« PASMOが壊れた | トップページ | ポイント還元でお手上げ(*_*;) »

2019年9月15日 (日)

坂東三十三観音結願御礼歩き旅 第12回(磯部-上州富岡 10km)

 坂東三十三観音結願御礼歩き旅の第12回。今回はちょうど近くを通るので、富岡製糸場見学の観光モードで、歩く距離も10km程度と短めです。
 観光モードなので、朝ゆっくりでも良いのですが、いつもの4時45分相模大野発新宿行きで出発です。前回はまだ明るかったけど、今日は真っ暗。月日の経つのは速いです。
 東京駅からは、こちらもいつもお世話になってる北陸新幹線、はくたか551号。いつもは平日利用だけど今日は日曜日、さすがにサラリーマンはほとんどいません。朝食を食べ、一眠り……したいところですが、高崎までしか乗らないので、寝てる暇はありません。
 高崎で信越本線 横川行きに乗り換え。望遠レンズと脚立を持った人がチラホラ、アイドルイベントでもあるんだろうか? と、思ったら……後から分かったことですが、9月は毎日曜日に蒸気機関車「SLぐんま よこかわ」が、横川-高崎間を走るそうです。

D2019091501 7時55分、磯部駅をスタート。大きな工場の間を抜けて田園風景の中、もみじ平へ向かう道を登っていきます。天気は晴れ……爽やかな秋晴れ、というよりはジリジリ、蒸し蒸しの夏空。今日は距離が短いし、メインは富岡製糸場見学なので、秋向きの普段着。あっという間に汗が噴き出してきて、ちょっと後悔、いやかなり後悔しました。
 もみじ平には運動公園や博物館、美術館などが集中しています。予定はしてなかったけど、ちっと寄り道して上信電鉄を電化するため、大正13年にドイツから輸入した、デキ型電気機関車をパチリ。

D2019091502 道は富岡へ向かう下り坂に変わります。高田川を渡って、富岡の市街へ……せせらぎの音だけでも多少は涼しい気分になりました。

 9時53分、 西富岡駅に到着。ちょっと鄙びたいい雰囲気の駅です。
 ここで友人と合流して富岡製糸場へ向かいます。三連休なので混んでいるだろうと覚悟していましたが、待ち行列もなくすんなり入場できました。

D2019091503 タイミング良くガイドツアー(200円、約40分)が始まるところだったので参加することにしました。数十名の参加者(今日は人数多めだそうです)と一緒に場内を巡りながら、製糸場の成り立ち、生糸と絹はどう違う、当時の労働環境、それぞれの建物や機械類の特徴などについての説明を受けました。

D2019091504 終了後、ガイドツアーでは時間の関係で説明だけで素通りしてしまった、工女さんたちの社宅(長屋)とブリュナエンジンの展示を見に行きました。
 ブリュナエンジンは、創業時から50年間使われていた巨大な蒸気機関。展示されているのは富岡製糸場が世界遺産になった後に製作された復元機で、実際に蒸気を送り込んで動かすことができます。
 現物の方は、まさかココが世界遺産になるとは思っていなかったため、明治村に寄贈してしまったそうです。
 最後に置繭所の中に作られた、絹工芸品のお店を見て……高価で手が出せませんでした(^^;)、富岡製糸場の見学は終了。

 製糸場の入口近くに、おぎのやさんを見つけたので、昼食。前回、釜めしを食べたら重すぎたので、今回は「釜めしおやき」を注文しました。釜めしの具を刻んで“あん”にした、おやきです。釜めしの香りと味がしっかりついていて美味しかったです。
 富岡の町をブラブラ散歩しつつ、上州富岡駅へ、今日はここがゴールです。


|

« PASMOが壊れた | トップページ | ポイント還元でお手上げ(*_*;) »

坂東三十三観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PASMOが壊れた | トップページ | ポイント還元でお手上げ(*_*;) »