ……善光寺の拝観時間は今の時期16時までなので、間に合いません(>o<)
 というわけで、久々に前泊することにしました。失職中で平日の自由度が高いはずが、なんやかやと細かい用事があり、2日連続で空いるのは4月10日(水)、11日(木)だけでした。とにかく宿泊場所の確保……が、上田駅近くのビジネスホテルはほとんど満室。空いていたのはちょっと高めのお部屋、ダブルベッドのツイン(^^;) 一人で泊まって寝るだけなんだから、完全にオーバースペックだけど、仕方ないです。
 宿泊代がちょっと高いのは仕方ないとして、なぜかこのタイミングで冬将軍様の御再来で気象条件は最悪。でもこの機会を逃すと「平成の内に善光寺にたどり着く」の目標を果たすのが極めて困難になりそうで、決行することにしました。

D2019041001D2019041002 10日昼前に自宅を出て、北陸新幹線で上田へ。車窓から見た軽井沢は完全な冬景色でした、大丈夫か明日? とか思っているうちに上田到着。上田は冷たい雨でした。
 ホテルのチェックインには早いので、上田城址公園へ。公園内にある眞田神社にお参りして、期間限定の御朱印が欲しい。公園内では桜が満開、桜祭り(上田城千本桜まつり)も開催中。あいにくの天気で寒いけど、せっかくのなので、公園を一回り。満開の桜と、お堀と、お城の櫓の取り合わせはGoodです。これで後、青空があれば……残念。
 こんな天気でも園内は観光バスでやってきたお客さんが沢山。そうかホテルに空きが無かったのは、桜祭りのせいか?
 寒くなってきたので早々にお参りを済ませてホテルへ。ホントはどこかで温泉に浸かってから、と思ってたけど……湯冷めしそうなので諦めます。なんたって上田に来た目的は観光ではなく、明日の歩きなので……
 目的は歩きだけど、上田に来て馬肉を食べないのは残念すぎるので、夕食はホテル近くの居酒屋で、馬刺しと熱燗をちょっとだけ。明日の支度を済ませて早々にベッドに潜り込みました。

 3時にアラームをセットしておいたけど、2時半には目が覚めた。窓を開けて天気を確認すると、まだ暗くて分かりにくいけど雨は止んでいるみたい。しかし長野地区は午前中に弱い雨の予報なので、ザックに雨カバー、ゴアテックスの帽子。防寒対策は、長袖Tシャツ、薄手のフリースにウィンドブレーカーの重ね着。部屋の中では汗ばむ程の厚着(^^;)
 4時ちょうどにホテルを出発。まだ真っ暗な時刻、曇っているのか星も見えない。今日は長野市に入るまでずっと国道18号線を歩く。道に迷う心配はないけど、街灯が少なく暗いため、ぼーっと生きてる……もとい、ぼーっと歩いていると歩道の段差に躓いたり、フタが外れちゃた側溝に落ちそうになる、集中しないと。
 5時、空が白んで足下の見えないことによる緊張感から開放される。左手側の山の中腹に見える灯りは、先週訪れた別所温泉だろうか? 弱い雨、いや霙か?が降り出す。向かい風が強くなり、足を取られそうになる。再び緊張。
D2019041101 完全に夜は明けたけど陽射しはなし。途中にあった温度計によれば気温4℃。風は風速5m(推定)くらいなので、体感温度は間違えなく氷点下になっているはず。

 異変に気づいたのは、ザックのヒップベルトに付いたポケットからリップクリーム(ずっと向かい風で唇がガビガビだったので……)を出そうとしたとき。手が強張ってうまく動かない(*_*) なんとかファスナーを開けて、手探りでリップクリームを探そうと思っても、触れている物がなんなのか判別できない。手探りが無理ならと、ポケットの中を覗き込むため斜め下を向こうとしたら、今度は全身が強張って思うように動けません。
 経験したことないからわからないけど、低体温症の初期症状? とにかくこのまま歩き続けるのは、危険な気がする。セブンイレブンが見えたので、温かいコーヒーを購入して、店内でしばらく暖を取る。イートインコーナーがあって助かりました。

D2019941102 10分ほど休憩、身体の内外から暖まり、手の強張りも取れたので歩き再開。しばらくすると雲が切れて、陽射しが……体調はすっかり回復しました。太陽の光は偉大です。ポール星人の罠から脱したウルトラセブンの気分です(^^;)
 9時過ぎに千曲川を渡って、長野市に入りました。この辺りは川中島、武田信玄と上杉謙信が戦ったことで有名ですね。謙信が陣を張った妻女山はどこだろう? と“AR山”(Android用アプリです)を使って確認。スマフォのコンパスが狂っていなければ、写真のとおりです(^^)
 「古戦場入口」の交差点で国道18号線とお別れして、長野市街を目指します。犀川を渡って更に1時間弱歩いて、12時過ぎに善光寺の仁王門にたどり着くことができました。今日の歩きは距離の割に消耗した(>o<)

 定額山 善光寺は日本の仏教が様々な宗派に分かれる前から存在していたため無宗派で、山内にある天台宗の大勧進、浄土宗の大本願の二寺によって管理・運営されるという、珍しいお寺です。江戸時代には「一生に一度は善光寺詣り」などといわれていて……55歳にして一生に一度を果たすことができました。
 もちろんお戒壇巡りも初体験。観光の団体さんで行列ができているイメージがありましたが拍子抜け……私の前に老夫妻が一組いるだけ、この寒さのせいですかね~??
 それにしても完全な闇は、不安なものですね。今朝歩いた道路の暗さなんて可愛いものでした(^^;) 壁伝いに歩いて「極楽のお錠前」に触れ、阿弥陀如来との血縁を結ぶことができたので来世は安泰です。因みに前を歩いていた老夫妻は、お錠前を触りながら「どうか長生きできますように」としきりとお願いしていました。やはり来世より、現世の方が大事なようです(^^)
 境内には、お戒壇巡り以外にも、経蔵や史料館など興味深い施設がたくさんありますが、今回は体調が万全でないので、次の機会に譲ることにして、早々に帰路につきました。歩いた距離は長い方ではないですが、なんといっても寒さによるダメージは大きかったようです。

 さて、平成の内に善光寺にたどり着くという目標は、ギリギリでなんとか達成することができました。「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」もこれにて終了……しません(^^;) ここでお終いにすると燃え尽き症候群に陥りそうなので、自宅のある相模大野まで歩いて戻ることにしました。さ~、どんなコースで戻ろうか???

Bandot1

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第7回(佐久平-上田 47km)

 「坂東三十三観音結願御礼歩き旅」の7回目。今回は長野善光寺 対の寺、北向観音(常楽寺)にお参りしました。

※お寺の写真は「坂東三十三観音巡礼歩き旅 その27」 (帰ってきた! 二ッ目日記)にて公開しています。

D2019040501 昨年の9月に佐久平に着いて以来、半年ぶりの歩き旅です。半年のブランクで、すかっかり身体が鈍ってしまい、予定の行程がこなせるのかちょっと心配で、昨夜はあまり良く寝られませんでした。更に心配が増す(-_-;)
 毎度お馴染み相模大野発4時45分の始発電車で東京駅へ向かいます。佐久平までは新幹線利用(6時28分発 はくたか551号)なので、朝食は久しぶりの駅弁。東京駅で買う駅弁は、深川めしを定番にしていたけど……ちょっと前のリニューアルでハゼの甘露煮がなくなり、アサリが減って(その分、油揚げが増えた)なんとなくパワーダウンしてしまったので、今回は「一本炙りあなご弁当」を買ってみました。今度からこっちを定番にしよう(^^)
 お腹がいっぱいになって、ちょっとウトウト(やっぱ寝不足だ)しているうちに佐久平に到着。

 佐久平の駅を7時50分にスタート。数日前までは寒の戻りで、かなり寒かったけど今日は一気に気温が上がるとの予報。何を着ればいいの?と悩んだ末、初夏向き装備(長袖Tシャツにベスト)の上にウィンドブレーカーになりました。
 佐久平の市街地を抜け、国道141号線を目指します。
 歩いていて気づいたけど、この辺りの交差点は「歩車分離式」や「スクランブル式」が多いです。しかも押しボタン式なのでボタンに気づかずに待っていると、いつまで経っても歩行者用信号は青になりません(^^;) 完全に自動車重視の道路環境。かと思いきや、押しボタンなんて押さずにどんどん渡って行く地元のお年寄りが、結構いらっしゃる。それでも自動車はちゃんと待ってくれる……ってことはお年寄り重視の道路環境? な訳ない(^^;)

D2019040502 10時近くなると予報通り気温が上がり、風も冷たくなくなってきました、もうウィンドブレーカーは不要です、っていうかかなり暑い。今日は暑さとの戦いになりそうだ、と思ったら……まだ予定の4分の1しか進んでないのに、膝が痛みだした。今日は暑さと脚の痛みとの戦いになりそうだ。やっぱり半年のブランクが(^^;;;;)
 上田市に入ったところで国道141号線とお別れして、松本方面へ向かう国道152号線へ。
 通過しただけだけど、しなの鉄道の大屋駅はなんかイイ感じ。これで桜(だよね?)が咲いてたら最高なんだけど、この辺りの桜はまだ開花前です、残念。
 国道152号線とはすぐにお別れして、別所温泉に向かう県道へ。アップダウンが多くなり、おまけに向かい風が強くなって、ホントしんどい(*_*)

 別所温泉周辺には古い寺院が多く「信州の鎌倉」と呼ばれているそうで、歩いている道にも度々案内看板が現れます。でも毎度のことながら、寄り道している隙がないのです。
 別所温泉駅から温泉街を奥へと入っていくと、目指す北向観音があります。観音堂が善光寺に向かって北向きに建てられていることから「北向観音」と呼ばれています。境内にある観音堂や愛染明王堂、不動堂などは天台宗の寺院 常楽寺が所有・管理していますが、常楽寺の本坊は1キロくらい離れた場所にあります。今回は時間の関係で北向観音だけにお参りすることにしました。いつの日か別所温泉に滞在して、常楽寺だけでなく周辺の寺院にもお参りしたいものです、いつになることやら……

 お参りの前に手水舎で手を洗って、と思ったら……なんと水が温かい。別所温泉の源泉が引かれているそうです。口に含むと硫黄の味がしました。
 境内にはカツラの巨木が植えられており「愛染カツラ」と呼ばれています。
 ところで「愛染」は「あいぜん」と読みますが、境内にいた年配の男性が、奥さんに「これが愛染(あいぞめ)堂だよ」と説明しておりまして……もしかしてこのオジさん、アレ(自粛)のファンだったのかも、奥さん知ってるのかな?(^^;)
 無事に御朱印を頂いて、北向観音を後に。またまた時間の関係で、別所温泉は匂いを嗅いだだけで素通りです。

D2019040503 夕暮れが近づく道を更に2時間ほど歩いて、千曲川を渡り……渡りながら川面を見て、なんとなく違和感。関東地方では、川は(かなり大雑把ですが)北から南に流れてるので、北向きに流れる川を見ると不思議な感じがします。日本海側にいるので当たり前なんだけど……そもそも千曲川は野辺山を越えて以来何度も目にしているんだけど、前回は大雨の中を歩いていたため、流れの方向まで意識する余裕がなかったのです(^^;)
 それはともかく、川面に映る夕日がとても綺麗でした。
 上田駅から新幹線に乗り、帰路に。帰宅してからニュースで知ったのですが、北陸新幹線はこの日の夜、2度の線路内立ち入りで、ダイヤが大幅に乱れたとか……ちょっと温泉に浸かってから帰るか、とか思っていたら、帰れなくなるところだった、危ない危ない(^^;)

Bandot2

| | コメント (0)

«今日のキーワード……“令和”