« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月 1日 (金)

うちの銀行、PayPay使えなかった(修正:いつの間にか使えるようになってた)

※今日(2019年4月18日)、何気なく確認したら横浜銀行もPayPay対応してました。さっそく入金口座に設定。これで本格的にPayPayを使えるようになりました(^^)

 再びPayPayのお話です。

 PayPayの決済方法はPayPay自身へチャージするPayPay残高、Yahoo!マネー、登録クレジットカードから直接の3種類あり、それぞれ独立でしか使えません。例えばPayPay残高の300円を使い切って、足りない分は(PayPayの)クレジットカード決済で、という払い方はできません。
 にも関わらずキャッシュバック(キャンペーンじゃなくても0.5%戻ってきます)はPayPay残高に戻ってきます。例えばクレジットカード決済で1万円の買い物をすると翌月に0.5%分、50円がPayPay残高に戻ってきます。でも併用払いはできないので、この時点では50円以内のものしかPayPay残高では購入できません。
 あっ、お店によってはPayPay残高を使い切って足りない分は、現金や普通のクレジットカードで払えるところもあるようですが……スマフォにPayPayアプリを入れれば、現金やクレジットカードを持ち歩かなくてもイイという利点に逆行します。
 どうもPayPayはPayPay残高にチャージして使うことを推奨している感じ。100億円キャンペーン第2弾ではPayPay残高払いだけキャシュバックの料率が高いことからも、そのことがうかがえます。

 と、ここまでが前置き……なげ~よ > 自分。
 私がPayPayを使い始めたとき、クレジットカード決済をメインにしようと思ってました。クレジットカードを持ち歩かずに済むのは便利かなと。
 おい、おまえ前回、「クレジットカードも持ち歩いてる」って書いてたぞ、って……そのとおり。でも持ち歩いてるクレジットカードは、ポイントカードやSUICAと一緒になってて持ち歩かざるを得ないのですが、それらのクレジットカードとメインで使いたいクレジットカードは別のものなのです。
 メインのクレジットカードは光熱費や携帯電話料金の支払いに使っていて、万一紛失すると切り替え手続きが面倒なので持ち歩きたくないのです。
 持ち歩きたくないけど、なるべく使いたい。この相反する要求を満たしてくれるのが、PayPayのクレジットカード決済なんですよ、川崎さん。

 ところが前置きで書いたように、PayPay残高に戻ってきたキャッシュバックやボーナスを有効活用するには、残高へのチャージができるようにしておく要があると、気づいたわけです、横浜さん。
 PayPay残高へは、Yahoo!カードか銀行口座からチャージできますが、そのためにYahoo!カードを作るのはイヤ。ならば銀行口座から……と思ったら、私が使ってる楽天銀行と横浜銀行はPayPay残高へのチャージに対応していない(ToT)
 楽天銀行が対応してないのは、なんとなく分かる。じゃあ横浜銀行はなんでだろう????
 実は国内最大手銀行の三菱UFJ銀行もPayPay非対応。こちらは大手故に非対応の理由も話題にのぼっていて……米国にグループ会社があり、PayPayへのチャージが米国におけるマネーロンダリング防止の基準を満たしていないから、らしい?
 横浜銀行は非対応であることすら話題になってませんね(^◇^;)

 理由はともかく、残高にチャージするためには新たに口座を作らば、と考えていて、思い出した。かなり前に、みずほ銀行の口座を作ったはず。で、通帳保管ケースを確認したらあった、ありました。最近ぜんぜん使ってないので忘れてました。 インターネットバンキングにアクセスするための手順メモも残ってたので、アクセスしてみると……残高1000円強。さっそくPayPayアプリからチャージ用口座の追加と、1000円のチャージ。
 これでPayPayを有効活用する準備が完了しました。使いまくるぞ~、と言いたいところですが「「ペイ」と言えば?」で書いたように、使えるところがあまりないのです。行きつけの居酒屋さんがまだ現金のみなので、PayPay導入してくれないかな~(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »